仙酔島 ~朝の散歩~

b0101106_10132577.jpg次の日の朝、とても早くに目が覚めたので島を散歩することに。前日にお宿の人がこの島に来たのならぜひこの場所は行ってくださいと、島の裏マップなるものを渡された(笑)。確かにチェックインのときにもらったマップとは少し違う。
ちょっと肌寒かったが、靴を履きたい気分ではなかったので、下駄を借り外へ。キャンプ場の周りには平戸ツツジが咲き誇り、朝の清々しい空気の中うっとりとするような甘い匂いを漂わせていた。緑が生い茂る中を歩くこと30分。目の前には砂浜が見えてきた。ここは『閃きの門』と呼ばれる砂浜。「人生には幾度か大門に出逢います。そして目の前の迷いが断ち切れたとき『門が啓く』と言います。この場は左右の岬がちょうど門のように見え、この場所の中央に坐り、瞑想することで自分の役割、役目に気付きます。門の真ん中に人。閃きの場」とマップの解説にはある。お宿の人の話によるとここで瞑想すると、光り輝く五輪の輪を見られたり、龍神を見たりすることがあるらしい。
誰もいない砂浜と目の前に広がる海。しばし瞑想を。波の音と私の呼吸、とても贅沢な時間。
その後砂浜を歩いてみる。何だか歌が歌いたくなったので、ひとりで歌ってみる・・・。そしてちょと動きたくなったので踊ってみる・・・。
b0101106_11154155.jpgこころと身体が少しずつ軽くなっていく。ああなんて幸せ。顔を上げると島の上から太陽が出ていた。

この砂浜も、この島もとってもいいエネルギーで満たされている。また戻ってこよう。「おかえりなさい」と迎えてくれるこの島へ。

仙酔島
瀬戸内海にもこんな素敵なところがありました。関西からなら日帰りでも行けます。
by bodyuniversal | 2008-05-12 11:22 | Comments(0)
<< 引き寄せの法則? 仙酔島 ~江戸風呂~ >>