<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

観音力カード

b0101106_10342620.jpg待ちに待った観音力カードが手元に届いた。先日のGODDESS NIGHTに参加をしてくださったKさんが東京のギャラリー真名井で草場一壽さんの陶彩画を見られて、ポストカードを私達にお土産に持ってきてくださったのがきっかけでした。
実は私もある雑誌に草場さんの作品が載っていたのを見たことがあって、あまりの美しい色使いに目を奪われました。すっかりそんなことを忘れていたのですが、Kさんが持ってきてくださったカードとチラシを見て、この絵は見たことがある!と思い出したのでした。
「観音力」とは”観音する力”であり、感(観)じることへの挑戦なのだそうです。
(以下観音力のサイトより)
~それは、頭で考えて判断することとは対極なところにある「心の目で観て・心の耳で音を聴く力」のことです。この「観音力カード」は、現代社会の中で軽視され置き去りにされつつある『心で感じること』の重要性に着目し、本来誰もが持っている宇宙の叡智とも繋がる「観音力」を呼び覚まし、自分自身と対話し、それぞれの幸せへの導きや、自分を信じる力を取り戻すための“感(観)じることへの挑戦”をコンセプトに創られた、特別なカードです~
b0101106_10523718.jpg観音力のサイトでもカードが引けるようになっています。私が一番初めに引いたのは上記の「普賢菩薩」でした。実はゆっくりとメッセージを読もうと思って置いていたら、いつの間にかPCがシャットダウン(涙)。気を取り直して、もう一度引いてみると・・・・また同じカードでした。何か私に伝えないといけないメッセージがあったのでしょう(笑)。サイトでは細かいメッセージの文章が読めないようになっているので、本物のカードの到着を楽しみにしていました。メッセージの内容は・・・あるがままであること。今自分に出来ることを発揮していくことが世の中のためになり、自分自身の幸せにもなるとのことでした。なかなか勇気付けられるメッセージでした。
そして、実際に初めてカードとして引いたのはピンクのカードの「夢風」でした。今は自分の道に集中すること、その道を極めて行くことが後にたくさんの人々のためになる、光のほうへ、より大きな喜びの道へというメッセージでした。
このカード。本当に見ているだけでも飽きないほど美しいです~☆次回のGODDESSの集まりに持っていきますね。お楽しみに。

*ギャラリー真名井のサイト
by bodyuniversal | 2009-05-28 12:07 | Comments(2)

アンマのダルシャン(抱擁)☆

b0101106_20223113.jpg先日、アンマのダルシャン(抱擁)を受けに行ってきました。今年で3回目の神戸での開催。
アンマのお世話役のおひとりであるRさんの紹介で、初めて神戸に来られた時、ボランティアをさせていただいたのが始まりでした。
アンマは来る人、ひとりひとりを愛を持って抱きしめます。その間は食事もとらず、休憩も取らず、ただただ抱きしめるという行為を続けられます。37年間もの間、世界中でこのダルシャン(抱擁)を行い、2800万人以上の人々を抱きしめてこられたそうです。
3年前、初めてアンマが神戸の会場に入って来られた時、 その姿を見た瞬間、熱いものが目にこみ上げてきたことを覚えています。また彼女にダルシャンをしていただいた後、しばらくしてからハラハラと涙がこぼれてきました。ただただ深くて大きなエネルギーに包まれ、ボーっとしている私がいました。あまりに大きな愛にに包まれ、何が起こったのか頭で理解できなかったのだと思います。
ただその人を、その人として包み込む懐の大きさ、深さ、愛情の深さ。その体験は言葉では言い尽くせないものがあります。

アンマの素晴らしい言葉の数々を見つけましたので、皆さんと共有したいと思います。
(日本の公式サイトより)

「瞑想と聖典を学ぶことはコインの裏表のようなものです。
けれども、そのコインに刻まれるものは無私の奉仕です。
そして、それがコインに本当の価値を与えているのです。
私たちの思いやりと無私の行為は真理の深みへと私たちを連れて行きます。
無私の行いを通して私たちは真の自己を覆うエゴを消し去ることができます。
無執着、無私の行為は私たちを解放へと導きます。
そのような行為はただの仕事ではなく、カルマ・ヨーガ(行いを通して自己実現する探求の道)となります。」

「真の自己を知ることによって、私たちは人生から何も得ることがなくとも満たされるのです。人生は完全になります。」

「同じ病気の患者でも、医者が体質に合わせて処方する量を変えたり、薬を変えたりするのと同じように、霊性の師もまた同じ目的を目指す人々に違う方法を処方するのです。スピリチュアリティは人生の実践的な科学です。それは、私たちを自己実現の究極のゴールへと連れて行くことはもとより、世界の性質を教え、人生をいかに理解し、最善の方法で人生をフルに生きるかを教えます。」

「愛だけが唯一、この世界の傷を癒す薬です。万物において、全てを結び付けているのが愛です。この意識が私達の心のうちで確かになれば、あらゆる不調和は消え去り、ただ平和に満ち足りるだけになるでしょう。」

