<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

身体の変化!!

走り始めてから2ヶ月が経ちました!
2ヶ月も続けられたことに自分でも驚いています。物事は21日続けられると習慣になると言いますが、どうでしょうか。

b0101106_21073498.jpg
さて、この2ヶ月の間色々な身体の変化がありました。
一番初めに変化が現れたのは大臀筋、おしりの筋肉でした。走り始めて1週間くらいした時にふと形がいつもと違うことに気づきました。いつものフラットな形から少し立体的になってきているのです!!(自分で言うのは恥ずかしいですが…)
フラットなのは日本人だから仕方がないと思っていたのですが、完璧な思い違いでした(汗)。ただその筋肉を使ったことがなかっただけだったのですね。

その後、外を走り出すとアスファルトの上なので、今まで激しく使ったことのなかった脚の筋肉には厳しかったようで、腸脛靭帯が張ったり、走り終わると脚全体(特にふくらはぎから足首にかけて)がパンパンになることもありました。
立っているときの体重を1とすると、歩くときは2倍、走るときは4倍の力が足にかかるのですね。そして着地面は硬いアスファルト、それは脚、足もびっくりしますよね。

パンパンに脚がふくれあがることがなくなった後は、内くるぶしを腫らしました。
針灸師の先生に診てもらい「3日間は運動、ストレッチの類いは何もせず安静にしていてください」と言われたのですが、ちょうど楽しくなってきた頃だったので、走れないことの辛さを感じたこともありました。(安静を2日で切り上げてしまった私でしたが、笑)

こうやって書くと、こんなに痛い思いをして(実際には痛みはそんなにないのですが)、走る意味があるのかと言われそうですが、走っているお客様や生徒さんにお話を聞くと、皆さんやはり走り始めはそんなこともあるようです。
私の場合は、走るための筋肉がなかったので、始めのこの通過儀礼は避けては通れなかったのだと思います。でもこの小さな不具合によって、それぞれの筋肉を身体の中から感じることができたし、自分の身体の使い方や癖を知る第一歩になりました。

その後1ヶ月を過ぎた辺りから、体幹がしっかりしてきたのを感じました。お腹の周りが力を入れなくても真っ直ぐと立つ感じでしょうか。脚も少し上がるようになってきました。脚全体も少し引き締まってきたように思います。

女性の方は気になるかもしれませんが、体脂肪率も体重も落ちてきました053.gif
体脂肪率が落ちるのはとても早かったです。体重はゆっくり少しずつ落ちてきています。
脂肪は身体の中で筋肉の4倍の場所をとるのだそうです。ですので、脂肪を減らしていくと必然的に身体は引き締まって見えるようになるのですね。

こんな短い間でも身体はどんどんと変化をしていきました。体力も変化していて、目に見えるこの変化がうれしくなります。この変化をみていると、そんなに大変なことではないのにどうして今まで取り組まなかったのだろうと思います。
始めの一歩というのは大きいのですね。

これからの変化もますます楽しみです。




by bodyuniversal | 2014-08-21 22:22 | Comments(0)