ペリーのディープボディワーク

b0101106_22561920.jpg11月1日~5日にかけて、長野県にある女神山ライフセンターにて、私のエサレンでのティーチャーであるペリーのワークショップを行いました。
もとはというと、私とエサレンでのクラスメイトまゆとの電話での会話「ペリーってやっぱり最高だよね~!」「日本の人たちにも知ってほしいよね~」という小さな思いから始まったこのワークショップ。マイケルがペリーに話をしてくれ、もうひとりのクラスメイト久美子がとても素敵なチラシをつくってくれ、そしてエサレンではChieやLesがチラシを配ってくれ、そして通訳にはテリーが入ってくれたりと、28日の資格認定コースのクラスメイト達や、アシスタントとして入ってくださったれーこさん、そしてその他たくさんの方々の協力があって、ペリーの初来日が実現しました。みなさん、本当にどうもありがとうございます!
ペリーの今回の日本でのクラスは、本人自らが、朝の瞑想、ヨガまでも担当するというとても盛りだくさんの内容で進められました。瞑想やヨガをすることは、その後のマッサージにとても影響を及ぼします。今回習ったヨガのポーズは、マッサージをするときの姿勢と深く関わっていたということを知り、目から鱗でした。
そしてクラスの始めには必ず行われるダンス!!私はこのダンスがとても大好きです。上手く踊るとか、人からどう見られているかということを気にせず(初めはこれが難しいのですが・・・)、音楽に合わせて、身体が動きたいように動かしていくのです。そしてみんなで作ったサークルの中で踊ることの気持ちよさ!ペリーもみんなもとても楽しそうに踊っていて、安心できるスペースを作ってくれていたので、私もとても自由に自分自身を表現することができました。"Take the space! Take it! " また、ダンスを通じて、クライアントさんとのコンタクトの仕方、バウンダリー(境界線)の取り方などを学んでいきます。
b0101106_125248.jpg そしてディープボディワークの実習。ディープボディワークとは、エサレンボディワークの流れるようなロングストロークと身体の深部へと働きかけるディープティシューとを融合させたもので、凝り固まった筋肉を解放していくことで、そこに滞っているエネルギーや感情までも働きかけていきます。
私は今回幸運にも、ペリーのマッサージのデモを受ける機会が何度かありました。彼のストローク、ひとつひとつを取ってみても、そこには一切の無駄がなく、正確です。私の呼吸を見ながら、深~くアプローチしていきます。本当に美しく、まさに"healing art"です。
エサレンボディワークを受けていると、いつの間にか眠っているのか、起きているのかわからない覚醒状態というか、瞑想状態になることはありますが、彼のワークは深く入ったその瞬間からその状態に入るのがわかります。そこには何もなく、とても不思議な感覚です。
私はこのワークショップに至るまでの1ヶ月、とても忙しい日々を送っていて、とても身体が疲れていたのですが、このデモの後、なかなか取れなかった身体の深部からの凝りや緊張が緩み、やっと深く眠ることができました。
 いつも思うのですが、ワークショップに参加するということは、新しい技術を学ぶだけでなく、自分自身のリトリートにもなるのではないでしょうか。女神山の大自然に抱かれ、女神山ライフセンターのみなさんが作ってくださった心のこもったおいしいお食事によって、本当に癒されました。b0101106_2172352.jpgペリーや参加者のみなさんや女神山ライフセンターのみなさんに支えていただいて、本当に素晴らしいワークショップにすることができました。みなさん、本当にどうもありがとうございました!ペリーは知的で、ユーモアのセンスもあって「素敵な先生」ですね。日本語もあっという間に覚えていたのには本当にびっくりしました。
そして、来年もペリー来てくださるとのことですので、楽しみに待っていてくださいね~☆
by bodyuniversal | 2006-11-12 23:51 | エサレン
<< 「きれい」を目覚めさせるプロの技 マリアのスピリチュアルタッチ >>