ペリー&デボラからのメッセージ

b0101106_2344544.jpgエサレン研究所のペリーとデボラから日本の皆さんへということでメールをいただきましたので、ご紹介します。

~*~

日本のすべての友人、同僚、生徒さんへ

デボラ・メドウと僕、ペリー・ホロマンは最近日本で起こった出来事にどれほど深く影響を受けているかを知っていただけたらと思います。

あなた方の誰もが愛する人や家、そして友人たちを失われていないことを心から祈るとともに、日本という国全体がそれらを失った喪失を感じていることを理解しています。

僕、ペリーは5月に日本を訪れることを楽しみにしています。
そして、僕が日本で行うワークがたとえ小さな意味でも何かの役に立つことを願っています。
光栄にもこの春に一緒に学んでくださる皆さんへ、僕たちがワークショップの中で生み出す
エネルギーを復興と癒しの今この時期に、もっとも必要としている人たちのもとへ届くようにと意図しましょう。

皆さんへたくさんの祝福を

ペリー&デボラ


To all of our Japanese Friends, Colleagues, and Students,
Deborah Medow and I wanted to let you know how deeply we are affected by recent events in Japan.
We pray that none of you have lost loved ones, homes, or friends, and understand that the entire country
feels the loss of those that have. I (Perry) am looking forward to visiting in May, and hope that the work
that I do can in some small way be helpful.
For those of you with whom I will have the privilege to work this Spring, let’s hold the intention together
to send the energy we generate out to those who most need it in this time of rebuilding and healing.
Blessings to Everyone!
Perry and Deborah
# by bodyuniversal | 2011-03-29 23:11 | エサレン | Comments(0)

Touch for Peace 再び!

b0101106_1364437.jpg震災後、私の中でいろいろな思いが溢れてきます。時には停滞し、時には流れ、身体もいつもとは違うのを感じています。
先日、何人かの東京方面のクライアントさんと電話でお話しする機会がありました。最近はメールでのやりとりが主流になっていますが、やはり声を聞くというのはいいですね。お互いに顔が見えなくても感じあえるものがあります。皆さんそれぞれの立場でいろいろな思いを抱えていらっしゃるようでしたが、話しているうちにちょっと楽になられたり、私もたくさんの元気をいただいたりして、話すこと、聞くことのよさを再確認しました。やはり人にとって人はなくてはならないものですね。

さて、今日はお知らせのブログです。
2008年にエサレン研究所に対して行った寄付活動の『Touch for peace』を今度は東北地方太平洋沖地震で被災された方へ向けて行うこととなりました。
今多くの皆さんが自分にできることは何か?と問いながら、それぞれの活動をされています。私達も小さくてもいいから何か自分たちにできることをと思い行うことにしました。

~*~

『Touch for peace』サイトより

身体に戻ろう!

この震災によって私たち誰もが今までにない不安に襲われていることと思います。 それに伴う悲しみや怒り、痛み、苦しみ。普段とは違う不便な生活の中で身体もいろいろなことを感じていることと思います。中には責任のある仕事のために、誰でもが不安なこの状況の中で弱音を吐けないこともあるかもしれません。

そんなとき、あなたに寄り添い『触れられる』という体験はゆっくりと身体を緩め、呼吸を深め、リラックスさせていくことでしょう。

そしてあなたが自分の身体を感じ、意識をここへと戻すことで、地に足がつき、呼吸が深くなっていることを実感されることと思います。そうすることで、必要以上の心配や不安に振り回されることなく、少し落ち着いて、穏やかな気持ちで目の前にあることを見ていくことができるようになるでしょう。

今私たち一人ひとりが与えられたいのちを、丁寧に、大切に生きていくことが大事だと思います。小さいことでも自分にできることをしていくこと。そんな一人ひとりの波紋が広がって、多くの人と繋がり、大きな輪を作り、日本の未来を変えていくことと信じています。

~*~


ボディワーカーやセラピストの方、身体に触れるお仕事をされている方で、ご協力してくださる方はぜひご連絡ください。(hello@bodyuniversal.com まで)


『Touch for peace』のサイト
# by bodyuniversal | 2011-03-27 12:59 | Comments(0)

