reunion & retreat

b0101106_18315535.jpgペリーのワークショップ後、次のワークショップまでの2日間、何も予定がなく、マッサージのトレードをしたり、タブに浸かったり、GAZEBOに私の大好きなポニーを見に行ったりなどしながら、のんびりと過ごしました。
タブとマッサージ三昧の贅沢な時間は、先のワークショップで緩みすぎた身体に少しずつ慣れていく、いい時間だったように思います。
ここでお世話になったのが、先日サンフランシスコに迎えに行ったC。彼女は現在ES(日本人初!)としてエサレンで働いていて、サウスコーストに部屋があるのですが、今回は2日間そちらに泊めてもらいました。とっても広く快適なお部屋で、エサレンで住むのもいいかも♪なんて思ってしまいました。彼女との出会いは去年の4月、資格認定コースのクラスメートでした。その当時、彼女はエサレンの「エ」の字も知らず、直感の導きによって、そのクラスを取ったようでしたが、今やエサレンの住人・・・・。人生何が起こるやら・・・☆
b0101106_1954371.jpg去年の資格認定コースのクラスメイト達は、とても仲が良く、今でも連絡を取り合ったりしています。中でも日本に住んでいるKやMは、住んでいる場所は離れているものの、近況を話し合ったり、相談したりできる心強いボディワーカー仲間です。(ふたりにはいつも助けてもらってます・・・☆)
また、クラスメイト達は、頻繁にエサレンに戻って来ているらしく、1年ぶりの私は誰に会えるのかとても楽しみにしていました。今回集まったのは5名。ワークショップ参加者が3名、働いている人が2名。せっかくなので、リユニオンのパーティーをしようということになっていたのですが、結局心地のいいエサレンの中で、席を並べて他愛もないおしゃべりで盛り上がりました。でもそんな友人達がいるって、本当に幸せ。エサレンに『帰ってきた』って感じがします。
b0101106_19302496.jpgその後もペリーのワークスタディを取りにフランスから戻ってきたエマに会ったり、私が去った後にポールがキッチンで働くようだという情報を得たり、みんな戻ってきているようでした。私も近くに住んでいたら、毎週のように通うのに。まあ、この距離がいいのかもしれません。
去年の4月のエサレン以降、本当に人生の流れが大きく変わり(その前から変化の波は来ていましたが)、流れるままに1年があっという間に過ぎてしまい、「こんなふうに流れのままに行ってしまっていいのか」と思うこともありましたが、始まってしまった流れは止めることもできず、今では流れて来てよかったのだと思います。もちろん、自分の意思と共に。そして、きっとまた必要な時にエサレンに戻っていくのだと思います。私の原点に。
by bodyuniversal | 2006-06-06 19:59 | エサレン | Comments(0)
<< 東京滞在記~平山さんのセッション ペリーのセッション >>