<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

てんとう虫の知らせ

b0101106_23113940.jpg先日ベランダに出たときにてんとう虫を見つけた。何だかラッキーな感じがして、でもそれがどうしてか知らなかったので、その名前の由来を探してみました。
てんとう虫、英語では「ladybird (米語ではladybug)」。その名の由来は・・・聖母マリアは「FirstLady」「OurLady」と呼ばれるそうなのですが、てんとう虫はこの「Lady」に仕える虫という意味で「ladybird」となったと言われています。 またナナホシテントウの七つの黒紋を聖母マリアの7つの喜びと悲しみになぞらえており、指にとまらせると必ず上へと飛び立つので、てんとう虫をつかまえたら、それを飛ばせるか、木の皮につかまらせてやると、てんとう虫は空に昇って天国に席を予約してくれるとも言われています。
また日本語でも「天道虫(てんとう虫)」という由来は飛び立つときに木の枝先などに登る習性があり、天への道を教えてくれると、言われているそうです。

このところ、少しこころがきゅっとなる心配事が続きました。やはり近しい人に何かあると気にせずにはいられません。大丈夫と信じていても、意外に心配していたり、頭で考えていることと、こころで感じることに差があるようです。そしてそのように感じる自分を見つめながら、その人との関係の深さを知ったりもします。また、この体験を通してたくさんのことを教えてもらっているように思います。喜びと悲しみ。私達は色々な体験をするたびにまたひとつ大きく、寛容に受け入れるようになっていくのでしょうか。
てんとう虫が何かを教えに来てくれたのかもしれませんね。
生きていること、いのちに感謝☆
by bodyuniversal | 2009-11-22 23:11 | Comments(0)

ウトコ ディープシーセラピーセンター

b0101106_9437100.jpg高知でのワークショップが始まる前に訪れた場所がありました。それは『ウトコ ディープシーセラピーセンター&ホテル』。いつもお世話になっているSpiritual Living かのんの広実さんが先日行ってとってもよかったと紹介してくださった場所。偶然にもその場所がワークショップの行われる室戸岬の近くにあると分かり、何とか時間を作って行くことにしました。
この『ウトコ ディープシーセラピーセンター』はシュウ ウエムラ氏によってプロデュースされた、海洋深層水を使ったタラソテラピー施設です。海洋深層水とは太陽光の届かない水深200mより深いところにある海水のこと。そのような深海の水は、汚染がなく、清浄性が高いだけでなく、表層の海水に比べてミネラル成分が豊富でバランス的にも優れているのだそうです。

ここで行われるディープシーテラピーとは、水深374mから取水される海洋深層水を用いて行う自然療法で、フランスのタラソテラ ピー(海洋療法)をもとに開発されているそうです。本来タラソテラピーの目的である、生命の起源である海の恵みを体内に取り込み、身体の自然なバランスを取り戻すことに加え、ディープシーセラピーでは表層水ではなく、室戸の海洋深層水を使うことで、「深海の力で人間がもともと持っている美しさと健康を引き出していく・・・」という理論に基づき、タラソテラピーを超える深い海の力が期待できるのだそうです。(ディープシーセラピーセンターより引用)

b0101106_10213472.jpg以前から皮膚が敏感な私は海水に身体を浸すたびに状態がよくなるのを実感していたので、とても楽しみにしていました。まず驚いたのが、このプール。体温よりも少し温かいこのプールは、身体がとっても浮くのです。普段の海よりも浮力が強い感じです。力をいれずにいるといつまででもプカプカと浮かんでいることができます(笑)。もう浮かんでいるだけで幸せになって顔も緩んできます。この温かな海水のというのは、私達がお母さんの羊水の中にいたことを思い出させるのか、それとも太古の昔海に住んでいたときのことを細胞が思い出させるのか、私達をとても平穏で幸せな場所に連れて行くように思います。
その記憶とともに思い出したのが、WATSU。ハワイでの素晴らしい体験をしてからというもの、プールに行くとお互いにWATSUを試すようになってしまった。Mはとても上手い。本当はやったことがあるのではないかと時々錯覚しそうになる。ここは特に浮きやすいので、WATSUにはぴったり。身体も脳もとろけていくような感覚・・・。随分緩んできた。
そしてこの日に選んだジェットバスとアルゴパックを受けた。アルゴパックをした後はお肌がつるつるでした。そして海洋深層水をことあるごとに飲んでいるためか、代謝がよくなってきて、デトックス効果も期待できそうな感じ。すべてのコースが終わった後、身体はぽかぽかして、芯から緩んでいた。このままお昼寝をしてしまいたい・・・そんな感じだった(笑)。
その後はホテルのレストランでお食事をいただきました。海を見ながらの食事。これがまたやさしい味でとってもおいしい!地元で取れた新鮮な食材をそのまま使っている感じがして、お腹もとても満たされました。
とても短い滞在でしたが、とても満喫しました。ぜひ高知、室戸方面に行かれるときはチェックしてみてください。


ウトコ ディープシーセラピーセンター&ホテル
by bodyuniversal | 2009-11-14 13:26 | Comments(0)

