春うらら

b0101106_0454049.jpg先日、もう散りかけた桜の中をお散歩に行ってきました。この公園の桜は夙川の桜よりも開花が遅く、ついこの間が見ごろでした。こんなにきれいな瞬間を収めておきたかったとカメラを持ってこなかったのを悔やみつつ、持っていた携帯で撮ってみましたが、なかなか難しい・・・
ここ何日かは雨が降って花びらが散りかけていますが、雨の中、誰もいない公園で桜の花びらが敷き詰められた土の上を歩くのはとても幻想的です。思わず立ち止まって、見とれてしまうほど・・・一瞬、これは現実世界ではないのではと錯覚してしまうほど静寂で美しい世界が広がっていました。
(右側の写真は椿です)b0101106_0411897.jpg
桜といえば思い出すものがあります。小学校を卒業するときに学校に寄贈したもの、それが桜の木でした。始めはひょろひょろとした細い木だった桜も、今ではかなり太い幹になって毎年美しい桜を咲かせています。毎年春になると、あの校庭の桜は私たちが贈ったものだったなあと思い出し、卒業してからの時間の経過の速さをずしりと感じています。横浜からの転校生だった私。始めは慣れなかった関西弁。陸上クラブの朝のトレーニング。苦手だった給食の牛乳(笑)。あのころはどんなことを考えていたのだろう。あのころから変わったのかな・・・。といろいろと思いを馳せてしまいました。
by bodyuniversal | 2008-04-14 23:59 | Comments(2)
Commented by なんば at 2008-04-15 14:24 x
えっ、横浜から転校してきたの。
初耳でした。
Commented by bodyuniversal at 2008-04-16 23:18
そうなんですよ。
その前は東京の目黒に住んでいました。
今はすっかり関西っ子になりましたが・・・(笑)
<< リコネクティブヒーリング 幸せのフレンチトースト >>