<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トランスフォーメーションゲーム&ゴッデスナイト

b0101106_23315836.jpg昨日は月に2度目の満月の「ブルームーン」でしたね。BODY UNIVERSALでは、トランスフォーメーションゲームとゴッデスナイトの2つのイベントがあり盛りだくさんでした。企画した時にはブルームーンだということは気づいていなかったのですが、きっと何かがそうさせたのかもしれません。
トランスフォーメーションゲームは友人のKumiちゃんがファシリテーターの資格を取られたので、さっそくオーガナイズさせていただきました。
参加なさった方は皆さんトランスフォーメーションゲームは初めてで、何をするのだろうという感じだったと思いますが、皆さん普段からしっかりとご自身を見つめていらっしゃる方ばかりだったので、お互いにとても楽しんで、いいゲームになったように思います。
このゲームは始めに自分の目標を決め、その上でゲームを行い、その過程でいろいろなことを見つめたり、再発見したりしてくのですが、今回私はこれといって大きな目標みたいなものがあまりなく(ヴィパッサナー瞑想に行って以来、あまりそういったものがなくなってしまいました)、何にしようかと当日まで考えていなかったのですが・・・皆で集まっていざとなると、出てきたのはかなり壮大な目標でした(笑)。
でも壮大そうに見えて、実は「日々自分ができることをただ自然に行っていく」という最近感じていることを書いただけでした。そしてそこにサポートとしてやってきたガーディアンエンジェルが『Spontaneity 自発性』。
そして生まれる前に受け取ったインサイト(ゲームの中で引くカードのひとつで気づきや強みを教えてくれます)が「あなたの自分の前にあることに正面から心を開いて勇気を持って向き合い、受け取るものすべてに感謝します」。どれもすべて私が最近感じたり、そうしようと思ってやってきつつあることを表してくれていたので、何か後押しをされたような、GOサインをもらったようなそんな感じのゲームでした。
b0101106_0201438.jpgまた、このゲームの面白いところは、グループでゲームを行っていくので、やはり他の人の姿やカード、シェアなどを通して、自分をさらに深く見つめていけることだと思います。何でもそうですが、人が集まるということは、ひとりでは気づかないことをその方たちの姿を通し、たくさん教えてもらうように思います。

そして夜のゴッデスナイト。今年の女神を引くということでしたが・・・これも朝からのゲームの流れを汲んだ形の女神カードが出ました。やはり今年の私は自然に、そのリズムに沿って、できることをやっていくのかなという感じです。「JOY」「WISDOM」「EXPANSIVENESS」を持って・・・☆

本当にディープな、自分の深い部分にこころも身体も触れた一日でした。家に帰ってきたときにはもう身体が全然動きませんでした(笑)。きっとこの流れも自然の月のリズムに合わせて自ずから出てきたものなのでしょうね。
ゲーム、そしてゴッデスナイトに参加してくださった皆さん、そしてKumiちゃんに感謝です☆
どうもありがとうございました。

*写真はトランスフォーメーションゲームのボードとこの日のランチです
by bodyuniversal | 2010-01-31 23:55 | Comments(4)

芦屋川のCA

b0101106_2332319.jpg今日はお天気がよかったのと、明日のお昼の用意のために芦屋川まで出かけた。
芦屋川の北側の商店街は遠い昔私が学生だったころは、あまりお店も空いていなかったのですが、最近たくさん素敵なお店ができているようです。今日のお目当ては、kaopanとCA。
kaopanは天然酵母のパン屋さんで、とても落ち着いた雰囲気の素敵なお店。日本ではないようなchicな空間が広がっている。お店に入ろうとした時、お店の前に双子ちゃん用のベビーカーが止められているのに気づいた。寒いのに大丈夫かなと中を見たら、お母さまはお買い物をされている様子。私はいろいろと迷いながらもチョコとドライプルーンのパンやリンゴのカンパーニュなどを買って、数分のところにあるCAに。お店に入ろうとしたら、先程ののベビーカーがお店の前に止められていた(笑)。後を追いかけているわけではないですよとお伝えしたくなるような気持ちになった。どうやらそのお母さまとは興味のあるお店が同じのようだ。
CAは無農薬野菜を売っているお店。店長の福原さんは大学のころから農業でやっていこうと思われ、まずはできることからと野菜の移動販売を続け、現在はお店を芦屋に構え、無農薬の野菜を売っている。
福原さんがHPのプロフィールで語っていらっしゃる言葉。

