<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Portland

b0101106_1174118.jpg現在アメリカのポートランドに来ています。実は今日着いたばかり。ポートランドは思っていたよりもこじんまりとした街でした。さっそくお出かけして、公園でちょっとボーっとしていました。緑が気持ちがいいですが、日本のようにこちらは暖かくないので、日陰に入ると肌寒い感じです。
日本時間の昨日ばたばたしていたので、お伝えしていませんでしたが、6月17日に日本に帰る予定です。皆さんにはご迷惑をおかけしますが、スキルアップも兼ねての渡米ですのでどうぞよろしくお願い致します。
by bodyuniversal | 2008-05-31 11:24 | Comments(0)

エサレンボディワーク5DAYSセッション

b0101106_8305147.jpg今年に入って突然きらっと思いついた、エサレンの5DAYSセッション。エサレンのセッションをほぼ毎週5回受けることでどのような変化があるのか、どういうことが起こってくるのかをしっかりと見ていきたくて何人かのお客様にご提案したら、するるとお申し込みいただいてしまいました(ありがとうございます!)。
これを思いついたのは、私たちがエサレンの資格認定コースで28日間エサレンで過ごすことによって、起こった変化を「ここ」つまり私たちのサロンでも行えるのかという問いかけから始まりました。
確かに28日間も毎日マッサージを受けたり、施術したりすると、身体は確実に変化が起きます。またそれと同時に自分が向き合わないといけない問題が次から次へと目の前に起こり、しっかりと向き合っていくことになります。本当は5~10日間連続でセッションを受けていただくということもしてみたいのですが、なかなか時間が取れないしということで、1ヶ月半くらいの間に5回、ほぼ毎週受けるセッションというのを行ってみました。(これが後でよい結果を生み出します。)

さっそく5回連続受けたお客様からご感想をいただきましたので、載せたいと思います。
Hさん、どうもありがとうございます!!

~~~☆☆~~~~~☆☆~~~~~☆☆~~~~~☆☆~~~~☆☆~~~

エサレンマッサージ5回連続セッションを受けて

私が集中してエサレンマッサージを受けたいと思ったのは、身体の深い凝りをもう少し軽くしたいなあと思ったのが今回のセッションを受けるきっかけでした。
しかし、5回のセッションが終わってあらためてエサレンマッサージの奥深さを感じられることがたくさんありました。では、私の体験したことを・・・
まず、このセッションを受ける前に、美香さんよりアドバイスがありました。「セッション中のことや日常に起こってくる出来事、感じたことを書き留めていてね」
そして第1回目。女神カードを引くとキーワードに『浄化』。また浄化なの~と少しガクリと思ったことを憶えています(笑)。1回目、2回目のセッションを受けている間ぐらいに部屋の大掃除をしたり、又、自分の内側を見つめる作業が始まった感じでした。
ちょうど印象的な出来事が起こったのが、3回目のセッションあたりだったと思います。
意外な所から私がほったらかしにしていたことをちゃんと向き合いなさいと思わされることがありました。思ってもみないことだったし、「今それをしなくちゃいけないの?」と私の心はいやがります。なかなか向き合うことができなかったのですが、マッサージと美香さんに話を聞いてもらいながらそのこととちゃんと向き合うぞって決めました(涙)。
そうすると意識が変化したのか?気づきが自分の中に生まれ、今度は10年来の友達との関係性が突然壊れてしまったのです。関係性はテーマにあったのですが、友達との中で現れてくるとは本当にびっくりでした。
さすがにこの時は身体も心もつらく、何かにぐるぐる掻き回されている様な感覚でした(笑)。
身体が今よりも楽になればと思いうけたはず!!あらあら肉体以外のところに働きがあり、身体と心は繋がっていると本当に実感でした!!
そしてラストのセッションのころには、私が私らしく生きていくにはこうして行けばいいのかなあという私が一番探していたことがわかったのでした。ラストにギブトがやってきました。
今回のことを少しまとめてみると、1週間ごとにマッサージを受け、自分の出来事などを美香さんに話し聞いてもらうことで、今の自分のテーマを確認、意識する→出来事が起こってくる→気づきがある→意識の変化 こんな日々の中の小さなくり返しが今回の大きな変化に繋がったのかと思います。
最後になったのですが、このセッション中、辛い時や出来事に振り回されている時、いつもそっと見守ってくれた美香さん!!何度も何度も勇気づけられました。ありがとうございました。今回のセッションはとても大きなものとなりました。どうもありがとうございました。