親愛なる皆様

b0101106_13245595.jpgこの度の震災で多くの尊い命が失われたこと、先の見えない不安な毎日を送っていらっしゃる被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

目の前に映し出される惨事に一時感覚が麻痺してしまうほどでした。感覚が戻ってきた今、皆様の苦しみ、悲しみ、不安、痛みを思うたびに胸が痛み、涙が流れます。

私達の想像を遥かに超えた極限状態の中、今この瞬間も救助活動を行っている方々、それぞれの役割に徹し尽力をつくされている方々には頭の下がる思いです。

そしてまた、日本中、世界中の人々が被災地の方々の無事を祈り、助け合い、時間がかかろうともこの困難をともに歩み、乗り越えていこうとされていることに胸が熱くなります。そして同時に私達が今ここに生きている意味、そして私達がこれからどのように生きていくのかということを問いただされているように感じます。

私達は今大きな岐路に立たされているのだと思います。私達のひとつひとつの選択がこれからの未来を大きく変えていくのだと思います。

たくさんの方々が同じ意識を持って日本を復興させていこうと働きかけをされていることに一筋の希望を見出します。私自身も微力ながら、私自身のできることは何かを考え、目の前にあることひとつひとつを大切に、一歩一歩進んでいきます。まずはセッションの一部を義援金として送らせていただこうと思っています。


*今週予定していました東京でのセッションですが、皆様の安全性を考慮に入れ、お客様ともご相談した後、すべてキャンセルとさせていただきました。関西におりますのでセッションが必要な方、一部を義援金として寄付することにご協力いただける方どうぞお越しくださいませ。
# by bodyuniversal | 2011-03-17 13:13 | Comments(0)

ドイツ滞在の密かな楽しみ

b0101106_018822.jpg今回のドイツの滞在ではほとんど外に出るということはなかった。昨年も似たような時期に滞在していたのだけれど、そしてその時のほうがもっと雪も積もっていて寒かったのだけれど、休み時間にはよく散歩に出かけた。
今回はどうして出かけなかったのだろう?
ワークショップが1週間と短かったのと、テーマが深い内容だったので、こころにぐぐっと働きかけたため身体を休める必要があったのと、時差ぼけやら、与えられた課題の準備など・・・理由は作り出すとたくさん出てくるけれど、ただ単に出かけたくなかったのだろう。
唯一出かけたのが、私達の中で「ニッティングウーマン」と読んでいるニコーラさんのところだ。彼女はとても素敵な靴下やリストウォーマーやその他たくさんの小物を作っている。色使いやパターンが独特でかわいくって思わずいろいろと買ってしまいたくなる。
このニコーラさんの靴下はドイツのエサレンの資格認定のクラスやその他上級クラスでも大人気だそうで、先生方もいろいろなパターンのカラフルな靴下を履いている。
私達のクラスメイトである、いつもとてもお洒落なEVAがニーブルの街のショウウィンドウで見つけたのが始まりだそうだ。それを聞いて、さすがEVAだと妙に納得してしまった。
ニコーラさんはご主人を亡くされた後、お嬢さんたちを育てていくために編み物を始めたと聞いた。今では私たちの間で大人気のお店になっている。今回私は昨年の夏にバッグを注文していたので、それを取りに行った。このバック、ニコーラさんが自分用に作って持っていたもので、夏に訪れたときに見つけ、あまりのかわいさに即注文してしまった(笑)。
出来上がったものをみて、さらに感動。実は色違いのものも置いてあって、そちらは茶系でとてもシックで格好良かったので悩んだのだけれど、元気の出るカラフルなこちらの方を選んだ。
b0101106_0544534.jpg一緒に行った友人たちもお土産に買ったり、新たにオーダーをしたりしていた。ニコーラさんのいいところは、好きなパターンと色、サイズを選んでオーダーもできるところ。残念なのはウェブサイトがないので、ドイツはもとより、日本からの注文はできないことだろうか。まあそこがハンドメイドのいいところなのでしょうか・・・。
今度エサレンの先生方が日本に来たとき少し足元をチェックしてみてください。もしかしたら、ニコーラさんの靴下を履いていらっしゃる先生がいるかもしれません(笑)。
# by bodyuniversal | 2011-03-08 00:00 | Comments(2)