観音力展 ~奇跡の輝き~

b0101106_19191644.jpg『観音力カード』の草場一壽さんが大阪で陶彩画展『観音力展~奇跡の輝き~』をやっていたので見に行ってきました。
初めて見る陶彩画。何度も何度も焼成を繰り返し作られ、二度として同じ色が生まれることはないそうです。それぞれの作品の優しい色づかいに惹かれます。今日はこの『開く』という作品に目が行きました。
いただいたチラシに素敵な言葉が書かれていたので、引用します。「花ひらく、心ひらく、運ひらく、天地ひらく、夢ひらく、道ひらく それぞれの想いが開きますように」
今日は11月11日。以前アパレシーダが来日したときに11月11日は柱が2つ立っていて(視覚的にそう見える)ゲートが開かれている日だと言うことを話していたのを覚えています。今年は2009年で2と9を足すと11ですし、ちょうど私がこの個展の場所を訪れていたのも朝の11時11分ころ(笑)。そんなこともあってこの『開く』という作品に惹かれたのでしょうか。
この個展15日までGALLAERY NAMBAN(阪急中津駅近く)で行われています。ぜひご興味を持たれた方は訪れてみてください。

ギャラリー真名井のサイト
by bodyuniversal | 2009-11-11 20:00 | Comments(6)

空海の辿った道

b0101106_15541248.jpg高知へはMの仕事もあって、チベットで僧侶として修行を続けてこられた、バリーさんのワークショップに参加した。空海が悟りを開いたとされる洞窟を始め、室戸岬周辺にある四国巡礼のお寺を歩く瞑想をしながらたどって行くというもの。
初日は皆で朝日を見に行くところから始まった。朝の空気は澄んでいて気持ちがいい。ひとりひとり好きな岩場に腰をかけ、朝日が昇るのを待つ。太平洋の海と巨岩が並ぶ海岸線。波の音以外は何も聞こえない空間。こんな時はいつもこころが静かだ。
歩くことを始める前に、バリーさんが「今日はいいとか悪いとかとジャッジする(裁く)こころをこの部屋に置いていってください」とお話になった。このジャッジすることをやめるのは本当に難しい。普段から頭の中で常にいろいろとやっているからだ。でもやめようともがけばもがくほど、その中に巻き込まれていってしまうので(笑)、やっていることに気づいたら、「やっていた」と認め手放していく。瞑想と同じ。考えないで空になろうとすればするほど、その考えに捕まってしまう。気づいたらただ呼吸に意識を向けること、向けなおすこととペリーはよく言っている。単純なことのように見えて、ただ呼吸に意識を向けていることは結構難しい。別のことを考えている自分に気づいたら、呼吸に戻る、それの繰り返し。
でも、不思議なことに自然を前にすると思考がすーっと消えていく。頭の中であれこれと考えることが減ってくる。ただそこにいる感じ。
「この瞬間にいる」ということを自然がそのままの姿でそこにあることで、教えてくれているのだろうか。そんなときはいつもよりこころがオープンで、大きな視野で物事を見渡せている気がする。
b0101106_20463384.jpg空海が悟りを開いたといわれる洞窟に皆で行った。左側が住居として使用していた「御厨人窟」でここから見える風景が空と海のみだったので、空海と名づけたといわれている。向かって右側に神明窟があり、ここで宇宙の象徴である虚空蔵菩薩(明星)と一体化する神秘体験を得たといわれている。その神明窟で皆で瞑想をした。いつもよりもずっと深いところに入っていった。そしてエネルギーが身体を駆け巡っていた。この日の中で特に深い体験だった。きっと一日瞑想ということを意識し歩いていたせいもあったのかもしれない。空海が悟りを開いた場所でこんな機会を作ってくださったバリーさんに感謝です。(ひとりではあの場所で瞑想をする勇気はありませんでした、笑)
自然の中を歩くということは、こころをすーっと穏やかにしてくれます。ちょっと続けてみたいと思っています。

朝日が昇るときに「御厨人窟」から撮った美しい写真があります。よかったらこちらも見てください。「高知にて」のタイトルのところです。

*上の写真は室戸岬の灯台から取った朝日(日の出からはだいぶ経っています)
*下の写真は夕方「御厨人窟」から太平洋に向かって撮ったもの
by bodyuniversal | 2009-11-10 20:09 | Comments(0)

高知です

b0101106_7131485.jpg昨晩車を走らせて、高知に着きました。明石海峡大橋を渡るときにちょうど橋がレインボーに変化したところだったので、写真を撮ってもらいました。何度も渡っている橋ですが・・・きれいですね。
by bodyuniversal | 2009-11-05 07:20 | Comments(0)

BODY UNIVERSALの新しいウェブサイト

b0101106_045728.jpgあっという間に11月に入りました。あと2ヶ月で今年も終わり。皆さんにとってどのような1年だったのでしょうか?
私にとってもこの一年はいろいろと変化の年でした。その変化のためなのか、今まで使用していたBODY UNIVERSALのHPがとても古く感じていました。変更をと思いつつ、重い腰を上げるまでに時間がかかりました(笑)。
昨日の夜遅くにやっとある程度の形になりましたので、早速アップしています。まだ完全ではありませんが、少しずつ作っていこうと思います。どうぞよかったら訪れてみてください。
ご意見、ご感想などよろしければぜひお聞かせください!
これからもどうぞよろしくお願いします☆


BODY UNIVERSALのサイト
by bodyuniversal | 2009-11-01 23:55 | Comments(6)