~~~☆☆~~~~~☆☆~~~~~☆☆~~~~~☆☆~~~~☆☆~~~

私もこの5セッションを通していろいろな体験をクライアントさんとともにさせていただきました。
当初は5回のセッションだとどこまで実感できる形の変化があるのだろうか・・・などと思ったりもしていましたが、心配はいらなかったようです。身体が緩むというだけではなく、その方に必要なことがそれぞれに起こり、皆さん本当にいろいろな気づきを得られたように思います。
いつもは1ヶ月単位で来られるお客様が多いのですが、それを1週間に短縮することによって、目の前で起こっていることに集中して注目することができ、またノートなどに起こったこと、気づいたこと、感じたことなど書き留めることによって、焦点も定まり、気づきの速度もさらに速まったのだと思います。毎回いろいろなことを気づかれていく皆さんをみて、本当にたくさんの感動をいただき、やはり私たちという存在は素晴らしいのだなあと実感した日々でした(涙)。どうもありがとうございました!!
by bodyuniversal | 2008-05-28 23:23 | エサレン | Comments(0)

Perry Holloman Deep Bodywork in Japan 2008

b0101106_235142.jpg私のエサレンの大好きな先生であるペリーが来日し、『Deep Bodywork』のワークショップを開催することとなりました。
ペリーの『Deep Bodywork』はエサレンボディワークの流れるようなストロークとディープティシュ、ロルフィングなど彼の経験を通してつくられた独自のもので、身体の深い細胞のレベルまで、ゆっくりとそして何度もクライアントの呼吸とともに働きかけていきます。その手法は身体の筋肉の解放のみだけでなく、今まで気づかずに溜め込んでいた感情、そしてエネルギーの解放へと導きます。
ペリーはプラクティショナーがどのように身体を使ってクライアントと関わっていくかということをしっかりと教えてくれますので、セッション後に身体、手首、指などを痛めるということがほとんどありません。また身体の使い方次第で、どんなに小さなプラクティショナーでもしっかりと圧をかけたままクライアントに関わる方法も学ぶことができます。
今年はペリー来日3年目となり、『Deep Bodywork』もIIIシリーズ目となりました。今回は背中、上腕、手首などを学んでいく予定です。パソコンを日常的に使われている方、マウス操作によって手首を痛められている方にはとても必要なワークになります。そして上腕部をよく使っている私たちボディワーカーにも大変有効なワークになると思われます。
ペリーのエサレン研究所でのクラスはいつも40名ほど集まり、キャンセル待ちも出るほどの人気です。ぜひ一人でも多くの日本のボディワーカーの皆様にも知っていただき、素晴らしい時間をともに過ごせたらと思っております。

詳しくはBODY UNIVERSALのサイトをご覧ください。

またワークショップの様子をこちらでご覧いただけます。

女神山ライフセンター
いつもお世話になっている長野県にある宿泊施設です。
大森経子さんの作られるお料理はこころがこもっていて本当においしいです。
11月ごろは女神山の中で収穫されるきのこ類がその日のうちに食卓にのり、
秋を味わいつくしています。
また、スタッフのみなさんが私たちのワークショップがうまくいくように陰でしっかりと支えて
くださっています。(いつもありがとうございます!)

お申し込み、お問い合わせは hello@bodyuniversal.com まで
by bodyuniversal | 2008-05-27 23:23 | エサレン | Comments(0)

