<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ペリーのディープボディワーク

b0101106_23204659.jpgペリーのクラスはいつも朝の瞑想から始まる。初日の瞑想の時に彼はこんなことを言っていた。
「Awareness(気づいていること)とThinking(考えていること)の違いをわかりましょう」
瞑想をする時、呼吸に意識を向けるように言われる。入っていく息。出ていく息。そしてそれぞれの間の時間。その4つの流れに意識を向けていく。いつの間にかいろいろ映像を見ていたり、考え出したりしたら、それはシンキングの状態。それから逃れようと(thinkingからさらにthinkingへ移る)するのではなく、その状態に気づいていること。その二つの違いを理解する。
「inner skin (皮膚の内側)を感じてみよう」
どうやって自分は皮膚の内側を感じているのだということが分かるのだろうか?
自分の皮膚の内側(内側の空間)をわかるということがアウェアネスの状態になっているということ。そしてこのことを使ってクライアントに触れていくということ。

毎日の瞑想もひとつひとつがマッサージへと繋がっていく・・・。

マッサージのクラスの中でのペリーの言葉から。
「ディープボディワークを行う時に流れるような静けさの中で動いていくこと。生きている物すべてはこういった流れと静けさのコンビネーションが好きである(それぞれの中にそういったものがあるから)」

「ディープボディワークは受け手にゆっくりと関わっていく。早く動きすぎると、受け手が学ぶ時間を与えない。早く動きすぎると筋肉の機能的にはリラックスをもたらすことはできるが、神経的にはリラックスできない。」
「モーシェ・フェルデンクライスが言っていたように『comfort (快適さ)』が鍵である。快適さを得て始めて人はリラックスし、自分に自由に注意を向けることができる」

今回はヨガのクラスでyinyoga(陰ヨガ)を何回か行った。この陰ヨガとディープボディワークなかなか似ている。陰ヨガは同じポーズを長い時間ホールドすることによって、普段伸ばすことの難しい内側の筋肉を伸ばしていく。このホールド(同じポーズのままでいること)している時、呼吸を意識的に行い、伸ばしている筋肉を意識する。そして、その状態を保っていると、どんどんとその部分が溶けていくように緩んでくる。その身体の部分に意識を向けていると、私自身がその筋肉そのもののような錯覚に陥ることもある。
ディープボディワークも同じである。施術者が働きかけている筋肉に注意を向け、呼吸を入れていく。そうすると、自分の内側に意識が向き、そこにある状態を少しずつ受け入れていく。時には他の事は何も考えられない、100%意識がそこにある状態とでも言ったらいいのだろうか。あの瞬間が私はとっても好きだ。自分の呼吸と意識をもって自分の内側に旅する瞬間。

そして何度もディープボディワークを受けていると、手を当ててもらった瞬間から、施術者の手を使って自分の筋肉を緩めようとしたり、自分の中を探求するということを自動的に行うようになっているのに気づく。マッサージを受けることで、身体自体がいつの間にかいろいろと学び、進化しているようで面白い。

意識をもって呼吸とともに関わっていくこと。自分の内側を感じていること。深い深い世界への第一歩。
by bodyuniversal | 2010-05-31 23:52 | エサレン | Comments(0)

Mishaal のワークショップ in 神戸

b0101106_23105784.jpg今日は大好きなミシャールが神戸に来てワークショップを行うとういうことを聞いたので、急遽スケジュールを調節し行ってきました。

ミシャールとはアパレシーダのワークショップで知り合い、その後お付き合いさせていただいている。数年前にワークショップで彼女とペアワークをした時、踊っているうちに全身に鳥肌が立ち、呼吸が深く早くなって、クラクラするような体験をしたのを覚えている。その話を後日アパレシーダにすると、それは「トランス状態に入っていたのよ」と言っていた。そう、踊りを通してのトランス状態を初めてミシャールに教えてもらったと言ってもいいのかもしれない。
そして数年が経過し、今年初めて東京のミシャールのレッスンに行ってきた。ずっと行きたかった彼女のクラス。彼女がクラスに入ってきて話をし始めた時、「ああこれだ。」と胸が熱くなり涙が出そうになった。そしてレッスンが始まり、踊り始めてからも何度も熱いものがこみ上げてきた。私の深いところからの「そうそうこれ。こういうことが学びたかったの・・・」という声がが聞こえたようだった。
その後は関西からなので毎週は通えないけれど、東京に出張の時はできるだけスケジュールを調整し、通わせてもらっている。私にとっては特別な時間☆

