<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

朝日を浴びながら

b0101106_14153286.jpgマヤ暦が終わりを告げた次の日、日の出を見に行った。5時に起きて、暗闇をオレンジの2台の車が列を成して走る。ライトを消すと周りがほとんど見えないくらいだ。
断崖絶壁のごつごつした岩の上で私達はそれぞれの場所を決め、日の出を待つ。暗闇の持つある種の静けさが、私をも静かにさせる。この世とあの世の境界線がとても曖昧な時間。

曇り空でなかなかその姿を見せてくれなかった太陽が、そろそろその姿を現すかのように、空がオレンジ色に染まってきた。

太陽が地上に現れる前の、あの何ともいえない高揚感に襲われると意味もなく涙が流れそうになる。そういった躍動を自分の中に感じるとき、私の中の野生のいきものとしてのいのちが動き出すような気がする。あのワクワク感は一体どういうものなんだろう・・・。同じようなことを感じて、朝になると生き物たちがそれぞれの歌を歌い出すのだろうか・・・。(KALANIの周りは夜になるとピコピコという蛙の大合唱、朝は鳥たちの鳴き声で夜が明ける)

夜明けというのは私達に再び生きるチャンスを与えてくれる、そんな感じなのだろうか。


b0101106_14261278.jpg太陽に照らされて、ただただその温かさを体いっぱいに感じるとき、こころもその温かさで満たされ、幸せに包まれる。見渡すと、周りの皆も美しい太陽の光に包まれていた。

日の出を待っているときに、腰を下ろした岩に激しいほどの荒々しい波がぶつかり、地面が何度か揺れる。その計り知れないパワーに驚き、畏れ、昔の人がその中に神々しいものを見出したのが、私にもわかる。私達の周りにある太陽や海、そして風、大地、それぞれの偉大な力を感じつつ、私たち人間の中にもそのような可能性が眠っているような・・・そんな感じがした。

その後、州立公園の中をただ黙って歩き回る。ある溶岩の岩の上で寝そべってみたくなり、大の字になって寝てみる。ごつごつして硬い岩のはずなのに、なぜか体は優しく包まれている。
こうやって自然の中に寝転ぶたびに、自分の背中が母なる地球に支えられていることを思い出す。芝生や砂浜、岩の上、ただ寝転ぶだけなのに背中に感じるその感覚は、どれだけ心地のいいベッドでも味わえない感覚だ。身を委ねることの気持ちよさ。そして大きな安心感。
迷ったらいつもここから始めたらいいのだ・・・何度倒れてもまたここ、この地に眠り、身を委ね、立ち上がったらいいのだ・・・そんな感じがした。
by bodyuniversal | 2011-11-26 16:01 | Hawaii | Comments(0)

Goddess Night☆ in Big Island

b0101106_18154820.jpgハワイ島でのワークショップ『Reconnecting with your Inner Goddess~ 内なる女神と繋がる旅』、このタイトルが決まったとき、そしてハワイ島へ出発する前もこのワークショップで『Goddess Night☆』をするかどうかを決めていなかった。

ワークショップの計画を立てる際に、旅のタイトルも女神であることから、『Goddess Night☆』をスケジュールの中に入れても面白いかなと思いつつも、その当時はM(男性)が私とともに参加予定であったし、4泊5日のタイトなスケジュールの中にどうやって瞑想やムーブメント、マッサージの他にこのワークを一緒に入れたものかと思ったり、またクラスの中の雰囲気や流れを見たいと思っていて保留にしていた。

初日のクラスが終わり、次の日からのクラスの予定をもう一度詳しく見直したり、調整したりしているときに、ちょうど2日目の夜に時間を作れることに気づいた。時はマヤ暦の終わり、と言われた10月28日、ぴったりの夜だ。うん、やろう!と思った瞬間、いろいろとアイデアが湧いてきて、頭の中はかなりハイパーな状態。私自身もワクワクしてきて目が覚めてしまい、その日はほとんど眠れなかった。

『Goddess Night☆』は私の中では特別なワーク。ブラジル人のヒーラー、かつベリーダンサーであるアパレシーダから学んだもの。彼女が日本に来てからずっとアシスタントをさせてもらい、踊りというものを超えたところの体験を数々とさせてもらった。彼女からの教えを引き継ぎ、少し私のスパイスを足したものに最近はなってきているように思う。そんなワークをたくさんの女神たちとともに、ここハワイ島のKALANIでできるとは本当に幸せだ。