久々に

b0101106_219158.jpg先月、Rue de Ryuの龍さんにお会いした。連絡を取り合ったりということはあったのだが、お会いするのは久々で、会うなり「美香ちゃん、お久しぶり~!」とハグしていただいたのはうれしかった(笑)。龍さん、ご結婚なさってからますますお美しく輝いていらっしゃる。
先日とても気に入ってしまったのは、この写真のシルクのワンピース。私の大好きな『ROSSANNAANSALONI』のもの。茶系のものもエレガントでよかったのだけれど、最近ターコイズや薄いグリーンに惹かれるので、こちらを選んだ。夏が楽しみ。
昨年のホメオパシーによる身体の大浄化から、肌に身につけるものにはとても敏感になってしまった。当時はオーガニックコットンやシルク、カシミアととてもお高い女の人(笑)になってしまって困っていた。今はそこまではいかないけれど、肌触りの悪いもの、身体を極端に締め付けるものには身体がすぐ『NO!!』のサインを出してくる。おかげで着れなくなった服がたくさんある・・・。会社に勤めていたころ、特に冬には何重にもぴっちりとしたものを重ねて着ていた。その上スーツを着ていたのだから、それだけで疲れてもおかしくない生活をしていたんだと思う。身体をキュッと締め付けることによって、こころと身体を硬くし、鎧を作っていたのかもしれない。当時は本当にたくさんの守るものがあった。こうしなくてはというこだわりや思い込み。人に触れられたくないこころの部分・・・。お昼休みにはご飯を食べずに接骨院に駆け込んだことも多々あった。(当時から身体の感覚には素直に従っていたのだと思う、笑)
ホメオパシーを始め、エサレンでマッサージを学び、いろいろなことを経験していくにつれ、段々と守るものが少なくなってきた。身体やこころを固めていたのは過去の傷や痛みを持ち続けたままでいたからだとわかり、それとゆっくりと時間をかけて向き合っていったとき、身体の変化が始まる。そしてこころも。
女性はそんなこころの変化に敏感に身体が反応していくのかもしれない。私も肋骨の辺りが以前にも増して開いてきている。どんどんとこだわりが少なくなり、自由になってきたと感じるのはそのあたりかもしれない。こだわりは自分が勝手に作り上げた『枠』だと気づくと、本当に楽になってくる。b0101106_4193710.jpg龍さんはそのあたりの身体の変化を敏感に感じ取られて、フィッティングをしてくださる。そして今後の変化も見抜かれているときがある。「きっともう少し変化なさると思うので、今これは選ばずに落ち着いてからになさった方がいいかも」とか「たぶんもう少しすると変わられると思うのでこちらのサイズでいいと思います」と変化後に合う下着を持ってこられることもある。面白いことにフィッテングしている間に変わってしまう人もいるほど。龍さんの言葉をお借りすると「本当に自分の肉体と魂に合う下着を探すのは、とても簡単なことなのです。一切サイズを測らない私の接客は、実はその人の本質にアクセスして、そこから必要な情報をもらっているのです。だから今この瞬間の肉体ではなく、その人が、近い将来還ってゆくであろう姿やサイズをあらかじめ想定した上でサイズを選んでいるのですね。そうすると肉体は喜んでそうなってくれるのです。」(右の写真: 自分の中の「きれい」が今すぐ目覚める本 より)ということらしい。またフィッティングルームの中では身体を調整していただいたり、人生相談やカウンセリング、美しさを磨くための食事方法や健康法に至るまでアドバイスなさったりすることもある。その人の魂が美しく光り輝くのに必要なものをそっとさし出してくださる龍さん、そしてスタッフのみなさんは本当にプロフェッショナルだなあと思う。
みなさんも自分の魂が求めるもの探してみませんか。

Rue de Ryu
5月大阪での販売会は今日から3日間です。大阪のヒルトンで行われています。
ピピっと来た方はぜひ一度行ってみてください。
by bodyuniversal | 2008-05-23 03:33 | Comments(0)

引き寄せの法則?

b0101106_856230.jpg昨日は東京に日帰りでした。何だか最近行動範囲が広くなっています・・・。
先日お客様に写真のパンをいただきました。天然酵母のパンです。ご自分でお作りになったそうです。それもフライパンで焼いたとか。中身がぎっしりと詰まっていて、噛むたびにおいしい味がして、香りも天然酵母のパン特有のとてもいいにおいがして、ひとつでお腹がいっぱいになりました。やっぱり天然酵母のパンってこころも満たされるんですよね~☆
実はその日の朝、りんごにんじんジュースをいつものようにジューサーで作りながら、「今日はパンが食べたかったなあ。でも、近くのパン屋さんには食べたいパンがないしなあ。」となんて思っていたのです。そしたら、朝のお客様がパンを持ってきてくださって。それも私の大好きな天然酵母のパン。しかも手作り!!実は前日お買い物に行ったときもパンを買おうと思ったのですが、好みのものがなく断念していたのです。きっと私の願いが飛んでいったのですね(笑)。キャッチしていただいたSさん、ありがとうございます、とってもおいしかったです!!
最近こんな形で、ふと思っていたことが現実化するスピードが速くなっているように感じます。(このパンは驚きのケースでしたが、笑)また、こういったシンクロニシティに注目するとますますそういったことが増えていくようです。みなさんもどんどんといいことを引き寄せてくださいね。
by bodyuniversal | 2008-05-16 09:47 | Comments(0)