「野菜と共に生きています。
 野菜で生活を成り立て、野菜で食事を成り立てています。
 2005年に農業を志し、野菜生活をすること、
 野菜と向き合い生きることに決めました。
 農業にはもっと可能性があると思います。
 自分にももっと可能性があると思っています。
 「農業の新しいスタンダード」を築く。
 目指す頂きは高いですが、
 一歩ずつ昇っていきます。 」(CAのHPより)

お若いのに素敵だなあと思う。最近よく思うことは、自然とともに生活をしている人は無駄がなく、とても自然で美しい。
私もより自然に生きて生きたいなあと思う。

このエリアにはその他にも素敵なお店があります。よかったらBODY UNIVERSALの帰りにでも足を伸ばしてみてください。
CAでは芦屋、夙川、苦楽園のエリアに無料配達してくれるそうです!

*kaopanはこちらから
*CAはこちらから
by bodyuniversal | 2010-01-29 23:54 | Comments(0)

ヴィパッサナー瞑想 ②

b0101106_21115698.jpg朝4時、ゴーン、ゴーンという鐘の音で1日目が始まった。ここでは鐘の音で時間の開始と終了が伝えられる。何だか眠れなかった・・・と思いながら準備をし、自分の部屋で瞑想を始める。瞑想は前日の夜に習ったアーナーパーナ瞑想。鼻から入ってくる息、出ていく息に注目し、呼吸に意識を向けていく。この時呼吸はコントロールせず、自然な呼吸を心がける。
私は今までヨガや瞑想やフリーダイビングの呼吸法をする時、呼吸を意識的にコントロールするということを多くしてきていたので、自然な呼吸というのに始めは戸惑った。呼吸に意識を向けると、どうしても一定のリズムで呼吸をしようとしている私がいた。
この日は一日中アーナーパーナ瞑想の練習。ただただ入っていく息、出ていく息に意識を向け座り続ける。でも油断をすると、いつの間にか思考があちらこちらへ動き出す。時間が経つにつれて、思考が勝手に走り出し、妄想となっていろいろとストーリーを作って私に見せ始める。ふと、「あれ、私何か考えていた?呼吸は・・・?」と我に返り、また呼吸に意識を向けなおす。そしてまたしばらくすると、今度はコクっと身体が揺れる。「あれ、もしかして寝ていた?呼吸に戻らなくては!」という感じだ。
そしてそれからは、妄想→気づく→瞑想、夢→気づく→瞑想、眠気→気づく→瞑想の繰り返し・・・(汗)。その上、組んでいる脚が痛くなってくる。痛みが強くてそちらに意識が向かってしまい、何度も姿勢を変えたりして集中できなくなったりする。

このようにいろいろな考えが浮かんできたり、眠気が出てきたり、痛みが出てきたりするのは、こころに溜まっている汚濁が出てきているからだそうだ。それを聞いて、そんなに私は溜まっていたのかと途方に暮れる私がいた。というのもこの日の瞑想中は、泡のように次から次へといろいろな考えが浮かんで、そのストーリーにすっかりと入り込んでしまう自分がいて、そしてふと我に返り、呼吸に意識を向けなおすということの繰り返しであったからだ。
でも(この日だったかどうかは記憶が定かでないが)先生からのチェックがあり、「呼吸に意識を向けられているか」という質問に、ある生徒さんが「いろいろと考えが浮かんでしまって・・・」と答えられ、先生が「それ普通です。」とおっしゃっていたのを聞いて、ふと私の中の力が抜けた。
ああ、それは普通のことなのだと。そしてそんな自分を受け入れた瞬間、とても軽くなった。

後から考えると、いろいろと考えが浮かんだり、眠くなってはいけないと頑張っていたのだなあと思う。そしてその変な頑張りが、目の前で起こっていることを受け入れられていなかったのだなあと思った。
妄想を見てもいいのだ、眠くなってもいいのだ、それに気がつき、また呼吸に戻ってくる。それだけのことだ。