そして今日は神戸。午後からクラスが2コマと夜のショウ。地球の中にある水・風・土・火のそれぞれの要素を取り入れた踊り。そこから発展させた自由な即興の動き。ミシャールの動きひとつひとつが本当に美しい・・・。そして動きを説明する時の的確さ。「波の中を腕をこのようにして進んでいるのを想像してみて・・・」。そのように教えてもらうと、そこから出てくる動きは必然と自然な動きとなるから不思議。
そして踊りを通して再び私達は自分の内なる女性性、女神と繋がり始める。そしてそれを表現し、宇宙へと解き放ち、またそこから再びエネルギーを私達の中に注いでいく。クラスの中はたくさんの笑顔とキラキラしたもので溢れていた。

私達自身の真の美しさ。愛。そこに生命を吹き込み、自分の中へしっかりと取り込み、そこから外へと広げていくこと・・・ミシャールは踊りを通して、生命の循環、そしていのちそのものを教えてくれているようでした。本当至福の時でした☆

*Mishaalのサイトはこちら
by bodyuniversal | 2010-05-30 23:53 | Comments(2)

7号食でディトックス

b0101106_22303933.jpg女神山ライフセンターでの毎日のおいしい食事に満たされ帰ってくると・・・ワークショップ修了お疲れさまということで、外食が続いた。普段アルコールを毎日飲んだりする習慣のない私の胃腸はちょっと弱り気味・・・。
何となく身体を内側からディトックスしたくなってきた。そして始めたのが、マクロビの7号食(10日間、一日玄米を0.7合、三年番茶を三合、ごま塩をスプーン2杯で過ごす。身体が栄養枯渇状態になれば、必死で身体の機能を維持しようと全身の持つ能力がフルに動き出し、それが自然治癒力を高め、体内の毒素を排出する働きを引き出していくもの)を始めることにした。
実はこれに至った経緯がとても面白くて、何か身体にいいことをしたいと思っていたところ、知人がアレルギーのディトックスするためにある施設に泊りがけで行くことを聞いたり、以前別の友人が玄米だけで何日も過ごすディトックスをしたと話しているのを思い出したり、先日のお客様があすなろ米という玄米がおいしく栄養価も高いとお話してくださったことを思い出したり・・・。それらの点をつなげていくと、不思議なことに『7号食』という今までに聞いたことのない新しいものに結びついていった。
これは私のいつもの思いつきなのか、それとも何か必要があってその情報がやって来ているのかは分からないけれど、このシンクロも手伝って、どうしてもやってみたくなって始めることにした。
ネットで「7号食」と調べるといろいろと出てくる。マクロビを本格的に学んだことのない私はどれが正しいのか分からなかったけれど、とにかく自分がいいと思えるものを選び、10日間、1日雑穀(玄米を含む)を1合、ごま塩、三年番茶もしくはノンカフェインの飲み物、お水のみを取ることに。玄米を食べる時は少量ずつ、よく噛むことを意識して行うことにした。そしてお客様おすすめのあすなろ米も注文してみた。そこでは15種類の穀米と黒米を混ぜてもいいとあり、時間が経つほどおいしくなると書いてあったので、それも追加した。実はここにもシンクロがあって、以前アパレシーダのワークショップに行ったある施設で発酵玄米なるものを食べて感動したことがある。実はこの穀米と玄米を混ぜたご飯がとてもそれに近い味がするのだ。このおかげで、玄米だけの食事も苦労はない。
今日で6日目。折り返しを過ぎたところだ。このディトックスも瞑想に似ていて、やはりずっと頭の中で話し続けている私に気づいてくる。「あれが食べたい、これが食べたい」と頭の中で常に話している。それは目でそれらのものを見たり、匂いを嗅いだりしたときにやってくる。でも実際のお腹はどうなのかというと・・・空いてなかったりする。ああ、こうやって必要のないものを口の中へ運んで行っていたのかと思うと反省。
身体は今日辺りからすっきりとしてきた。1-2日目はこころも少し揺らぎながらやっていたけれど、3日目からは苦もなく行っている。甘いものや今食べれないものをみるとおいしそうには思うけれど、それが食べれなくてつらいという感覚はない。そう頭で考える気持ちと身体の感覚にひらきがある感じ。頭ではほしいと思っていても、身体はなくても大丈夫と言っている。思考と感覚の違いを同時に体験していることがとても面白かった。
なかなか興味深いディトックスです。