仙酔島 ~朝の散歩~

b0101106_10132577.jpg次の日の朝、とても早くに目が覚めたので島を散歩することに。前日にお宿の人がこの島に来たのならぜひこの場所は行ってくださいと、島の裏マップなるものを渡された(笑)。確かにチェックインのときにもらったマップとは少し違う。
ちょっと肌寒かったが、靴を履きたい気分ではなかったので、下駄を借り外へ。キャンプ場の周りには平戸ツツジが咲き誇り、朝の清々しい空気の中うっとりとするような甘い匂いを漂わせていた。緑が生い茂る中を歩くこと30分。目の前には砂浜が見えてきた。ここは『閃きの門』と呼ばれる砂浜。「人生には幾度か大門に出逢います。そして目の前の迷いが断ち切れたとき『門が啓く』と言います。この場は左右の岬がちょうど門のように見え、この場所の中央に坐り、瞑想することで自分の役割、役目に気付きます。門の真ん中に人。閃きの場」とマップの解説にはある。お宿の人の話によるとここで瞑想すると、光り輝く五輪の輪を見られたり、龍神を見たりすることがあるらしい。
誰もいない砂浜と目の前に広がる海。しばし瞑想を。波の音と私の呼吸、とても贅沢な時間。
その後砂浜を歩いてみる。何だか歌が歌いたくなったので、ひとりで歌ってみる・・・。そしてちょと動きたくなったので踊ってみる・・・。
b0101106_11154155.jpgこころと身体が少しずつ軽くなっていく。ああなんて幸せ。顔を上げると島の上から太陽が出ていた。

この砂浜も、この島もとってもいいエネルギーで満たされている。また戻ってこよう。「おかえりなさい」と迎えてくれるこの島へ。

仙酔島
瀬戸内海にもこんな素敵なところがありました。関西からなら日帰りでも行けます。
by bodyuniversal | 2008-05-12 11:22 | Comments(0)

