<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

朝のお散歩~紅葉編~

b0101106_22442892.jpg春に7号食を始めてから朝のウォーキングが日課になっている。朝晩が寒くなってきたこのごろは、一歩外に出るのは勇気がいるけれど、外に出てしまえば朝のひんやりとした空気が逆に気持ちがいい。
夏には青々と茂っていた桜の木々も今は紅葉のピークを迎えている。ピークを迎えた木の側を通ると、木々からすごく満ち足りたエネルギーが溢れ出ているのを肌で感じることができる。
木々も同じようでいて、それぞれ個性があり、それぞれのタイミングでピークを迎えている。そんな桜並木を歩いていると、ふと自分が生きているということに気付かされる。
生きている、そんなことは当たり前だと言われるかもしれない。でも、ふと身体の奥深くのところから「生きている!」という感覚が込み上げてくる。それはまるでいのちの源に触れたような感覚だ。そして、そこに触れるたびに、たくさんの涙がこぼれ落ちる。
涙の理由はわからない。悲しいとかうれしいとかそういったものとも違うような気がする。もしかしたら、私は「生きている」という感覚がまだまだ薄いのかもしれない。もしくは、まだまだ自分のいのちを活かしきっていないのかもしれない。
でも、桜たちがただ動かず、そこに立って季節の変化を受け入れ、そこにあるすべてを受け入れ、生きているその姿が私に大切なものを教えてくれる。
b0101106_23314168.jpg桜並木を抜けると、海が広がる。このごろの水は澄んでいてとてもきれいだ。砂浜も夏に比べるとごみも少なく落ち着いている。夏は時間のある時は朝晩と歩いていたけれど、拾っても拾ってもなくならないペットボトルや花火のごみに打ちのめされそうになっていた。
ここは対岸がコンクリートで固められたような海になってしまっているけれど、それでも海水に手を浸すとほっとさせられる。そんな海はどれだけその砂浜や水が汚されようとも、ただ絶え間なく流れ、循環し、浄化し続けている。ただあるものをそのまま受け入れるその姿。なぜこれだけの深い懐があるのだろう。
私達はときどき自分たちも自然の一部であり、すべてであるということを忘れてしまう。でも、こうやって自然の中に入っていくと、ただそこにいる(ある)ものたちが私たちを原点に戻してくれる。そして私達も同じようにただ静かにそこに立ち、そこにあるものをすべて受け入れることができることを教えてくれる。
by bodyuniversal | 2010-11-24 23:23 | Comments(0)

