「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ヴィパッサナー( 4 )

ヴィパッサナー瞑想 ④

b0101106_18531090.jpg4日目が始まった。この日から本格的なヴィパッサナー瞑想が始まる。この瞑想法がどのようなものか説明をしていなかったので、ここでコースの手引きより引用させてもらいます。

「ヴィパッサナー」とは、物事をあるがままに見ることを意味します。それは自分を見つめることによる自己浄化の方法です。瞑想は、まず精神を集中するために自然な息を観察することから始めます。意識を鋭く研ぎ澄ませ、つぎに心と体に起こっている変化を観察していきます。この自己観察を通じて、無常(すべてのものはうつり変わるということ)、苦悩、無我(不変の自我という存在がないこと)という心理を体験します。体験を通して心理を知ることが自己浄化に繋がります。この瞑想法はすべての人が直面する問題への実際的で実践的な答えであり、「宗教」ではありません。宗教宗派や人種、段階の違いに関わりなく、いつどこでも修行することができ、だれもが等しく役立てることができます。

そう、この瞑想法を午後からスタートするというその日に事は起こった。その兆候は前日から出ていたのだけれど、大きくなったのはこの4日目。講和にも1日目と4日目に帰りたくなるようなピークがあるとあったけれど、まさにそのパターンが私にもやってきた。
もうすっかりなくなって、大丈夫だと思っていたことが、再び起こりだしたのだ。
昔々、私が高校生のときに悩まされたそのこと。そのときも中々勉強に集中できなかったけれど、今度は瞑想に集中できないという形でやってきた。起こっていることをすごく意識し、反応している私。そのことがますます症状を悪化させる・・・
ああ、このパターン知っていると思い、落ち着かせるためにアーナパーナ瞑想の呼吸を強めるが、中々上手くいかない。このこととは長い間付き合ってきたので、少しは落ち着いて起こっていることに客観的になれるのだけれど、やはり完全に手放しきれない私がいる。また、このパターンがこの段階で出てきたということは、きっとこれはお試しなのだろうなということもどこかで分かっていたりする。こうやって、それぞれの弱い場所にそういうものは現れてくるのだ。それも分かっている。
それなのに、だ。もがいて何とかしようとする私もいる。そこから何とか脱することを考えている私がいる。

その日の午前中は瞑想どころではなかった。あまりに困り果てた私は、先生に相談することにした。もちろん先生に話したからといってどうなるわけでもないのだけれど、その時はそう思ったのだ。それをマネージャーに相談すると・・・今日は先生とお話できる時間がないということ。そしてマネージャー自身も彼女の判断では何ともできませんと言われた。何かそこに解決の糸口があるかも知れないと思っただけに、残念だった(涙)。

そして、午後からのグループ瞑想。この中で座るのは・・・と思ったが覚悟を決めて座った。
そしたらその瞬間、そうだったのかと涙があふれ出た。そう、私に必要なのは全面的な克服、というか受容だったのだ。今目の前で起こっていることをもう全面的に受け入れた瞬間、ああこのことを知るために起こっていたのだと言うことがわかった。このことを経験するために必要だったと言うことを。そしてその時間はもう涙が止まらなかった。大きな気づきがそこにはあった。体験を伴った気づき。そして、その間症状は不思議なことにずっと止まっていた。

このことはその時間以降すべて解決したわけではなかったけれど、起こっていることを少しずつ許し、受け入れれるようになっていった。そしてヴィパッサナー瞑想が始まった。この瞑想法は頭の先から足の先までひとつづつ感覚を追っていくというもの。そしてそれに慣れてきたら、履くように上から下まで、そして下から上へとなぞっていく。私は身体の感覚は結構あるほうだと思っていたのだけれど、一番初めに行ったとき、やはり感じない部分があった。意識はそこに持って行っているのに、感じられないのだ。でもここで大切なことは、感じられても、感じられなくても、反応があっても、なくても、認識したら、淡々と次の場所へと移っていくということだ。そこにとらわれず、ただ認識し、次の場所へと行く。ただそれの繰り返し。

何でもないようなこのことが、またある深い段階への気づきへの新たな始まりだった。
by bodyuniversal | 2010-03-09 23:51 | ヴィパッサナー | Comments(0)

ヴィパッサナー瞑想 ③

b0101106_22515392.jpg前回のヴィパッサナー瞑想のブログから大分経ってしまったけれど、続きを書こうと思います。

長い1日目が終わり、これからのことを思うと少し気が遠くなりそうな感じもしたけれど、まずは明日と思いながら、またあまり眠れない夜をその日も過ごした。まったく眠れないわけではないのだけれど、「寝た」と感じられない。後になって、日中ずっと瞑想をしているので、つまり常に眠りと瞑想の間を行ったりきたりしているので、いざ寝るということになっても、似たような状態になっていたのではないかと思ったりもした。

