<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

WATSU 満月の夜に

b0101106_883942.jpg15分の体験セッションで思いがけない経験をした私たちは、即フルセッションの申し込みをした。私の予約は次の日の夜9時からだった。その日は満月。何ともいいタイミングだった。
予約時間前にプールサイドにあるジャグジーで身体を温め、リラックスする。曇っていたので月を眺めることはできなかったけれど、明かりの少ないプールサイドには満月特有の満ち足りた空気が立ち込めていた。期待に逸る気持ちを抑えながら、WATSU用のプールに向かった。
そこには、60分のセッションを終える直前のマイケルの姿があった。彼の周りには平和で満たされた、穏やかな空気が流れていた。まるで赤ちゃんが母親に抱かれているような、または私たちが母親の胎内にいたときのような、あの感じ。2人の間にはとても美しいものが流れ、時間と空間の軸が歪んでいるようだった。
私はその空間を変えないように、そっとプールの中に入った。私の番がやってきて、Sarahが「Under water(水中の)WATSUがあるけれど、それもセッションに入れる?」と聞いてきたので、お願いすることにした。そしたら、どこからかシンクロのときに使うような鼻を押さえるクリップを出してきて、それを鼻にとめ、沈むように言われた。何のことやら意味がよくわからないままに身体を沈められる。しばらくして苦しくなってきたので、口からぼこぼこと息をすると彼女が引き上げてくれた。「水の中でもリラックスして、パニックを起こさずにいるのは素晴らしいわ・・・」とか言いながら。やっとこれはセッション前の準備だったのだと理解した(笑)。
セッションが始まり、私はただただ深い呼吸を続けながら、身体をSarahに預ける。目を閉じ、呼吸と共に身体を感じていると、わけもなく楽しくなってくる。自由自在に動かされるままに動いている私の身体。ここがプールの中なのかどこなのかもわからなくなってくる。ただ心地のいい感覚に身を任せ、ゆらゆらと水の中を漂う。
b0101106_10255164.jpg途中何度も目に熱いものがこみ上げてきたのだけれど、ここで涙を出すとunder waterになったときに息ができなくなるから、と冷静に考えている私がいた(笑)。そして、Sarahが私の手に何かを握らせる。それはセッションが始まる前につけた鼻クリップだった。それを私の鼻に付け、手を2回軽く握られる。しばらくした後、私の身体が水の中に・・・そして呼吸と共に引き上げられる。何回かそのようなことが繰り返され、手を握るのが、沈む前の合図だと理解する。普段言語によって用を足している私たちにとって、そういった方法で物事を伝えられるのはとても新鮮だった。幼児が母親とのコミュニケーションを学ぶような、言葉の通じない動物と意志を伝えあうときのような、初歩的で、原始的だけれど、とても親密な関係がそこにはあった。
under waterでのWATSUは予想もできない動きの連続で、こころの中で「わあ~!どこにいくの~?うわあ~!」などと叫びながら、水面に出るたびに笑ってしまった。水中では目を閉じていたこともあり、空間を捕らえる感覚がまったく働かず、自分の身体がどうなっているかもよくわからなかった。次にどうなるかわからない怖さを感じながらも、動かされるままに動かされていると、そこには無限の空間が広がっていた。
そして気づいた。私たちが生きている世界も同じなんだと言うことを。私たちが気づいていないだけで、私たちの周りには既に枠のない自由な空間が無限に広がっていると言うことを。そして、予想できないものに怖気づかず、力まず、流れに身を任せているだけでいいのだと言うことを。『FLOW(流れに身を任せる)』の本当の意味を身体の細胞ひとつひとつに教えてもらった気がした。
水中でのワークが終わり、水面に顔を出したままのワークに戻ってきた。始まったときよりも随分身体が緩んでいるのがわかる。呼吸もますます深くなっている。セッションが終わりに近づき、足の浮き輪をはずし、背中をプールの壁にもたれかけさせられた。Sarahにありがとうと言おうと思ったのだけれど、身体の中である反応が起こっているのに気づいた。目を閉じたまま、その反応に意識を向ける。意識を向けたまま呼吸をしていくと、どんどんとその形が明らかになってきた。胸に丸い塊のようなものがつっかえていた。そこに自分の手を置いてただただ感じていた・・・そして、突然涙が噴出してきた。そこには子供のように声を出し、大粒の涙を流し、泣いている私がいた。
またひとつ、大きなものを手放したのかもしれない。
満月の美しい夜に、そして何よりも愛に満ち溢れる手を持ったSarahに感謝☆
by bodyuniversal | 2009-04-24 11:44 | Hawaii | Comments(0)