女神たちの輪 ~安房の女神~

b0101106_23345477.jpg先日のミシャールとサマンヨルのショウではたくさんの女神たちとの再会がありました。アパレシーダのワークショップのアシスタントをさせていただいたおかげで、たくさんの美しい女性たちと出会うことができ、彼女たちのその後の変化を聞くたびにワクワクし、同時にインスピレーションをいただいています。
千葉の鴨川市に移り住まれたELLIちゃんもその中のひとりです。彼女はミシャールの通訳さんとして有名ですが、その他にもベリーダンスを始め才能は多岐にわたり、幅広く活躍されています。
出会ったころは表参道にいらっしゃったのですが、たくさんのシンクロや啓示とともに鴨川に移られた経緯を聞くと、導かれるべくして行かれたのだなあと思います。
もっと自然の近くに住みたいという思いが私の中にも以前からあり、ELLIちゃんの鴨川にもいつか行ってみたいなあと思っていました。でもいつも東京での滞在は仕事オンリーで終わってしまうので、なかなか機会がありませんでした。でも今回ふと時間に空きができて、ショウで再会したことも重なり、突然ではありましたが、遊びに行かせていただきました。
東京から車で2時間も走ると、そこは昔懐かしい日本の風景が広がります。私自身、山に囲まれた田舎に住んだことはないので、懐かしいと感じるのは不思議なのですが・・・。日本人のDNAがそう感じさせるのでしょうか(笑)。
b0101106_017243.jpgお天気も前日の予報では曇りだったのですが、朝から気持ちよく晴れ、ELLIちゃんには「安房の女神様が歓迎してくださっているんだね。」と言ってもらい、その土地から祝福をいただいたことをうれしく思いました。
ELLIちゃんは数日前に今のお家に引っ越されたのですが、もともと蔵だったものを住居として改築された素敵なお家で、見晴らしのいい高台にありました。そこから眺める風景は特別です。
そしてその後は、ELLIちゃんお勧めのスポットにいくつか連れて行ってもらいました。段々畑を臨むその場所は、特別な雰囲気がありました。このあたり一帯はとても穏やかで温かく、優しく守られた空気に包まれています。ここに若い人アーティストたちが移り住み、半農半Xの生活をされているのがわかる気がしました。また、村の長老さんたちにも偶然お会いしたのですが、元気で茶目っ気があって、本当に素敵な方たちでした。
自然とともに暮らしている人たちは、とてもシンプルで美しく、芯の強さを感じます。きっと日々自然と向き合うことで、自分に必要のないものがそぎ落とされていくのでしょう。ELLIちゃんも以前お会いした時より、ますますと輝きに満ちていて、本当に充実した生活を送られているのがよくわかりました。
b0101106_0433435.jpg短い滞在ではありましたが、安房の大地のエネルギーをたくさんいただき、とても満ち足りた気持ちで帰って来ました。
突然の訪問にもかかわらず、色々と案内してくださったELLIちゃんと旦那さまのクリスに感謝です☆
ありがとうございました!
次回はぜひおふたりがステージに立たれる時にお伺いしたいと思っています。
最後にせっかくなので、海を見て帰ろうと思い、車を走らせました。JR安房鴨川駅の南側にある砂浜はたくさんのサーファーが波乗りをしていました。海の近くもまた素敵です。
もっと自然の近くで生きていきたいなあ・・・☆

ELLIちゃんのサイト
by bodyuniversal | 2010-11-23 23:32 | Comments(0)

女神たちの饗宴

b0101106_225115.jpg先週の東京での滞在は、お仕事の他に素敵な方々との再会や、新たな出会いもあり、とても充実した毎日でした。
その中でも14日に六本木のスーパーデラックスで行われた『サマンヨルとミシャールによるアンビエントオリエンタルナイト』は格別でした。
ひとりひとりの女神たちが踊り、目の前にはとても魅惑的で幻想的な世界が広がって行きます。そしてその踊りは、太古の昔から伝わる物語や、宇宙の神秘を壮大な物語として紡ぎあげ、私達に語り伝えてくれているようでした。中でも、サマンヨルのメンバーに臨月の妊婦さんのダンサーがいて、その存在がこの物語に広がりと深みを与えてくれていました。
彼女の大きなお腹は満ちたお月様のようでもあり、幾重にも重なった花びらのようでもあり、その美しいエネルギーは私の目を釘付けにしました。
その彼女が終盤にソロを踊る時、他のダンサーたちが、ただそこに静かに座り、場をホールドし、サポートしている姿がとても素敵でした。また、彼女の身体から発する優美で力強い生命の根源のようなエネルギーが会場にいた私たちを惹きつけ、そこにいるすべての人をひとつにしました。
最後に彼女を他の女神たちが囲み、たくさんの花びらとともに祝福されていました。その姿は、去年の年末に行ったGODDES NIGHT☆再誕生を思い出させるものでもありました。きっと私達はこのようにたくさんの祝福を受け、この世に生をうけるのでしょう。

『いのち』の輝きにまた出会えた瞬間でした。Mishaal始め、サマンヨルの皆さまどうもありがとうございました~☆

*写真は東京ミッドタウンのライトアップ
by bodyuniversal | 2010-11-22 22:22 | Comments(0)

