カテゴリ:未分類( 183 )

素敵な一日&ハプニング

b0101106_22144310.jpg先日、芦屋にある素敵なお蕎麦屋さんに連れて行っていただきました。こちらの『むら玄』さんは、車かバスで山道を上がってこないと見つからない(上がっても知らなければ見つかりません・・・)隠れた場所にあるのですが、ミシュランにも載っている知る人ぞ知るお店だからでしょうか、お昼過ぎた時間にもかかわらず、たくさんのお客様がいらっしゃいました。

この日はお天気がよかったので、私達はテラス席に座らせていただきました。周りを山に囲まれ、目の前には川が流れていて、川のせせらぎが聞こえています。そんな中でいただくおいしいお食事とお蕎麦。午前中にはフィンドホーンの生徒さんがセッションをしてくださったので、体は緩み、自然の中でさらにこころは緩み、お腹も満たされ、本当に幸せな時間でした・・・。

その後、ハプニングが起こりました。
家に帰ってきた私は、『むら玄』さんで撮った写真を見ようとカメラを探すと・・・・どこにも見当たりません。何度かばんの中を見ても、ないものはありません。不確かな記憶をゆっくり辿り、最後にカメラを見た場所を思い浮かべます。思いつく限りの場所に連絡したり、行ったりして確かめたのですが、やはり見つかりません。
カメラは先日壊してしまったので、新調したばかり。そしてその中にあるファイルもなくしたと思うとショックでした。

b0101106_23435298.jpgあんなに楽しいランチを自分はしてはいけなかったと無意識で思ったのではないか・・・などと頭の中で分析が始まります。カメラがないという現実を何とか理論的に受け入れようと理由を探し始めます。
ないものはないのですが・・・。
現実をありのままに受け入れるのは時として本当に難しい。特になくなるというのは形として見えないだけに、受け入れるのに少し時間がかかります。そしてその事実を受け入れたとしても、起こったことに対して沸き起こってくる感情を無視することはできません。

そんな感情を見つめながら、なかばあきらめた頃、一本の電話が入りました。
その方は私が失くしたのを知って、いろいろと電話を掛けてくださったそうです。そしたら今日になって警察に届出があったとのことでした(涙)。

ミラクルはいつも思いがけないところからやってきます。

警察に行って事情を聞くと、見つけられた方が私のカメラを持って帰られた経緯は何だか不思議なのですが、本当見つかってほっとしました。(詳しくは省略します)

今回色々な方々にそれぞれの場面で助けていただきました。いろいろなところに電話したり、聞きに行ったりしましたが、皆さんのひとつひとつの対応が、優しく、心遣いに満ちていて、ありがたいなあと思わされました。そして失くした話を聞いて、自分のことのように親身になって心配してくださったり、一緒に探してくださった皆さま。本当にありがとうございました。皆様のその優しい心に触れ、普段の自分を省みました。私も人のためにそんな風に役に立つことのできる人でありたいなあと思います。本当皆様に感謝です。ありがとうございました。

*『芦屋川むら玄』 HPは見つからなかったので、住所を載せておきます。
 〒659-0004 兵庫県芦屋市奥池南町1−23
 0797-25-0232 ‎

 建物も内装もとっても素敵です。ぜひ皆さん訪れてみてください☆
by bodyuniversal | 2011-10-01 22:23 | Comments(0)

変化の予兆?

b0101106_22491362.jpg先日、赤坂のサロンの近くの氷川神社に行きました。実は行こうとしていったのではなく、ただ普段通らない道を選んで歩いていたら、いつのまにか連れてこられたという感じでした。
細い道を選んで歩いていってたのですが、急に蝉の鳴く声が大きくなり、こんなところに公園?私有地?と思って入っていったら、そこが氷川神社だったのです。こんな近くにありながら、ぜんぜん気づかなかったとは・・・。
境内はたくさんの緑に囲まれていて、この辺りにある日枝神社や乃木神社とはまた違った雰囲気です。そして一番目を引いたのは、写真の樹齢400年以上の立派な銀杏の木でした。この神社が建立されたころにはすでに100年は経っていたといわれるこの大木。400年の歴史の中で何を見てこられたのでしょうか?同じ場所で動かず、じっと過ぎ行くものを見るというのはどんな感じなのでしょう?
ひときわ目を惹きつけるこの銀杏の木、きっとたくさんのことを教えてくれそうです。

実はこの銀杏の木を撮影した後、カメラを落として壊してしまいました・・・(涙)。いつも連れ添ってきたカメラ。HPなどのほとんどすべての写真はこの普通のデジカメで撮っていました。最近、ipodも壊してしまうし、やたらと掃除がしたくなって、大掃除をしてたくさんのものを捨てたりと、そんなことが続いていました。
食べるものの傾向もここ数週間変わってきていて、何か自分の中での流れが変わるときなのかもしれません。新しいことへの変化の時期なのかな・・・どんなことが次に待っているのでしょう。ちょっとドキドキしますが、楽しみです☆
by bodyuniversal | 2011-09-05 23:23 | Comments(2)

