<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

甲山へ

b0101106_2254356.jpg昨日東京のアパレシーダのワークショップでお友達になったEちゃんが関西に遊びに来たので、会うことになった。このあたりでどこに行ったらいいかなと思いつつ、当日までアイデアが浮かばなかったのだけれど、最後の最後で、『甲山』と考えがやってきました。
きっとBODY UNIVERSALのサロンに来ていただいたことのある皆さまはご存知かとは思いますが、サロンから夙川を上って北側を見ていただくと兜のような形をした、頂上が平らになっている山があります。この『甲山』の名称はその形から呼ばれているという説があり、また昔は「神の山(コウノヤマまたはカンノヤマ)」だったと考えられ、信仰の対象だったといわれていたりします。
実は私、この甲山の山頂に登ったことがなく、いつも周りから眺めるばかりでした。調べてみると近くの神呪寺(かんのうじ)から登れるとのこと、さっそくEちゃんと行くことにしました。歩くこと20分、頂上に着きました。(途中とても美しいビュースポットがあります!)
b0101106_2318150.jpgそこには何もなく草が生えた広場が広がっていました。平日だったためその広場にはほとんど誰もいません。何となくいい風が吹いていたので、しばし広場で休憩・・・。ここでダンスとかヨガとかすると気持ちよさそうな感じです。それにしても気持ちのいい風。
その後パラパラと雨が降ってきたので、下山することに。バスがちょうど行ったばっかりだったので、甲陽園まで歩くことに。ふたりで楽しくおしゃべりしながら歩いていると、ふとフェンスが開いているのに気づきました。何か書いています。「甲山八十八ヶ所」・・・。私の中にあるアンテナがピピときて興味を引かれたので、入ってみることに。
中に入って歩いていくと大きな岩がごろ、ごろ、そして極めつけは巨大な卵のような形をした岩。何だかぞくぞくする感じです。そしてそこからは先ほどの神呪寺が真正面に見えます。
実はこの場所、先ほど甲山に登る途中でEちゃんと「あのあたり不思議な感じだよね。あんなに大きな岩が並んでいて。遺跡みたい」と話していた場所だったのです。b0101106_23373896.jpgそれにしても大きな岩。昔から自然にあったものとは思えません。太古の昔、そこで儀式が行われていたようなそんな感じがあります。不思議な空間。ここで、新月や満月の夜にみんなで集まって踊りたい・・・そんな感じがしました。

その後、ちょっと気になったので調べてみました。六甲山系にはイワクラ(磐座)と呼ばれる「祈りの対象となった岩石」がいくつかあるようです。日本各地にもそういった場所がいくつかあるらしく、NPOの団体が研究をなさっているようです。何だかこの場所も関係がありそうだとは思いませんか・・・。
by bodyuniversal | 2008-09-26 23:23 | Comments(0)

ペリーが残していってくれたもの

b0101106_22433432.jpgすっかりと秋らしく涼しくなってきましたね。夏が好きな私はちょっと寂しい感じがしています。
BODY UNIVERSALのサイトのスライド見ていただきましたでしょうか?去年のペリーのワークショップの模様をスライドにしてみました。今見るとまた違った感動があります。一緒に学んだ皆さんとの思い出が蘇り、幸せな気持ちに満たされます~☆
今から思えば、昨年のペリーのワークショップは私の恐怖に対する手放しの始まりだったような感じがします。以前のブログ①、ブログ②にも少し書きましたが、ペリーが私のお腹にアプローチをしたことで、私は自分の中にあったその恐怖と向き合うことになりました。その後何回かペリーのワークをエサレンで受け、そのつどやはり何ともいえない感覚が胸を上がってゆき、時には涙を流したりすることもありましたが、今では手術後の傷周りの細胞はかなりやわらかくなりました。そのような過程を経て振り返ってみると、最近では恐怖という感覚がかなり和らいできたように思います。『恐怖』とは、もちろん手術のトラウマの恐怖もありますが、将来に対する恐怖・不安、周囲に自分がどう見られているかという恐れ、そして自分の力を使うことへの恐怖・・・そういったものが少しずつなくなってきているように感じます。もちろん、いろいろと頭の中で考え出すとあれやこれやと心配にはなりますが、肝心の腹の部分といいますか、身体の部分で大丈夫だと思ってドンとしている自分がいるのです。
去年のワーク中にペリーから「これでMikaもアメリカ人だね」とちょっと理解しがたいコメントをもらったのを覚えていますが(笑)、きっとこれは自分らしくあること、周りに流されず自分の力を素直に表現していくことを言わんとしていたのではないかと思います。
私はペリーのディープボディワークを学び始めて数年ですが、最近やっとこのワークの深さというものを本当の意味で理解し始めたのではないかと思っています。このディープボディワークは細胞レベルの深い部分にまでアプローチするので、今まで意識上にも上がらず無意識の中で溜めていたものが時として現れてきます。それに対してどういうありかたをするのか、それに気づくことができるのかというプラクティショナーの質も求められます。そういった意味でも、ますます「いまこの瞬間に気づきをもっていること」というのは大事になってきます。ペリーは瞑想やヨガ、そしてダンスを通じで私たちのそういった気づきの状態を高めることを教えてくれます。最近よく思うことですが、やはり同じ道を20年、30年行ってきた先生方というのは見ている視点が違います。そして気づきのレベルも違います。また先生方が同じことを言っていても、こちらの器の大きさによってその言葉の真意というものを捉えきれるかということも変わってきます。
私自身、いろいろな先生について勉強させていただく機会が増え、そういうことが少しずつわかりだしてきました。まだまだ私の道は始まったばかりですが、一歩ずつ私のペースで進みたいと思います。これからの道がとっても楽しみです☆
by bodyuniversal | 2008-09-24 23:58 | Comments(0)

復活しました

みなさま、ご無沙汰しておりました。アパレシーダが日本を経った後、いろいろな意味の疲れで倒れておりました。今回は学びも多く、身体が消化していくのに時間がかかったようです(笑)。ワークショップや個人セッションにお越しいただいたみなさま、どうもありがとうございました。素晴らしい時間をともに過ごせたこと、感謝しております。
b0101106_21394635.jpgさて、仕事の合間にできるだけ自分の時間をとるようにこころがけ、身体の疲れをとり、学んだことをいろいろなレベルで消化させるようにしている間に素敵なお店を見つけました。
最近お気に入りで、お散歩がてらにご飯を食べに行ったりしています。身体にやさしい食材でつくられているご飯は本当においしいですね。最近メニューが変わったようなのですが、以前あったパスタもとってもおいしかったです。スイーツもお勧めです!ぜひみなさんもよかったら行ってみてください☆

come come (カムカム)
by bodyuniversal | 2008-09-19 22:01 | Comments(0)