エサレンボディワークのご感想

b0101106_20511192.jpg
先日東京にてエサレンボディワークのセッションを受けてくださったT さんからご感想をいただきましたので、載せさせていただきます。(Tさんありがとうございます~☆)

~*~
先日は素敵なセッションありがとうございました。
エサレンは今まで受けた事のない、深い深いマッサージで、心身ともに軽やかな気持ちで帰路に着きました。

サロンを出てまず驚くほど足取りが軽くなり、固くなっていた心がすぅ~と、またふぁ~っとやさしい気持ちに包まれました。

まだまだ悩み、色々な思いが交錯していますが、自分のゆく先は見えてきたように思います。

女神のカードのメッセージも大切に受け取っています。

美香さんに出会えたこと、とても嬉しく思います。

心と身体をつなげていきたいと思います。

それではまたお会いできる事を楽しみにしています。

~*~

時期的なものからか、先日のドイツの研修で生徒役を何度も繰り返し行ったからか、最近私がエサレンに出会ったころのことをよく思い出します。
初めて受けたエサレン。初めて行ったエサレンのワークショップ。そこで受けたセッション。そしてどんな場所かも知らずに行ったエサレン研究所。この過程の中で出会ったプラクティショナーの人たち、たくさんの友人、先生方、そしてスタッフの面々・・・たくさんの人との出会いがあって、たくさんの学びがあって、今ここにいるのだなあと思います。
数々の出会いに感謝致します。皆さん、本当にありがとうございます☆

久しぶりにエサレンに行きたくなってきました・・・(懐)
# by bodyuniversal | 2011-03-05 21:15 | エサレン | Comments(0)

ペリーの2011年ワークショップ!!

b0101106_23401289.jpg今年もペリーが5月に来日し、ワークショップを行ってくれる。今年は恒例の5日間のディープボディワークに加え、ムーブメントの2DAYSクラスやエサレンマッサージ入門クラスもあり盛りだくさんだ。
今年でペリーが日本に来て5年目。回を重ねるたびに自分の中でも深い体験を繰り返し、またペリーの素晴らしさに気付く。そして、先生というのは私達にいかにたくさんのことを伝えてくださっているのかということにふと気づき、胸が熱くなる。いつも思うことだけれど、28日間のエサレンの認定コースを終えたときというのはまだまだ何もわかっていなかった。わかっていたのは、1ヶ月の中で今までの人生にはなかった何かを体験したということ。ペリーとのクラスは本当に楽しかったということ(笑)だけだった。
それが何であるのかというところまでは、わかっていなかった。でも私の深いところではエサレンやペリーの中に何か私が求めているものがあるということだけは気づいていたのだと思う。本能的なところで、そして身体で何かを感じていたのだと思う。
このごろそれが少しずつわかってきた。私がどうしてエサレンに惹かれたのかということ。何を先生方から学んでいるのかということ。一歩、一歩だけれど経験を重ねるごとにわかってきた。それがわかってくると、私の周りにも同じような目的を持った人たちが集まっていることに気づく。その人たちとの出会いが、また新たな流れを生み出し、気づきを深めてくれる。
今年はどのようなワークショップになるのだろうか。きっと私達ひとりひとり学んでいくことというのは違うのだろう。けれど、ひとりでも多くの人がエサレンのエッセンスに触れ、身体を通してたくさんのことを学んでいくことができるように、私達も微力ながらサポートさせていただきたいと思っています。

*ペリーのワークショップはBODY UNIVERSALのサイトからご覧ください。
# by bodyuniversal | 2011-03-02 23:50 | エサレン | Comments(0)

ドイツトレーニング最終日

b0101106_1450447.jpgドイツに来てから早1週間。瞬く間に時間が過ぎてしまって、気付くと最終日。
今回で4回目のブロックですが、毎回いろいろなテーマを学んでいき興味が尽きません。特に今回のブロックのテーマは前から楽しみにしていたテーマだったので、毎日がとても充実しています。今日でクラスが終わりだと思うと残念ですが、たくさん学んだことを消化し、日本に持って帰りたいと思います。
# by bodyuniversal | 2011-02-21 15:04 | エサレン | Comments(0)