*写真は女神山ライフセンターでのおいしいお食事のひとこま
by bodyuniversal | 2010-05-29 22:29 | 七号食 | Comments(0)

ペリーのムーブメントクラス

b0101106_2344499.jpg先日ペリーのムーブメントのクラスが東京で行われました。参加していただきました皆様、どうもありがとうございました。そしてマイクなしの通訳で頑張っていただいたMさん、会場の受付などを手伝ってくださったKちゃん&Mちゃん、どうもありがとうございました。感謝、感謝です☆
ペリーが打ち合わせの時に「2時間分の音楽を用意している」と聞き、私にとっての初の2時間のムーブメント=未知の世界に何が起こるのだろう、どんな体験になるのだろうとワクワクしたのを覚えています。正直、2時間も集中して、ムーブメントをできるのかなとも思いましたが、ペリーの誘導に従って身体を動かしていると、あっという間に時間が過ぎていきました。
最後には、静けさの中でしっかりと自分の身体とつながり、そして周りの人とつながり、会場にいる皆とつながっていきました。あの静寂さ、そして穏やかさ、そして身体の重さ。そんなひとりひとりが、自分の足で立ち、そこにあるということ。その上でお互いと繋がるということは、何か想像もできないような大きなことも可能になりそうなそんな感じがありました。
そしてそれと同時にとても慈しみの気持ちが溢れてきました。ひとりひとりの存在がとても愛おしく、感謝の気持ちで一杯になりました。
やはりペリーのムーブメントのクラスは大好きです!
参加者の方からもご感想をいただきましたので、HPにアップしています。どうぞこちらをご覧ください。

そして、来年もペリー来てくれることになりそうです!!どうぞ今回参加できなかった皆さんも楽しみに待っていてくださいね。(日程はまだ未定です)
by bodyuniversal | 2010-05-28 23:57 | エサレン | Comments(0)

ペリーのディープボディワーク2010

b0101106_1951246.jpgペリーのディープボディワークの今年のクラスが修了しました。
新緑の香る女神山の美しい環境の中、今回もたくさんの学びと気づきがありました。日本の各地から参加してくださった参加者の皆様、そしていつも素晴らしい通訳をしてくださるYさん、そして私達のワークショップがスムーズに進むようにいろいろな形でサポートしてくださっている女神山ライフセンターの皆様、そしていつも惜しみなくたくさんのことを教えてくれるペリーに感謝したいと思います。
ワークショップを開催できるのは、いろいろな方がサポートしてくださっているからだと思っています。本当に皆様ありがとうございました☆
また詳しい内容については、後ほどレポートしたいと思います。
by bodyuniversal | 2010-05-24 19:21 | エサレン | Comments(0)

トランスフォーメーションゲーム in 立夏

b0101106_22573935.jpg今日は1日のロングバージョンでトランスフォーメーションゲームを行いました。今日は立夏ということで、本当に夏日のような一日でしたね。いよいよ身体もこころも伸びやかに成長していく季節がやってきました。
このゲームは毎回自分の目標を設定し、始めていくのですが、何度も参加している私はそろそろアイデアがなくなってきました。そして毎回目標を設定はしているものの、結局は同じ目標を言葉やニュアンスを変えて表現しているということが見えてきます。私の場合は今の段階では、求めているものの形がある程度はっきりしているのかもしれません。
今日のグループエンジェルは『LIGHT』。4月に引き続き2回目です。そして、私の中に出てきたカードも以前出たものがたくさんやってきました。求めるものの形がよりシンプルに、より元型に近くなり、そして見つめていくこともサポートしてくれるもの、そして自分の中の資質みたいなものも何度も繰り返し出てくることで、明らかになってきたように思います。
また今日の展開で印象的だったのは『ミラクル(奇跡)』が3度もやってきたことでした。そしてそのうちの2回が私自身が起こしたということ。(今までで初めてでした!)そして私自身の引いたカードの中でたくさんの奇跡という言葉が出てきました。私自身も宇宙の奇跡であるという言葉は私の中にとても大切なことを思い出させてくれたように思います。そして私も、周りの人もそういう存在であるということをしっかりと思い出すことと私が目標としていることの行き着く先が同じところを指していることを教えてもらったような感じがしました。
by bodyuniversal | 2010-05-05 22:55 | Comments(2)