眼診

b0101106_17152999.jpg昨日は友人と三宮の駅前にある神戸岩茶荘へ行ってきた。この岩茶荘、最近私の周りで流行っているのか、アメリカに行く前にある知人から聞き、帰ってきてからもまた別の知人からその情報が入ってきたので、行ってみることにした。何でもそこのオーナーさんは脈診ならぬ、眼診でその人をみてくれるらしい。脈や舌でその人の体調を診たりというのは、中医学ではよくあるけれど、目だけとは。(最近は目の虹彩をみて身体の悪いところを診断するところもあるらしいけれど)。
友人が先に見てもらい、ドキドキしながら私の番に。私の身体は元来丈夫らしい。風邪を引いてもこじらせることなく2日くらいで治る。身体は冷えているというより、熱を持っているタイプ。末端のほうが冷えるかもしれない。骨も丈夫。問題はここと「胸」を押さえられた。こころ。元気そうに見えても悩んでいたり、周りに何を考えているのかわからないと思われがち・・・(汗)。確かに。昔流行った動物占いもペガサスで、似たようなことが書いてあったを覚えている。最近すっかりそんなことも忘れていたけれど、改めて私は周りから理解されにくいのねと思った。まあ、それも私の愛すべき特徴なので、今の私は良しとしている。オーナー曰く、「僕が騙すんだったら、あなたではなくてお友達の方だね」と言われた。確かに(笑)。そして、その友人との関係も見てくれた。どうやら私たちは親子関係らしい。私が『母』で、彼女が『娘』。またパートナーとの関係性も見てくれる。それがどうして目からわかるのかよくわからないが、ストレスがなく良い関係のようだと言われた。また相手はよく気づくタイプだとも(笑)。友人も旦那さまの性格を言われていて、驚いていた。それと、今はいいけれど年をとると太りやすいので気をつけるようにと言われた。ストレスで太りやすく、食べることが好きで、甘いものが好きと。すごく当たっている・・・(笑)。
この眼診、東洋医学の五行(木・火・土・金・水)、五臓(肝・心・脾・肺・腎)で自分がどのタイプ見てもらえる。また、上記に対応する色は青・赤・黄・白・黒。味は酸・苦・甘・辛・渋となるよう。b0101106_1839214.jpg私はこの中で言うと『黄』に属し、今回選んでもらったお茶は『玉美人』。その昔宮廷の妃や貴婦人方にこよなく愛された岩茶。飲むほどに玉のような初々しさと、しっとりした美肌を創り出すとも。効能は肩こり(左)、疲れ、お肌のかさつき、乾燥肌などなど。お茶の説明が書いたカードもいただける。そこで飲んだ茶殻は持ち帰り、お料理に使ったり、お風呂に入れたりもすることができるそう。私は普通にお茶としておいしくいただきました。私のお茶は甘い物好きにぴったりの香りがよく、ほんのりと甘いおいしい岩茶でした。(実はサンフランシスコのチャイナタウンで甘いおいしいお茶を探したりしていたので、うれしかったです。やっぱり私の舌は知っているんですね、笑)

神戸岩茶荘
普通に岩茶、お昼はお粥、簡単な飲茶を楽しむこともできますが、せっかく行くなら
眼診(無料)もお勧めします。予約は前もってしていったほうが確実です。
by bodyuniversal | 2008-06-27 18:55 | Comments(0)
<< Isha Elafi 帰っています >>