2日目も鐘の音で1日が始まった。この日の朝一番の瞑想はとても長く感じられた。まだタイムスケジュールを把握していなかったためもあるが、ゴエンカ師のご詠唱が永遠に続くのではないかと思うくらいに長かった。そして、あまりの長さに怒り出したくなるくらいだった(苦笑)。
朝食後、気を持ち直して、1日目の続きであるアーナーパーナ瞑想を行った。この日からは鼻の付け根、上唇を結ぶ三角形の内側の部分に意識を向けるように指示があった。また妄想→気づく→瞑想、夢→気づく→瞑想、眠気→気づく→瞑想に戻るの繰り返しである。でもそれを続けていると、ある瞬間、何もなくなった。そこには何もなく、とても澄んだ気持ちのいいものが流れていた。そしてその状態を味わっていた。そうするとあっという間に時間が過ぎ、さっきまで痛かった足も何も感じられなくなった。ああ、もしかしたらこんな感じなのかもと思った。それが何を意味するのかはよくわからなかったけれど・・・
その後、足の痛さをあまり気にすることもなく、そのような状態になることが少しずつ増えてきた。そうやって座っていると、目を閉じているのに、身体の中で起こっていることがふと見えることがあった。ある時は、お腹の中からねっとりとした濃密な金色の生命力がドドドーっと流れ出ているのが見えた。妄想の域だと言われるかもしれないが、一瞬、本当にその瞬間だけ見えたのだ。感覚を伴って経験したものは、頭でどうのこうの判断しようとしても、もうすでに分かってしまっていて、有無を言わせない。腹で分かってしまう。そんな感じに似ていた。
この日は似たような面白い体験がいくつか続いた。感覚も鋭くなってきた、そんな感じだった。

そして3日目、昨日はあんなに長く感じられた朝の2時間の瞑想が、足を崩すことなくじっと座っていることができた。昨日の私からすると奇跡に近いものだった(笑)。少し集中力も高まってきたのかもしれない。
この日は先生からの質問があった。その時にある生徒さんが先生に「昨日は上手く瞑想ができたのですが、今日はあまりいい状態でなくて」という質問をしていた。先生は「ただ今の状態を観察していること。昨日と今日とを比べないこと。そしてそこにはいいも悪いもないのです。ただその状態があるというだけ。それを観察するだけです。」とおっしゃっていた。
そこで私も、ふと昨日から集中力も出てきて瞑想が深くなってきているような感じがしていたけれど、それにとらわれすぎないように気をつけようと思った。そのように深くならないからといってダメなのではなく、ただ目の前にある状態を観察するだけでいいのだと。自分が「いい」と思っている状態に執着しないようにと思った。
この考えは後で何度も私を救ってくれた。そしてどんなに集中力がなくなって、妄想にまみれたり、眠気に襲われたりしてもそれを悪いものと捕らえず、ただニュートラルな場所へと戻ってくるということを覚え始めた。

ある時ふと気づいたことがあった。このコース中は生徒同士で話をしてはいけないし、ジェスチャーやアイコンタクトみたいなものも禁じられている。でも元来人のことがとっても気になる私はついつい周りを見てしまう。そして、そのうちにその人に名前をつけ始める。そしてふと気づく。その名前というのが意外に過去の知っている人から取っているということに。「友人の〇〇ちゃんに似ている人」みたいな感じでつけているのである。
そしてまた気づく。話をしたこともなく、声さえも聞いたこともないその人のことを今までの自分の経験から判断し、相手はこんなひとではないかと見てしまっているということに。
それが分かった瞬間、私はもしかしたら普段もこのようにして人をみている部分があるのではないかと愕然とする。相手そのものをみるのではなく、今までの経験というフィルターを通して相手を見てしまっているのではないかと。
多かれ少なかれ、今までの経験で物事を判断するということがあるのは確かだ。人間のいい部分でもあるけれど、そのことによって人を見る時、そして物事を見ていく時に可能性を狭めてしまっていることもあるのかもしれない・・・。

そして4日目。1日目の夜の講和でピークは4日目にもやってくると話されていた通り、私にもその大変なピークがやってきた。それも思わぬ形で・・・。
by bodyuniversal | 2010-03-03 23:59 | ヴィパッサナー | Comments(0)

ヴィパッサナー瞑想 ②

b0101106_21115698.jpg朝4時、ゴーン、ゴーンという鐘の音で1日目が始まった。ここでは鐘の音で時間の開始と終了が伝えられる。何だか眠れなかった・・・と思いながら準備をし、自分の部屋で瞑想を始める。瞑想は前日の夜に習ったアーナーパーナ瞑想。鼻から入ってくる息、出ていく息に注目し、呼吸に意識を向けていく。この時呼吸はコントロールせず、自然な呼吸を心がける。
私は今までヨガや瞑想やフリーダイビングの呼吸法をする時、呼吸を意識的にコントロールするということを多くしてきていたので、自然な呼吸というのに始めは戸惑った。呼吸に意識を向けると、どうしても一定のリズムで呼吸をしようとしている私がいた。
この日は一日中アーナーパーナ瞑想の練習。ただただ入っていく息、出ていく息に意識を向け座り続ける。でも油断をすると、いつの間にか思考があちらこちらへ動き出す。時間が経つにつれて、思考が勝手に走り出し、妄想となっていろいろとストーリーを作って私に見せ始める。ふと、「あれ、私何か考えていた?呼吸は・・・?」と我に返り、また呼吸に意識を向けなおす。そしてまたしばらくすると、今度はコクっと身体が揺れる。「あれ、もしかして寝ていた?呼吸に戻らなくては!」という感じだ。
そしてそれからは、妄想→気づく→瞑想、夢→気づく→瞑想、眠気→気づく→瞑想の繰り返し・・・(汗)。その上、組んでいる脚が痛くなってくる。痛みが強くてそちらに意識が向かってしまい、何度も姿勢を変えたりして集中できなくなったりする。

