東京滞在記~マリアルシアのワークショップ~

b0101106_13101999.jpg

滞在2日目。毎回とても興味深いワークショップを主催なさっている、ワークショップランドの龍玄さんと智恵子さんにお会いしました。おふたりはとても多才で、魅力的な方々です。

私は今年の2月にワークショップランドが主催したマリアルシアのスピリチュアルタッチ&エネルギーワークに参加しました。このワークショップは、技術を学ぶだけでなく、自分と向き合い、本来の自分と繋がることのできた、今まで経験したことのない深いワークショップでした。

このワークをもっと深めたいと思った私は、先日エサレンを訪れた時に、もう一度受講してきました。今回はマリアだけでなく、彼女の妹であるアパレシーダもアシスタントとして参加していました。アパレシーダはベリーダンサーでもあり、とてもチャーミングで美しい女性です。彼女もマリアと同様にスピリチュアルマッサージをしているので、ティーチャーがふたりいるようで、ワークショップ自体の質がとても深まり、安定したものとなっていました。今回の参加者は20名ほどで、半数はこのスピリチュアルマッサージのクラスを以前取ったことがある人たちです。
そのためか、ヒーリングが深まるのがとても早く、みんな日に日に癒されていき、素敵な笑顔が見えてきました。私もペリーのワークショップで身体も心も緩んでいたためか、マリアが発する真実をつく言葉に、涙、涙の連続でした。真実というか、宇宙の真理みたいなものは、人のこころを動かすのでしょうね。私のルームメイトのジュディも同様の感覚を持っていたらしく、よく二人で涙していました。
また、感動的だったのは、私達からプレゼントがあるとマリアから言われ、彼女のセッションのデモンストレーションとアパレシーダのベリーダンスを見せてもらったことです。私は本物のベリーダンスを見るのは初めてで、ワクワクとしていました。アパレシーダはもちろん即興で踊っていくのですが、もう本当に美しい!エネルギーがとても美しく、愛に満ち溢れていました。あまりの美しさに、やはり涙が溢れてきてしまいました。(今回は泣きっぱなしです。)
マリアのセッションでは、彼女がいかに今この場にいるかということを見せてもらったように思います。彼女がその場にいることで、受け手もその場に居続けることができるのです。やはり、素晴らしいです、マリア。
最終日には彼女の親友である、シャー(エサレンボディワークのティーチャーです)もサークルに参加し、いろいろとお話をしていただきました。マリア、アパレシーダ、シャーが揃っての最後のサークルなんて、何て素敵なんでしょう。GODDESSが3人も揃うなんて・・・.
『自分の人生は自分で創造していく』マリアがいつもクラスの中で話してくれるこの言葉は、
ついつい周りの影響に流されてしまいそうになる私をはっとさせてくれます。そして、『自分自身にやさしくあること』。やはり、今回のワークショップも自分を癒すためにあったような気がします。ありがとう、マリア&アパレシーダ。

この秋にこのふたりが日本にやってくるようです。アパレシーダと最後のお別れをするときに、「いつか日本に来てくださいね、私みんなにお話しておきますから」と話していたことが、もう実現してしまってびっくりです。詳しくは、ワークショップランドさんまでお問い合わせください。
by bodyuniversal | 2006-07-07 08:48 | エサレン | Comments(0)
<< 「MASQUERADE」 東京滞在記~平山さんのセッション >>