アンマがダルシャンという行為、そして彼女自身の存在を通して、私達に教えてくださったことを少しでも日々の生活の中で実践していけたらと思います。
by bodyuniversal | 2009-05-26 22:24 | Comments(0)

メディスンカード 

b0101106_22184844.jpg先日のGODDESS NIGHTの夜、久しぶりにメディスンカードを引いてみた。このカードからのメッセージはいつもとても深い。メッセージの奥深さにいつも驚かされるカードのひとつ。
そして、その夜出てきたのは『ハミングバード~喜び~』だった。実はこのカード、私が初めてメディスンカードを引いたときに出てきたもの。その後、何回か出てきているけれど、とても縁が深いカードだ。改めてメッセージを読み直してみると、胸に響く言葉がたくさんあった。(長文ですが、ここに載せることにします。)

『44 ハミングバード』
ハミングバードはゴースト・シャツ(Ghost shirt)信仰と関係が深い。ゴースト・シャツ信仰とは、「特別なダンスを正しく踊ると、動物たちが戻り白人がいなくなる」という教えである。私達の祖先は、伝統的な生き方が与える喜びを知っていた。マヤの教えによれば、ハミングバードは黒い太陽と第五世界に通じる鳥だ。ハミングバードは「二反律」の謎を解くメディスンを運ぶ。ハミングバードの歌は、花のメディスンを目覚めさせる。ハミングバードのさえずりは、純粋な喜びの波動だ。ハミングバードに密を吸われて花は受粉する。だから花はハミングバードを愛する。植物達はハミングバードがいるので花を咲かせ、生き続ける。
ハミングバードは前後左右どちらにも飛べる。空中の一点に静止するごとく浮いてもいられる。グレート・スピリットはハミングバードを、他の翼ある者たちとは少し違えて創ったのだ。
だからハミングバードの羽は愛の「まじない」に用いられた。愛の「まじない」はハミングバードだけが授かったメディスンで、その羽は人の心を開くという。開いた心、愛の心がなければ、花の蜜も生命の喜びも本当に味わえはしない。ハミングバードは美しい花から花へアッと言う間に飛び移る。花のエッセンスを味わい、花の色を周囲に振りまく。人生は「お楽しみ」で一杯の不思議の国だとでも言いたげだ。
あなたがハミングバード・メディスンの持ち主なら、人生と人生が与える喜びを愛する人だろう。あなたがいると、周囲の者たちも楽しくなる。あなたは人と人を結び、最良の実りを生む人間関係を築く名人だ。「美」のあり場所を本能的に知っているから、例え長い道のりだろうと理想に向かって旅をする。美しい環境の中を苦もなく飛び回り、他の者たちにも人生の甘い蜜が味わえるよう手助けする。金の花と銀の花、真珠や宝石で繊細な細工を施した「美」の弓を、ハミングバードは携えて飛ぶ。醜悪や害毒を好まず、不調和音からは即座に飛び立つ。b0101106_23334213.jpg
今日のカードにハミングバードが飛んで来たら、歌うように笑って、創造主がくれるたくさんんお贈り物を楽しむ準備をしよう。批判的な態度を捨ててリラックスしよう。ハミングバードはあちらこちらと目にも止まらぬ速さで移動して、あなたの精神に「活」を入れる。今まで体験したことのないエネルギーの爆発に、頭がクラクラするかも知れない。ハミングバードは宇宙の音楽を聴き、その音楽に和音を奏でる。ハミングバードに誘われて、美術館やコンサートに行きたくなるかも知れない。ハミングバードは最高の「美」に向け突進するのだ。ハミングバードの前では粗野な行為は慎もう。ハミングバードのメディスンはとても壊れ易くて、世俗的な事情に疎いかも知れないからだ。ハミングバードが目指すのは「美」であり、その使命は「喜び」を周囲に撒き散らすことだ。それができないと、ハミングバードは壊れてしまう。捕らえられ、鳥籠に閉じ込められるとすぐに死ぬ。
ハミングバードに従えば、やがて喜びの「二反律」があなたを満たす。そしてあなたは、「生きる」という魔法の意味を書き換える。(メディスンカードより)

最近感じていることに少し後押しをもらうようなメッセージの数々だった。「捕らえられ、鳥籠に閉じ込められるとすぐに死ぬ」の部分は妙に納得してしまう私がいて、思わず笑ってしまった(笑)。私達はわかっていないようで、ある意味、決められた道を歩いているのだろうか・・・。
by bodyuniversal | 2009-05-19 22:22 | Comments(0)