今から振り返ってもこの1日目はある意味とても大変だった。慣れないことばかりに、妄想の嵐。夜の講和(ゴエンカ氏が話されているテープを聴く)でも1日目と4日目にピークがあると話されていたのを本当にその通りだと思いながら聞いていたのを覚えている。
by bodyuniversal | 2010-01-27 23:32 | ヴィパッサナー | Comments(4)

ヴィパッサナー瞑想

b0101106_1405884.jpg長い長い沈黙の世界から帰ってから1週間が経ちました。自分と向き合った深く、深く、そして濃い時間。すごく深い部分からの気づきの連続に自分自身でも驚いています。
帰ってきてから体験したことを消化するためか、身体レベルに落とし込むためか、ただ単に緊張が解けたためか(笑)、風邪を引きました。年始からクレンジングモードが続いています。
さて今回行ったのはヴィパッサナー瞑想の10日間のコース。場所は京都府北部、園部からバスに揺られること30分、そこから車で10分ほどのところにあります。日本ではここと千葉(建設中)の2箇所にセンターがあるようです。私の友人も日本やアメリカでこのコースをとった人が多くいて、体験の中身はあまり聞いたことがないのだけれど皆一様に「いいよ!」というので、私も体験してみたいと思いつつ、10日間の沈黙、そして瞑想という『静』の世界に少し二の足を踏んでいました。
しかし、昨年の末辺りから自分の内側ともっともっと繋がる必要があるという思いや、マリアのワークショップでクマ(内省)が出てきたこともあって、今回は決心がついたのでした。
10日間のスケジュールは以下のようなものでした。
 4:00         起床
 4:30- 6:30   ホール、または自分の部屋で瞑想
 6:30- 8:00   朝食
 8:00- 9:00   グループ瞑想
 9:00-11:00   ホール、または自分の部屋で瞑想
11:00-12:00   昼食
12:00-13:00   休憩
13:00-14:30   ホール、または自分の部屋で瞑想
14:30-15:30   グループ瞑想
15:30-17:00   ホール、または自分の部屋で瞑想
17:00-18:00   ティータイム
18:00-19:00   グループ瞑想
19:00-20:30   講和
20:30-21:00   グループ瞑想
21:00-21:30   質疑応答
21:30         就寝

見ていただいたら分かるように、休憩時間以外はほとんど瞑想の時間でした。あまりの時間の長さに大丈夫かなと思いましたが、もうすでに現地に来てしまっている私。もうやるしかありません。初日(0日目)は軽く夕食を済ませてから、ホールに集まりました。ホールに入ったとき、何だかぞくぞくとして何かが起こりそうなそんな予感がありました。そして『聖なる沈黙』が始まりました。『聖なる沈黙』とは身体、言語、精神の沈黙を指し、ジェスチャーや書くこと、合図などのいかなるコミュニケーションもこれから10日間は禁止されます。
生まれて初めての『沈黙』の世界のスタートです。これからどのようなことが起こるのでしょうか?普段睡眠で困ることのほとんどない私が、興奮のためか、不安のためか、その日はあまり眠れなかったのを覚えています。そうして私のヴィパッサナー瞑想のコースは始まったのでした。
by bodyuniversal | 2010-01-25 23:53 | ヴィパッサナー | Comments(2)

今年もよろしくお願いいたします☆

b0101106_1140695.jpg皆様、明けましておめでとうございます。皆様はどのようなお正月をお過ごしになられたのでしょうか?
私は年末久しぶりに風邪を引き、身体の浄化が始まりました。新しい年に向けて、ゴッデスナイトで新たに生まれるという体験をしたからでしょうか・・・。新たな身体で新年を迎えることとなりました。
さて、今日から16日までお休みをいただきます。『Silence~沈黙~』の世界に行ってまいります。ちょとドキドキですが、呼吸とともにゆっくりと自分、そして身体を見つめていけたらと思っています。
16日には戻りますので、それ以降にいただいたメールなどのご返信をさせていただきます。皆様にはご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
今年も皆様にとって実り多き年となられますように☆
by bodyuniversal | 2010-01-05 11:53 | Comments(0)