WATSU

b0101106_1835553.jpgKALANIで素晴らしいボディワーカーに出会った。彼女の名前はSarah。水中でのボディワーク『WATSU』をやっている。
『WATSU(water shiatsuが語源の造語)』を受けるのは初めてだった。参加者のひとりが体験セッションを受けたいと言ったことから、皆で体験することに(笑)。
KALANIには普通のプールとは別にWATSU用の大きな円形のプールがある。屋根があり、水温は体温くらいに温められている。自分のセッションの時間になったので、プールに向かった。外で待っているとSarahがプールの中に入るよう目で合図をした。私の前のマイケルが受けている途中だったので、静かにそっと入る。
入って驚いた。何ともやわらかく美しいエネルギーがプールを取り囲んでいた。水の中に入って待っているときから幸せを感じるようなそんな感じ・・・。マイケルのセッションが終わった。プールの壁を背にして立った彼の顔は明らかに違っていた。とてもリラックスしていて、光がさしていて、キラキラしていた。15分の短いセッションの間に素晴らしい体験をしたことは明らかだった。
そして私の番に。正直、私はあまり水の中は得意ではない。というか、大人になってから水とあまり親しい関係を築いてこなかったので、怖さがどこかにある。そんな心配をよそにセッションが始まった。足に浮き輪のようなものを付け、私の身体を浮かばせる。その感覚が楽しくって、先ほどまでの心配がどこかに行ってしまった。プールの中で浮力を使いながら、ゆらゆらと揺らされたり、ストレッチのような動きをしたり、もう完全に彼女に身体を預け、なされるがままだった。彼女は触った瞬間から信頼できる素晴らしい手を持っていた。私はただ深い呼吸をしながら、なされるがままに動いている自分の身体を楽しんでいた。あまりに楽しくって、何度もスマイルを浮かべたほどだった。そうしていくうちにどんどんと身体も、そして脳も緩んでいくようだった。脳みそがトロトロに溶けて、水と私の境がないようなそんな感じだった。
プールの壁に背を持たれ掛けさせてもらい、セッションの終わりを告げられたけれど、なかなか目を開けることができなかった。とても深い呼吸を続けて行っていたせいもあり、手足の先が少ししびれていた。水中で自分の足で立つこともままならず、しばらくの間マイケルに支えてもらっていた。私の身体の中で何かが起こっていた。それを呼吸とともに味わっていた。ゆっくりと、ゆっくりと呼吸を入れながら身体を感じていた。
b0101106_8363852.jpgやっと目が開けられたとき、完全に私は緩んでいた。ボーっとして何も考えることができなかった。ただ15分の間に思いもしなかった素晴らしい体験をしたことだけは明らかだった。
セッション後、彼女がこんなことを言っていた。「私は朝から夜11時くらいまで立て続けにセッションをしたことがあるの。」それは大変ではなかったのかと聞く私たちに「でも、私はこの仕事を愛しているから。」・・・その瞬間、彼女のWATSUに対する愛情がぐわ~んと私のこころまでやってきて、思わず涙が出そうになった。そして、ああこの人は心底この仕事を愛しているのだなあと思った。そして私のエサレンの先生である、ペリーが昨年のワークショップのときに言っていた言葉を思い出した。
『ミルトン・トレガーもその一人だが、僕が彼をすばらしいと思ったのは彼が自分のしていることをとても愛していて、その愛が彼の手を通り、そしてクライアントの身体へと伝わっていっていたことだ。』
『手技において、もっとも重要なのは手技、テクニックではなく、あなたがそれを好きである必要がある。(好きであるとそこに愛が流れていく。)』
久々に思いもかけないところで、素晴らしいボディワーカーに出会ってしまった(笑)。

昨年のペリーのワークショップでの言葉
by bodyuniversal | 2009-04-23 08:42 | Hawaii | Comments(2)