GODDESS NIGHT ~許し~

b0101106_11521094.jpg昨日のGODDESS NIGHTの余韻がまだ続いているようだ。
ここ数日、頭の中でいろいろな考えが廻っていて、何となくいつもと調子が違うなあと思っていた。落ち込むという感じではないが、落ち着かない、どっしりと構えていない、そんな感じだった。
昨日のGODDESS NIGHTのテーマは『許し』。曲を決めながら、数日前に出てきたテーマだった。『許し』と聞いて皆さんは何を思い浮かべるだろう。誰かからの許しを求めたり、誰かを許したり、何かに対して許可を与えたり・・・何がでてくるだろうか。私の昨日の許しのテーマは自分自身に対してだった。私が私らしく生きることへの許し。愛と喜びの中に生きることへの許し。簡単そうに見えて、ここへ到達する道のりは長い。ややもすると自分の中の不安や心配にコントロールされ、違う道を歩むことになる。
そしてそこにやってきたのが『LAKSHMI』の女神カード。やはり、これでいいのだ・・・。これがカードを見たときに私が感じたことだった。彼女からのメッセージは「Bright Future、明るい未来」。不安や恐れを解放し、ポジティブな思考や意図をもち、明るい現在と未来に意識を集中すること。必要なものはすべて与えられることなど、まさにそのとき必要としていたメッセージだった。そして輪の中でのシェアリング。みんなひとりひとりの言葉が自分にも当てはまり、その場に集まった人たちとの繋がりを感じる瞬間。
踊り終わった後のシェアリングは特別だった。みんなが踊る中で感じたこと。それは頭の中で考えたものとは違う深い深い部分からやってくる言葉の数々だった。ひとつひとつの言葉が、こころに、そして身体に染み渡る。
昨夜も美しい輪の中で表現された私達ひとりひとりの美しさ、そして深い部分からやってくる叡智。これらを他の誰でもなく、自分自身の中にあることを忘れず、自分を信じ、一歩一歩進んで行けたらと思う。
by bodyuniversal | 2009-05-18 13:13 | Comments(0)

世界にひとつだけのカードケース

b0101106_2281794.jpg先日、素敵なものが届いた。
ハンドメイドのカードケース。作ってくださったのは『KAWAE』のHさん。あるイベントで飾ってあった彼女の作品達に一目惚れ。ほかにもいろいろと作品はあったのだけれど、その時の私にとっては彼女の作品しか目に入らなかった。何だかその周りだけキラキラしているものがあった☆
Hさんは、ひとりひとりに会ってお話をし、その人のイメージで作品を作っていらっしゃる。世界にひとつだけしかない私だけの作品。どんなものが出来上がってくるかは完成までのお楽しみ。
初めてHさんにお会いしたときドキドキしたのを覚えている。私がオーダーしたのは、名刺を入れるカードケース。革の色は始めから何となく白と決めていた。その他は、手とHさんの作品の中で好きだった丸い金色の星をできたら入れてほしいとお願いした。後は仕事の話とか、その当時(今もだが)夢中だったハワイの話や自然の話をしたのを覚えている。
そして出来上がったのが、この写真のもの。私のブログからラナンキュラスのお花も入れてくださった。手からいろいろなものが作り出されているようで、自然の要素がたくさんあって、それが循環しているようで、そして全体が繋がっているようでもあり、何とも素敵。そして、楽しいのが質感。ひとつひとつ異なった質の布が使われているので、これを指で触って感じたり、カッティングされ、ステッチが入っている革のを触れるのもなかなか楽しい(笑)。子供心に戻してくれる瞬間。
あまりに綺麗なので、そのまま大切にとっておきたい気もするけれど、やはり使ったほうがいいのだろう。使い切った後は、額に入れて飾ったりできるようにもしてくださるようなので、その時はそれでお願いしようかなと思っている。それまでは、大切に、大切に使うつもり。(このケースに入れてもいいような素敵な名刺を作るのが先かな・・・)
Hさん、素敵なカードケースをどうもありがとうございました!本当素晴らしいお仕事だと思います。これからもますます素敵な作品を作り続けてください☆

『KAWAE』
素敵な作品がたくさん載っています!ピピと来た方はどうぞオーダーなさってみてくださいね。
by bodyuniversal | 2009-05-11 22:22 | Comments(0)

つながり

b0101106_20494070.jpgGW中にハワイのワークショップに来てくださった皆さんと再会した。とても素敵で美しいゴッデス達。今回の旅行を通して、彼女達は私達にとってとても大切な存在になった。ひとりひとりが個性的で、それぞれの美しさを持っている。思いやりの心を持ちながら、必要以上に気を遣うこともなく、とても居心地のいい関係。それでいながら深いところで繋がっているという安心感・・・。家族のように大切な仲間達。
GODDESS NIGHTしかり、今回のハワイの旅しかり、私達はこんなにも素晴らしい関係を作ることができるということを教えてもらっている気がする。ひとりひとりがキラキラと輝いている瞬間にそこに一緒にいることができるという喜び。言葉では表現できない深い深い体験をその場にいる人と共有できる喜び。ただそんな時間を共に過ごしたということが、私達の関係をさらに強く、深くしていく。人とのつながり・・・その中で私達はたくさんのことを学んでいる。
by bodyuniversal | 2009-05-09 09:09 | Comments(0)