その夜、いつものラフなマッサージの格好から一転、少し女性らしい装いで集まる。瞑想から始め、ワークに入っていく。今夜のテーマは「マヤ暦の終わりにあたり、必要のないものを手放す」。私も皆と同じようにワークする。ペアを組んだコーディネーターのMさんがしっかりとそこに存在してくれていたので、私も自分の深い部分へと入っていくことができた。私の手放したいものは、「自分自身への偽り、自分に対する不信感、そして必要のない恐れ」だった。
そして新しい時代にあなたbをサポートしてくれる女神を目の前に並べてあるカードから探していく・・・。この女神との出会いはいつもパワフルで、ドキドキする瞬間だ。
女神からのメッセージを聞いて涙する人や、喜ぶ人、まだぴんと来ない人、反応はそれぞれだ。でもメッセージを聞き、それについてのシェアをし、自分の女神を呼び込むとそれぞれの顔が変化をするからおもしろい。儀式をしたメンバーとまだ行っていないメンバーの雰囲気が明らかに異なっている。ただ名前を呼び、宣言するだけなのだが、その顔には神聖さが宿り、美しく輝いている。

私の女神は『Ixchel イクシェル』でメッセージは「メディスンウーマン」。私達は大自然やスピリットの恩恵や智恵の一部であり、すべてであるということ。その源と繋がり、避雷針として受け、それを伝えていくこと。『Ixchel』は私がハワイ島から教えてもらったこと、それを他の人にも伝えたいという思いをそのまま後押ししてくれているようだった。

このときは気づかなかったのだが、イクシェルはマヤの月の女神という解説を後日読んでびっくり!まさにこの時期にこのワークを行ったのは、私個人の計画などどいうレベルを超えた、大きな流れの中のはかりごとだったのかもしれない・・・。

そしてそれぞれの女神と繋がりながら、私達は新たな宴を始めた・・・。
by bodyuniversal | 2011-11-23 11:11 | Hawaii | Comments(0)

開かれる時

b0101106_19353839.jpg今日は2011年11月11日と数字の『1』が6つも並ぶ日でしたね。1という数字が2つ並ぶと柱のように見えることから、11月11日はゲート(扉)が開く日とよく言われます。
今日はその柱が3つ、そして11時11分(amとpm)には5つ開くことになります。そして月も満月。まるで以前から決められていたように揃ったこの並びに何かを感じずにはいられません。物事は私達を遥かに超えたところで、すでに決められているのだろうなと思わされる今日この頃です。

今回のハワイでのワークショップもすべてにおいて、大きなところからの「謀(はかりごと)」としての動きを感じずにはいられませんでした。いろいろなことがありながら(Mを含む男性陣が参加できなくなったり)、すべてが完璧なタイミングで起こっていたように思います。ただ目の前に示されるサインに耳を澄ませ、目を見開き、直感に導かれるまま行動を起こした結果、無理なくとてもスムーズに事は流れていきました。
自然がたくさんあるKALANIのような場所にいると、頭や心の中のおしゃべりが静まり、いつの間にか空を見上げ、雲や太陽、そして夜には月や星を眺めて、そこから発されているたくさんのメッセージを読み取れるように思います。

それはきっと普段の東京や西宮での生活の中でも同じことが行われているのだと思いますが、特に東京での生活は高層のビルに囲まれ、空を見上げる機会も少なく、人工的に作られたものや、たくさんの情報が行きかう中で、自然とコンタクトすることは意識して行わないと難しいものです。ハワイというところは、そういったことを意識をせず、自然にできるところだと思います。

さて、今日実はハワイから持ち帰った大切な封筒を開けました。(浦島太郎のようですが)
ワークショップの中で、あるワークをしたときに用いた「封筒」。日本に帰るまで、開けないようにと約束をしたもの。ノートに挟んで大切に保管してあって、中身はひそかに気にはなっていたのですが(笑)、開けるべく日を自分の中で見計らっていました。
今日はたくさんの『1』が並ぶ、ゲートの開く日。何となく今日ならいい感じがして、その大事な封筒の封を切りました。中からは私に向けられた、女神たちからのたくさんのメッセージ。私が気づいている私、まだ気づいていない私。私を超えたところの私。いろいろな可能性の秘められた美しい言葉の数々・・・。
ひとつひとつ大切に受け取って、それぞれを感じてみました。

あの夜の女神たちからのメッセージは私の新たな可能性を開いてくれるものでもあり、今ある自分をそのままにより深く、より太く、より広がっていく力添えをもらったように思います。

いよいよ何かが始まりそうなそんな予感がします・・・。このメッセージを胸に、私自身、こころも身体も開き、これから始まる何かのために備えていきたいと思います。

数々の体験をともにし、真の美しさ、魂の輝きを見せてくれた参加者の女神たちに感謝します☆皆さん、ありがとうございました!!
by bodyuniversal | 2011-11-11 21:21 | Hawaii | Comments(0)