仙酔島 ~江戸風呂~

「人生感が変わる宿ここから」に一歩足を踏み入れると、とても懐かしいようなやわらかないい匂いと音楽。そして広々とした緑に囲まれたロビーに迎えられる。何だがわからないけれどとってもいい予感。b0101106_23241277.jpg
荷物をお部屋に置いてさっそくデトックススパハウス江戸風呂へ。江戸風呂は東洋医学の考えに基づいて作られたもので、松の薪を焚き上げてその余熱で入る蒸し風呂がメイン。ちょっと前に流行っていた岩盤浴に似ている。でもここの蒸し風呂は、ひとつひとつの部屋の中に海藻、蓬、びわの葉などが敷き詰められていたり、薪で部屋を暖めているのでそれぞれの薬草の匂いや炭のとてもいい匂いがして、そこにいるだけでも癒されてしまう。サウナのように息が苦しくなるようなこともなく、岩盤浴のように無機的な環境に囲まれるのでもなく、自然で、昔洞窟の中でそうしていたかもしれないと思わせるような雰囲気の中、隣り合わせた人とちょっとお話したりするのは心地いい。それぞれの部屋の中にその蒸し風呂の解説などが書いてあって、部屋の中にいたひとりが声に出して読んでくれたところによると、5月6日は立夏にあたるらしい。前の季節の疲れを洗い流し次の季節に備えるにはぴったりの日だったらしい。その中にいる皆が、「やっぱり呼ばれて来たのね」みたいな感じで顔を見合わせていたのは面白かった。
ひとつの蒸し風呂が終わると、シャワーを浴び次のお風呂へ入る仕組みになっている。海藻の蒸し風呂の次は胎内風呂。海水を沸かし、自然の塩分をもう少し加えて死海まではいかないけれど、ちょっと浮くようになっている。暖かいお湯の中浮き輪を頭においてぷかぷかしているのはなんとも気持ちがよかった。そしてよもぎ風呂。このころになると汗がとても出やすくなってきていた。それが終わると世界一大きい露天風呂の海へ。この日は暖かかったのだけれどやはり海につかるにはまだ冷たい。この江戸風呂の説明をしてくれた人によると肩まではつかってくださいとのことだったのだけれど、脚のふとももあたりまでが精一杯。「冷たい~!」と叫びながら出てきてちょっと砂浜を歩いていると・・・ 『ん?』 『えっ!!』 何だかからだがいい感じ。どうやら血液の循環がよくなったため、とても気持ちよくなったよう。ということで、もう一度海にトライ。今度は肩までつかりました。そしてからだに溜め込んだ電磁波などをアースするために砂浜を歩いていると、一緒に行っていたMが「何て素晴らしい一日なんだ」と海を眺めながら隣ででつぶやいていたのを聞いて、ちょっと立ちどまり周りを見渡してみると、穏やかな海、目の前に見える緑多き島々。なんて幸せなんだろうとふと思った瞬間、目から熱いものがこみあげてきた。知らず知らずのうちにからだのどこかに溜めていた緊張感がふと解けた感じだった。
このお風呂の説明を受けているときに「海のお風呂に入ると人生感が変わりますよ」と話されていたのをそこまでいうのはちょっと大げさなのではと思っていた私。しっかりとプラン通りにデトックスが進んでいる(笑)。やはり自然の力というのは計り知れない癒しの力があるように思う。透明で光る海、そして島々の緑にすっかりまいってしまった。
by bodyuniversal | 2008-05-11 23:55 | Comments(0)

仙酔島

b0101106_20313844.jpgGW中はどこにも旅行する予定はなかったのですが、いろいろな偶然が重なって、GW最終日に仙酔島(せんすいじま)を訪れました。仙酔島は広島県福山市にある鞆の浦から船で5分のところにあり、国立公園にも指定されている自然豊かな美しい島です。
あまり大きな島でもないのですが、歴代の天皇がご訪問、ご宿泊なさっていたり、蓬莱山伝説や浦島伝説があったり、宮崎駿さんが作品を仕上げるときにお篭りになられたり、龍神さまとの繋がりがあったりと、ちょっと不思議な島のようです。
今回私が泊まったのは人生感が変わる宿「ここから」というちょっと変わった名前のお宿。人生観が「感」という字が使われているのは、「感じること」「気づくこと」を通して、今まで気づかなかった本来の自分自身に気づき、新しい価値観、つまりは新しい人生観のもと再生復活をするというコンセプトがあるからだそう。何だかこれからの展開が楽しみになってきませんか(笑)?続きは明日・・・。
by bodyuniversal | 2008-05-10 21:27 | Comments(0)

GWのひとこま

b0101106_13492151.jpg長い間ご無沙汰してしまいました。みなさんGWはどのようにお過ごしになられたのでしょうか?
私はお仕事をしつつ、少しの空き時間を見つけては、家にいてはもったいない!とばかりに外へ出かける毎日でした。
これもそんなGWの1コマです。このあたりにお住まいの方はご存知かとは思いますが、BODY UNIVERSALから見える甲山の向こう側にある『カフェ・ザ・テラス』。山の上から望む西宮、芦屋の街並みは絶景です。この日はお天気もよく、外にあるテラス席でランチをいただきました。ここの風景エサレンへ行くまでのハイウェイ1にある『VENTANA』にちょっと似ています。なぜだか思い出してしまいました・・・。
この『カフェ・ザ・テラス』の周りにはいくつかのカフェ&レストランがあります。今度はまた別のカフェに行ってみようと計画中です。みなさんもお天気のいい日にぜひ訪れてみてください。ここからの景色はお勧めです。

カフェ・ザ・テラス

VENTANA
アメリカのビッグサーにあります。スパもあり、エサレンのマッサージクルーも働いていたりします。ペリーもその昔ここで働いていたとか・・・。
by bodyuniversal | 2008-05-09 14:11 | Comments(0)