立春

b0101106_22515070.jpg今日は立春ですね。昨日は旧暦の1月1日で新月、いよいよ新しい年の始まりですね。皆さんはどんな始まりを感じていらっしゃるのでしょうか。
ここ1週間くらい前から、風の中に微かに春の気配を感じ、身体が開いてくるのを感じていました。まだまだ芽吹くには早いのかもしれませんが、その準備が少しずつ始まり、整っているのを感じます。
子供のころは春がとても苦手でした。もしかすると、自分が開いていくこと、変化していくこと、何か新しいことが始まる予感、そんなことに恐怖を感じていたのかもしれません。
何が起こるか分からないというのは、私たちに恐れを抱かせます。たとえ恐れを感じていても、ただそれを認識しながら静かに見ていると、その恐怖は消えて行きます。そして時に新しい可能性が流れ込んでくるのを目にしたりもします。
しかし、この恐れというのは悪いものではなく、何かの『印(お知らせ)』なのではないかと思ったりすることもあります。というのも、恐れを抱く時、その裏側にはドキドキするような、何が起こるか分からなくてワクワクするようなそんな気持ちも含まれていることがあるからです。そして、そこから何かが始まることがあります。まるで私達の深い部分はその変化を知っていたかのように。

今年はどんな波がやって来て、どこへ流れていくのでしょうか?
どんな波がやってきたとしても、それを十分に体験し、波に乗って大海原にでていきたいなと思います。この写真のLEAFのように木から落ち、川に流れ、大海原を旅し、岸に流れ着いて、大地に還っていくように・・・
私も大地に還るまでは、たくさんの経験をひとつひとつ大切に味わっていきます☆
# by bodyuniversal | 2011-02-04 23:23 | Comments(0)

おはようございます

b0101106_647136.jpg長い沈黙の日々から明け、やっと戻ってまいりました。今年はいろいろと行事が多く、こころも身体もまずはクリアにしてから臨みたかったので、またヴィパッサナーに行っておりました。
今回は雪、雪、雪の連続で、毎日雪が降り積もったり、溶けたり、凍ったりの繰り返しを窓から眺めていました。ある意味、私達の毎日もそんなことなのかもしれません・・・。

その間、いろいろと皆様にはご迷惑をおかけいたしましたが、本日から始動いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本日は、伊豆から野見山さんが来てくださいます。たくさんの皆様がキャンセル待ちしていただいていました。今回受けれなかった方も、今後も予定していますので、しばらくお待ちくださいね。今日はどのようなワークになるのか今から楽しみです!
# by bodyuniversal | 2011-01-17 06:54 | Comments(0)

再び天河弁才天へ

b0101106_2352135.jpg玉置神社を後にした私達は十津川温泉に立ち寄り、その後洞川温泉に行きました。この日は今年2回目の雪の日で、標高の高い洞川温泉は翌日雪が一面に降り積もっていました。洞川から天川へ降りていくと、積雪は薄くなり、スタッドレスタイヤなしの車でも走れそうな感じに変わっていました。洞川のあたりは、寒さのためにお米を育てることができないそうです。この寒さが人を遠ざけ、聖域として守られ、修行の場となっていったのでしょうか。お宿の方に聞く話によると、現在世間を賑わしている歌舞伎俳優の方もこの大峰山にて修行を数回なさったとか・・・
天川も雪のためか、先日とは打って変わり、すっかりと冬景色になっていました。空気もしんと冷えていて、澄んだ感じが広がっています。マイケルの『LEAF』の本の出版のご報告に行き、その後六角岩まで歩いていきました。この日の六角岩周辺の水の色は、コバルトグリーンでした。b0101106_0104947.jpgその色の美しいこと・・・。こころがそのまま映されそうな色です。
自然は一瞬一瞬移ろいながら、様々な顔を見せてくれます。そしてその移ろうさまの美しさを私達に教えてくれます。抵抗せずにその自然の流れに身を任せること。ただその流れに乗っていくこと。変わっていくこと・・・。
# by bodyuniversal | 2010-12-29 23:58 | Comments(0)