Recconect with your inner Goddess☆

b0101106_2158794.jpg『Recconect with your inner Goddess~あなたの内なる女神と再び繋がる旅~』と題したワークショップを10月27日よりハワイ島で開催することになりました!!
ハワイ島の大自然の中、自分の身体、こころ、そして魂と深く、深く繋がっていくためのワークショップです。
このワークショップでは、触れること(美しく流れるようなマッサージ)、瞑想やムーブメント、
大自然の中でのたくさんのアクティビティを通して、
あなたを「いま、ここ」へと導き、
再びあなたの中の『神聖な女神(魂、いのち)』と繋がっていきます。

私達の身体にはたくさんの叡智が詰まっています。
身体を動かし、呼吸を感じ、触れたり、触れられたりすることで
自分自身を再認識し、その内側に宿るいのちの
美しさ、尊さ、神聖さに気づいていくことでしょう。

あなたが自分の中に流れるいのちの輝きに気づいたとき、
あなたの見えるもの、聞こえるもの、感じることにも
変化が訪れることでしょう。

生きているというその瞬簡に触れていくこと・・・

BODY UNIVERSALのページより

詳しくはどうぞ上のページをご覧ください!

久々のハワイ島でのワークショップ、今からとても楽しみにしています。
現地では、大自然の中でのアクティビティをたくさん入れ(ドルフィンスイムにも行きます!)大自然の中にすっぽりと浸っていただき、自分の身体、こころ、魂に深く触れるような体験をしていただけたらと思います。
今回のワークショップのウェブを作り終えたとき、空に虹が出ていました。何だかご褒美をいただいたようでとてもうれしくなりました。

どうぞご興味のある方は、ぜひ私達と一緒にハワイ島に行きましょう!
*お申し込み、お問い合わせは hello@bodyuniversal.com まで
by bodyuniversal | 2011-08-31 22:22 | Comments(0)

皆さま、ありがとうございます☆

b0101106_224442.jpg現在東京にてセッションの毎日を送っています。たくさんの方々に『Touch for Peace』の活動にご協力いただき、感謝いたします。お客様には、セッション以外にも寄付をいただいたり、ブレスレットを買っていただいたり、この活動のことをお友達に話していただいたりといろいろな形でご協力いただいています。
私たちができることをさせてもらえること、それがまた他の誰かの役に立てること。小さなことではありますが、ありがたいなあと思います。皆さま、本当にありがとうございます☆

~*~

東京の満開だったさくらは先日の雨で散り始めましたね。夙川(西宮のサロンのある場所)の桜も東京に来る前には満開一歩手前でした。こうやって季節がめぐり、桜が咲き、散っていく姿は、このような時期にあっていつの間にかこわばった心と身体を和ませてくれます。どんなときも、黙ってそこに立っている木々たち。その移り変わる姿にどれだけこころが和み、洗われ、癒されたことでしょう。私たちの周りの自然、これからもずっと、ずっと残っていくように守って行きたいなあと思います。
by bodyuniversal | 2011-04-13 23:22 | Comments(0)

Touch for Peace 再び!

b0101106_1364437.jpg震災後、私の中でいろいろな思いが溢れてきます。時には停滞し、時には流れ、身体もいつもとは違うのを感じています。
先日、何人かの東京方面のクライアントさんと電話でお話しする機会がありました。最近はメールでのやりとりが主流になっていますが、やはり声を聞くというのはいいですね。お互いに顔が見えなくても感じあえるものがあります。皆さんそれぞれの立場でいろいろな思いを抱えていらっしゃるようでしたが、話しているうちにちょっと楽になられたり、私もたくさんの元気をいただいたりして、話すこと、聞くことのよさを再確認しました。やはり人にとって人はなくてはならないものですね。

さて、今日はお知らせのブログです。
2008年にエサレン研究所に対して行った寄付活動の『Touch for peace』を今度は東北地方太平洋沖地震で被災された方へ向けて行うこととなりました。
今多くの皆さんが自分にできることは何か?と問いながら、それぞれの活動をされています。私達も小さくてもいいから何か自分たちにできることをと思い行うことにしました。

~*~

『Touch for peace』サイトより

身体に戻ろう!