7号食再び!

b0101106_22432430.jpg現在、今年に入って2回目の7号食を実践中です。今日で8日目になり、残すところ丸2日となりました。
5月に初めての7号食を行い、8月にタイでのジュースファースティングと今年は不思議とディトックスを頻繁に行う年になってしまいました。そしてディトックスを重ねるうちに、身体が変化し、食べ物の嗜好も変わってきました。どんなものを食べると身体がどんな反応をするのかということがとても敏感に感じられるようになってきています。その中で、今までおいしいと感じていたものが、あまりおいしくなくなってしまったり・・・という体験もありました。特に小麦粉や砂糖から作られたものが以前よりおいしさを感じられず、胃が重たくなったりしてしまうのにはちょっとショックでした。反対にとてもおいしく感じられるようになったのが、あまり調理していない、そのままの野菜、果物などでした。
そういった変化は感じていても、やはり昔のおいしかったものの記憶というのはどこかに残っていて、それを何か理由をつけて求めてしまう私もいます。食べ物というのは、それ自身がおいしいから食べるということのみならず、それに纏わる記憶や物語みたいなもの(その時食事をした楽しかった思い出など・・・)を再び得るために食べようとするということがあるのではないかということを思うようになりました。食べ物と私達の関係は深いです。(私が食べることが好きだからかもしれませんが・・・笑)
そして最近は必要以上に何かを食べたり、胃に負担がかかるものを食べたりすると、身体がすっきりしたいと要求してくるようになりました。でもファースティングモードになるのはなかなか勇気が要ります。身体は喜ぶのですが、思考の方が苦しむのです。いかに思考で物を食べるという行為をしているかということを知らされます・・・。
今回も危うく1日目でくじけそうになりましたが、その後は無事に進んでいます。5月に行った1回目の目を見張るような身体の軽さと、感覚の鋭敏さに比べると、今回はもう少し穏やかな変化のように思います。しかし、2日目から既に体型に変化が現れ、肌もしっとりつやつやになってきました。いい状態に戻るのが早くなってきたのかもしれません。7号食をやっていていつも感じるのが、肌の調子の良さです。朝起きた時の肌のすべすべ感は幸せな気持ちになります。(もちろん、その後も続きます。)
そして、玄米のみで身体が穏やかになるからか、心が穏やかになるからかわかりませんが、感覚が開き、鋭くなってきます。おそらく、普段も感覚器を通して感じているのだとは思いますが、他の事にこころや思考がとらわれていて、そのほとんどを感じることができていないのではないかと思います。こころや思考が静かになって始めて気づけるものがあるのですね。

あと2日。今後の変化も楽しみです。
by bodyuniversal | 2010-11-10 23:23 | 七号食 | Comments(0)

エサレンボディワークのご感想

b0101106_17533779.jpg 先日、遠く広島よりお越しいただきましたNさんよりエサレンボディワークのご感想をいただきましたので、掲載させていただきます。貴重な体験を私達にシェアしてくださってありがとうございます!

     ~☆~

先日は 心地よい時間を過ごさせて頂き、本当にありがとうございました。

セッション中に起きた【心にパァ~っと開いた穴にHAPPYな風が吹き抜ける感覚、その穴にHAPPYな光が差し込む感覚】
あの感覚は 今も体に染み着いていて 特に就寝前に思い出します。

(穴も光も見えましたよ!)

今まで5人のくらいの方に何度かトリートメントをしてもらいましたが 心も体もあんなにまで深~いリラクゼーションに入ったのは初めてです。

私を丸ごと包み込んでくれるようでもあり、解放へと導いてくれるようでもある美香さんのセッション!
本当に 素晴らしい体験をさせて頂きありがとうございました。

私も 美香さんのようなセッションが出来るようになりたいな…心からそう思います。
by bodyuniversal | 2010-11-04 17:59 | エサレン | Comments(0)