このようにいろいろな考えが浮かんできたり、眠気が出てきたり、痛みが出てきたりするのは、こころに溜まっている汚濁が出てきているからだそうだ。それを聞いて、そんなに私は溜まっていたのかと途方に暮れる私がいた。というのもこの日の瞑想中は、泡のように次から次へといろいろな考えが浮かんで、そのストーリーにすっかりと入り込んでしまう自分がいて、そしてふと我に返り、呼吸に意識を向けなおすということの繰り返しであったからだ。
でも(この日だったかどうかは記憶が定かでないが)先生からのチェックがあり、「呼吸に意識を向けられているか」という質問に、ある生徒さんが「いろいろと考えが浮かんでしまって・・・」と答えられ、先生が「それ普通です。」とおっしゃっていたのを聞いて、ふと私の中の力が抜けた。
ああ、それは普通のことなのだと。そしてそんな自分を受け入れた瞬間、とても軽くなった。

後から考えると、いろいろと考えが浮かんだり、眠くなってはいけないと頑張っていたのだなあと思う。そしてその変な頑張りが、目の前で起こっていることを受け入れられていなかったのだなあと思った。
妄想を見てもいいのだ、眠くなってもいいのだ、それに気がつき、また呼吸に戻ってくる。それだけのことだ。

今から振り返ってもこの1日目はある意味とても大変だった。慣れないことばかりに、妄想の嵐。夜の講和(ゴエンカ氏が話されているテープを聴く)でも1日目と4日目にピークがあると話されていたのを本当にその通りだと思いながら聞いていたのを覚えている。
by bodyuniversal | 2010-01-27 23:32 | ヴィパッサナー | Comments(4)

ヴィパッサナー瞑想

b0101106_1405884.jpg長い長い沈黙の世界から帰ってから1週間が経ちました。自分と向き合った深く、深く、そして濃い時間。すごく深い部分からの気づきの連続に自分自身でも驚いています。
帰ってきてから体験したことを消化するためか、身体レベルに落とし込むためか、ただ単に緊張が解けたためか(笑)、風邪を引きました。年始からクレンジングモードが続いています。
さて今回行ったのはヴィパッサナー瞑想の10日間のコース。場所は京都府北部、園部からバスに揺られること30分、そこから車で10分ほどのところにあります。日本ではここと千葉(建設中)の2箇所にセンターがあるようです。私の友人も日本やアメリカでこのコースをとった人が多くいて、体験の中身はあまり聞いたことがないのだけれど皆一様に「いいよ!」というので、私も体験してみたいと思いつつ、10日間の沈黙、そして瞑想という『静』の世界に少し二の足を踏んでいました。
しかし、昨年の末辺りから自分の内側ともっともっと繋がる必要があるという思いや、マリアのワークショップでクマ(内省)が出てきたこともあって、今回は決心がついたのでした。
10日間のスケジュールは以下のようなものでした。
 4:00         起床
 4:30- 6:30   ホール、または自分の部屋で瞑想
 6:30- 8:00   朝食
 8:00- 9:00   グループ瞑想
 9:00-11:00   ホール、または自分の部屋で瞑想
11:00-12:00   昼食
12:00-13:00   休憩
13:00-14:30   ホール、または自分の部屋で瞑想
14:30-15:30   グループ瞑想
15:30-17:00   ホール、または自分の部屋で瞑想
17:00-18:00   ティータイム
18:00-19:00   グループ瞑想
19:00-20:30   講和
20:30-21:00   グループ瞑想
21:00-21:30   質疑応答
21:30         就寝

見ていただいたら分かるように、休憩時間以外はほとんど瞑想の時間でした。あまりの時間の長さに大丈夫かなと思いましたが、もうすでに現地に来てしまっている私。もうやるしかありません。初日(0日目)は軽く夕食を済ませてから、ホールに集まりました。ホールに入ったとき、何だかぞくぞくとして何かが起こりそうなそんな予感がありました。そして『聖なる沈黙』が始まりました。『聖なる沈黙』とは身体、言語、精神の沈黙を指し、ジェスチャーや書くこと、合図などのいかなるコミュニケーションもこれから10日間は禁止されます。
生まれて初めての『沈黙』の世界のスタートです。これからどのようなことが起こるのでしょうか?普段睡眠で困ることのほとんどない私が、興奮のためか、不安のためか、その日はあまり眠れなかったのを覚えています。そうして私のヴィパッサナー瞑想のコースは始まったのでした。
by bodyuniversal | 2010-01-25 23:53 | ヴィパッサナー | Comments(2)