この震災によって私たち誰もが今までにない不安に襲われていることと思います。 それに伴う悲しみや怒り、痛み、苦しみ。普段とは違う不便な生活の中で身体もいろいろなことを感じていることと思います。中には責任のある仕事のために、誰でもが不安なこの状況の中で弱音を吐けないこともあるかもしれません。

そんなとき、あなたに寄り添い『触れられる』という体験はゆっくりと身体を緩め、呼吸を深め、リラックスさせていくことでしょう。

そしてあなたが自分の身体を感じ、意識をここへと戻すことで、地に足がつき、呼吸が深くなっていることを実感されることと思います。そうすることで、必要以上の心配や不安に振り回されることなく、少し落ち着いて、穏やかな気持ちで目の前にあることを見ていくことができるようになるでしょう。

今私たち一人ひとりが与えられたいのちを、丁寧に、大切に生きていくことが大事だと思います。小さいことでも自分にできることをしていくこと。そんな一人ひとりの波紋が広がって、多くの人と繋がり、大きな輪を作り、日本の未来を変えていくことと信じています。

~*~


ボディワーカーやセラピストの方、身体に触れるお仕事をされている方で、ご協力してくださる方はぜひご連絡ください。(hello@bodyuniversal.com まで)


『Touch for peace』のサイト
by bodyuniversal | 2011-03-27 12:59 | Comments(0)

親愛なる皆様

b0101106_13245595.jpgこの度の震災で多くの尊い命が失われたこと、先の見えない不安な毎日を送っていらっしゃる被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

目の前に映し出される惨事に一時感覚が麻痺してしまうほどでした。感覚が戻ってきた今、皆様の苦しみ、悲しみ、不安、痛みを思うたびに胸が痛み、涙が流れます。

私達の想像を遥かに超えた極限状態の中、今この瞬間も救助活動を行っている方々、それぞれの役割に徹し尽力をつくされている方々には頭の下がる思いです。

そしてまた、日本中、世界中の人々が被災地の方々の無事を祈り、助け合い、時間がかかろうともこの困難をともに歩み、乗り越えていこうとされていることに胸が熱くなります。そして同時に私達が今ここに生きている意味、そして私達がこれからどのように生きていくのかということを問いただされているように感じます。

私達は今大きな岐路に立たされているのだと思います。私達のひとつひとつの選択がこれからの未来を大きく変えていくのだと思います。

たくさんの方々が同じ意識を持って日本を復興させていこうと働きかけをされていることに一筋の希望を見出します。私自身も微力ながら、私自身のできることは何かを考え、目の前にあることひとつひとつを大切に、一歩一歩進んでいきます。まずはセッションの一部を義援金として送らせていただこうと思っています。


*今週予定していました東京でのセッションですが、皆様の安全性を考慮に入れ、お客様ともご相談した後、すべてキャンセルとさせていただきました。関西におりますのでセッションが必要な方、一部を義援金として寄付することにご協力いただける方どうぞお越しくださいませ。
by bodyuniversal | 2011-03-17 13:13 | Comments(0)

ドイツ滞在の密かな楽しみ

b0101106_018822.jpg今回のドイツの滞在ではほとんど外に出るということはなかった。昨年も似たような時期に滞在していたのだけれど、そしてその時のほうがもっと雪も積もっていて寒かったのだけれど、休み時間にはよく散歩に出かけた。
今回はどうして出かけなかったのだろう?
ワークショップが1週間と短かったのと、テーマが深い内容だったので、こころにぐぐっと働きかけたため身体を休める必要があったのと、時差ぼけやら、与えられた課題の準備など・・・理由は作り出すとたくさん出てくるけれど、ただ単に出かけたくなかったのだろう。
唯一出かけたのが、私達の中で「ニッティングウーマン」と読んでいるニコーラさんのところだ。彼女はとても素敵な靴下やリストウォーマーやその他たくさんの小物を作っている。色使いやパターンが独特でかわいくって思わずいろいろと買ってしまいたくなる。
このニコーラさんの靴下はドイツのエサレンの資格認定のクラスやその他上級クラスでも大人気だそうで、先生方もいろいろなパターンのカラフルな靴下を履いている。
私達のクラスメイトである、いつもとてもお洒落なEVAがニーブルの街のショウウィンドウで見つけたのが始まりだそうだ。それを聞いて、さすがEVAだと妙に納得してしまった。
ニコーラさんはご主人を亡くされた後、お嬢さんたちを育てていくために編み物を始めたと聞いた。今では私たちの間で大人気のお店になっている。今回私は昨年の夏にバッグを注文していたので、それを取りに行った。このバック、ニコーラさんが自分用に作って持っていたもので、夏に訪れたときに見つけ、あまりのかわいさに即注文してしまった(笑)。
出来上がったものをみて、さらに感動。実は色違いのものも置いてあって、そちらは茶系でとてもシックで格好良かったので悩んだのだけれど、元気の出るカラフルなこちらの方を選んだ。
b0101106_0544534.jpg一緒に行った友人たちもお土産に買ったり、新たにオーダーをしたりしていた。ニコーラさんのいいところは、好きなパターンと色、サイズを選んでオーダーもできるところ。残念なのはウェブサイトがないので、ドイツはもとより、日本からの注文はできないことだろうか。まあそこがハンドメイドのいいところなのでしょうか・・・。
今度エサレンの先生方が日本に来たとき少し足元をチェックしてみてください。もしかしたら、ニコーラさんの靴下を履いていらっしゃる先生がいるかもしれません(笑)。
by bodyuniversal | 2011-03-08 00:00 | Comments(2)

