明けましておめでとうございます

b0101106_1251042.jpg明けましておめでとうございます。新たな年が明けました。皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は昨年末から瞑想とヨガのワークショップに参加し、ほとんどの時間を「サイレント(沈黙)」の中で過ごしていました。
ヴィパッサナー瞑想でもそうですが、外の世界との接触をなるべく断っていくと、必然と自分の内側に意識が向かって行くのが分かります。また、普段いかに外の世界(人、物、事柄)で起こっていることばかりに目を向け、自分の内側で起こっている身体の感覚、心(感情)の動き、思考に気づくことなく、外の世界に反応し振り回され続けているかということがわかります。
その反応の中で、必要以上に喜んだり、苦しんだり、もがいたりしながらどんどんと凝り固まった身体、心、思考を作り上げ、気づいた時には身動きが取れない状態になっていることがあります。

その積み重なった「固さ」のようなものを少しずつ取り除いて行くと自分の身体や心、思考にスペースが生まれ、私という存在がリラックスしてありのまま生き、そこに生まれたスペースの中に新たな可能性がやってくるようなそんな感じがします。

今回のワークショップではそんな「固さ」を開いたり閉じたりしながら少しずつ手放し、終わる頃には力を抜きながらもどっしりと大地に足をつけ、思考が静かで、たくさんのことを感じることが出来る私がいることに気づきました。
リラックスしてただそこに立つということ、ただ自分の足下にある大地を信頼し私そのままの状態であるということ、そこから全ては始まるのだということを何度も何度も体感しました。

たくさんの深い体験をした後なので、まだ消化している途中で言葉には表し尽くせませんが、本当に素晴らしいワークショップでした。このプロセスを優しく見守り続けてくれたポールを始め、他の先生方、そして友人たちに感謝です☆

皆様にとってもご自身がありのままの自分で輝いていかれる年となりますように…☆
by bodyuniversal | 2013-01-05 13:15
<< 新たなヨガとの出会い 生まれる >>