Hawaiiから帰りました

b0101106_1915315.jpgHawaiiから戻り、セッションを再開しています。今回のHawaiiの旅はとても濃い体験の数々でした。今は言葉として表現してしまいたくないくらい貴重な時間を皆さんと共に過ごさせていただきました。
今回参加してくださった皆さんとはとても強い繋がりを感じる旅でした。皆さんそれぞれが相手を思いやり、気遣い、助け合ってくださる姿を目にするたびに感謝の気持ちでいっぱいでした。
家族のように濃密な時間を過ごしたので、ひとりで過ごす日本での毎日はちょっと寂しくもあります。おひとり、おひとりが私たちにとってとても大切な存在になっていたようです。
このような時間は、きっと次回同じメンバーが集まって、同じことをしたとしても再現されることはないと思います。しかし、あの一瞬、一瞬を共に過ごしたあの感覚は今でも、そしてこれからも私のこころに大切に刻まれ、残っていくことと思います。温かく、満たされた、幸せな気持ちとともに、永遠に。
by bodyuniversal | 2009-04-19 19:19 | Hawaii | Comments(0)

Hawaii☆

b0101106_6232512.jpgHawaiiに来ています。
さわやかな風と青い空、鳥のさえずり、葉が風揺られてざわざわと揺れる音・・・。
ただそこにいるだけで、こころと身体が満たされていきます。
今日はお昼からハワイ島に向かいます。今回はどのような旅になるのでしょうか。楽しみです。
by bodyuniversal | 2009-04-07 06:33 | Hawaii | Comments(0)

素敵な夜☆

b0101106_12212185.jpg東京に来ています。昨夜はINDIGOのRachel Briceのベリーダンスのショーを見に行ってきました。これも不思議な流れでした・・・☆
つい数ヶ月前までは名前も知らなかった、Rachel Brice。ベリーダンススーパースターズのメンバーだと言うことさえも知らなかったのですが・・・。あるとき彼女の踊っている映像を見て「この人誰だろう、とっても気になる。」と思ったときから流れが急に展開していきました。何といつもアパレシーダのワークショップでお世話になっているMisaalがRachelのワークショップやショーをオーガナイズなさっているのがわかり、展開の面白さにひとりでワクワクしてしまいました(笑)。自分の視点を少し変えるだけでいままで見えなかった世界が新たな形で広がっていくことがありますね。面白いです。
昨夜はMishaalやその他アパレシーダのワークでお会いした何人かの方々とも再会することができて、何だかとってもうれしかったです☆
ショーに出ている皆さんも素敵でした。やはりRachelは出てくる瞬間から、漂わせているものが違いました。歩いているのを見るだけで、鳥肌が立ってゾクゾクしました(笑)。何だか新たな刺激を受け、とても楽しい夜でした。
本日よりHAWAIIに行ってまいります。メールのお返事に少しお時間いただくこともあるとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Rachel Briceのサイト
Rachelの動画You Tubeより
by bodyuniversal | 2009-04-05 12:15 | Comments(0)

Walking by the river, listening to Van Morrison

b0101106_22333866.jpg先日ipodでVan Morrisonを聞きながら夙川沿いを歩いていた(Mに影響され・・・笑)。
雨上がりの朝だった。雨上がりのちょっと生ぬるい湿った空気の中にも、甘い花の匂いを感じ、川沿いの桜が芽吹き、花が咲きかけている様子を見ながら、春を訪れを感じていたその瞬間・・・。その一瞬、時間が止まったような、ゆっくり動いているような錯覚に陥った。
そして次の瞬間、私の周りにある草木、花々、川、自然、そこにあるものすべてがそのままの形で美しく、完璧で光り輝いていた。その姿を目にした途端、涙があふれていた。そして、次の瞬間、私も、私の人生もすべてこの中に属していることがわかってしまった。理屈抜きに、わかってしまった・・・。その後は、涙、涙、涙だった。もうあふれ出した涙は電車の中でも止まらなかった。
最近いろいろなことが起こっている・・・。
GODDESS NIGHT、マイケルのブログの翻訳、音楽、自然。すべてのものが、あらゆることを教えてくれている。これがもしかしたら、アパレシーダの言っていたことなのかもしれない。ダンスの集まりはすごいのよと。踊っているその瞬間の体験の深さだけでなく、どんどんと波紋を広げていくのだきっと。私たちの人生の中に。

『Leaf』 昨年のハワイにいるときにやってきたお話しです。春の訪れを記念して☆
by bodyuniversal | 2009-04-01 23:33 | Comments(2)