立春

b0101106_22515070.jpg今日は立春ですね。昨日は旧暦の1月1日で新月、いよいよ新しい年の始まりですね。皆さんはどんな始まりを感じていらっしゃるのでしょうか。
ここ1週間くらい前から、風の中に微かに春の気配を感じ、身体が開いてくるのを感じていました。まだまだ芽吹くには早いのかもしれませんが、その準備が少しずつ始まり、整っているのを感じます。
子供のころは春がとても苦手でした。もしかすると、自分が開いていくこと、変化していくこと、何か新しいことが始まる予感、そんなことに恐怖を感じていたのかもしれません。
何が起こるか分からないというのは、私たちに恐れを抱かせます。たとえ恐れを感じていても、ただそれを認識しながら静かに見ていると、その恐怖は消えて行きます。そして時に新しい可能性が流れ込んでくるのを目にしたりもします。
しかし、この恐れというのは悪いものではなく、何かの『印(お知らせ)』なのではないかと思ったりすることもあります。というのも、恐れを抱く時、その裏側にはドキドキするような、何が起こるか分からなくてワクワクするようなそんな気持ちも含まれていることがあるからです。そして、そこから何かが始まることがあります。まるで私達の深い部分はその変化を知っていたかのように。

今年はどんな波がやって来て、どこへ流れていくのでしょうか?
どんな波がやってきたとしても、それを十分に体験し、波に乗って大海原にでていきたいなと思います。この写真のLEAFのように木から落ち、川に流れ、大海原を旅し、岸に流れ着いて、大地に還っていくように・・・
私も大地に還るまでは、たくさんの経験をひとつひとつ大切に味わっていきます☆
by bodyuniversal | 2011-02-04 23:23 | Comments(0)

おはようございます

b0101106_647136.jpg長い沈黙の日々から明け、やっと戻ってまいりました。今年はいろいろと行事が多く、こころも身体もまずはクリアにしてから臨みたかったので、またヴィパッサナーに行っておりました。
今回は雪、雪、雪の連続で、毎日雪が降り積もったり、溶けたり、凍ったりの繰り返しを窓から眺めていました。ある意味、私達の毎日もそんなことなのかもしれません・・・。

その間、いろいろと皆様にはご迷惑をおかけいたしましたが、本日から始動いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本日は、伊豆から野見山さんが来てくださいます。たくさんの皆様がキャンセル待ちしていただいていました。今回受けれなかった方も、今後も予定していますので、しばらくお待ちくださいね。今日はどのようなワークになるのか今から楽しみです!
by bodyuniversal | 2011-01-17 06:54 | Comments(0)

再び天河弁才天へ

b0101106_2352135.jpg玉置神社を後にした私達は十津川温泉に立ち寄り、その後洞川温泉に行きました。この日は今年2回目の雪の日で、標高の高い洞川温泉は翌日雪が一面に降り積もっていました。洞川から天川へ降りていくと、積雪は薄くなり、スタッドレスタイヤなしの車でも走れそうな感じに変わっていました。洞川のあたりは、寒さのためにお米を育てることができないそうです。この寒さが人を遠ざけ、聖域として守られ、修行の場となっていったのでしょうか。お宿の方に聞く話によると、現在世間を賑わしている歌舞伎俳優の方もこの大峰山にて修行を数回なさったとか・・・
天川も雪のためか、先日とは打って変わり、すっかりと冬景色になっていました。空気もしんと冷えていて、澄んだ感じが広がっています。マイケルの『LEAF』の本の出版のご報告に行き、その後六角岩まで歩いていきました。この日の六角岩周辺の水の色は、コバルトグリーンでした。b0101106_0104947.jpgその色の美しいこと・・・。こころがそのまま映されそうな色です。
自然は一瞬一瞬移ろいながら、様々な顔を見せてくれます。そしてその移ろうさまの美しさを私達に教えてくれます。抵抗せずにその自然の流れに身を任せること。ただその流れに乗っていくこと。変わっていくこと・・・。
by bodyuniversal | 2010-12-29 23:58 | Comments(0)