ジプシー・キャラバン

b0101106_0291152.jpgある夜、エサレンのロッジで友人たちと話をしていたら、背が高くて、とても素敵な女性が声をかけてきました。「あなた日本人?さっきちょっと日本語が聞こえたのだけれど、もしよかったら、これ何て書いてあるか教えてもらえないかしら?」と彼女はパソコンを指してちょっと困った様子。「私にわかることであれば・・・」と答えつつも、わかるかしら?と思って画面を見てみると、日本語でのメッセージ(笑)。内容を伝えてあげると、ほっとした様子。
でも、私の中にはたくさんのクエスチョンマークが。「どうして日本語使用のマックを使っているの?」と聞いてみると、滞在先の日本で壊れて、インストールしなおしたとのこと。また家に帰ったら再インストールするつもりということで、納得。
「あら?ということは、エサレンに来る前は日本に?」と聞いたら、何と映画のプロモーションで日本につい昨日まで滞在していたとのこと。「日本での予定を早くに終え、今はお忍びでエサレンに来ていて、アメリカのみんなはまだ私が日本にいると思っているの。」と。「その映画であなたは何をやっているの?」と聞いてみると、返ってきた答えが「監督」。まさか、そんな答えが返ってくるとは思っていなかったので、ちょっと驚きでしたが、内容を聞いてみると、とても興味深い内容。日本のプロモーションで使ったチラシもいただきました。(「何て書いてあるかわからないんだけれど(笑)」といいながら渡してくれました)

☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆

以下『ジプシー・キャラバン』の公式サイトより~

祖国も権力も持たない彼らが、生きるために与えられたものは「音楽」だった

インドに期限を持ち11世紀から全世界に散らばったジプシー。今なお続くロマ/ジプシーへの言われ無き差別と迫害の中で、彼らが奏でる音楽は強靭な響きを持っている。カメラはスペイン、ルーマニア、マケドニア、インドの4つの国の5つのバンドが6週間を掛けて北米の諸都市を廻る”ジプシー・キャラバン・ツアー”を追い、それぞれのミュージシャンのルーツを訪ねる。(中略)それぞれの場所で重ねてきた年月が、ステージの上でひとつになり、圧倒的な力で心を揺さぶる。音楽を通して、人間が生きていくことの本質的な悲しみ、そして喜びが映し出された感動のドキュメンタリー。

運命を祝福せよ!音楽とダンスの渦で

☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆

日本に帰ったら必ず観て、メールをすると約束した私。
関西でもやっと公開です(3月1日より)
とっても気さくでユーモアのセンスがあって素敵な彼女の作品。とても楽しみにしています。
皆さんもよかったら劇場まで足を運んでみてください。

『ジプシー・キャラバン』公式サイト
by bodyuniversal | 2008-02-29 09:03 | エサレン | Comments(0)
<< 雪をみに 素敵な出会い >>