禅寺へ

先日(大分前になってしまいましたが)、禅寺を訪れた。
座禅をしにいった訳ではなく、そこに弟子入りした友人を尋ねて。

その場所は駅からかなり離れていたので、初めて訪れる私はどこに連れてかれるのだろうかと(バスに乗りながらも、笑)ドキドキしながら周りの景色を見回していた。
日本の地方都市の郊外といったそのエリアは際立ったものが何もないのだけれど、そのお寺の門前に立つといきなり空気が澄むのが分かった。

b0101106_23082183.jpg

手入れの行き届いたお庭は、凛とした空気が流れている。
自然がありながら、しっかりと人の手が入った空間だと言うのが肌でひしひしと感じる。そしてその空気感にこちらの気もすっと引き締まってくる。

さてと肝心の友人は?と思っていると
私が顔を向けたその建物から飛び出してきた(笑)。
向こうも何となくそろそろじゃないかと私を探しにきたところだった。
あまりのタイミングにお互いに笑ってしまった。

b0101106_23502501.jpg

ちょうど皆さんのお昼時だったので、私も特別ご一緒させていただく。
そのお寺で修行されている方々は外国人の方たちばかり。
老師とその息子さん以外、そして私以外はすべて外国からの修行者たちだった。
般若心経を唱えながら、3つのそれぞれの器にお味噌汁、ご飯、その他のおかずをよそう。
日本人でありながら初めてのその作法に少しドギマギする。
器の大きさと入れるものに関係性があるのか周りを見渡したけれど、みんな好きな器に好きなものを入れている。ご飯の上におかずをのせたりとか。
(きっと作法があるのだと思うけれど、そこは外国人の皆さんだからだろうか…)
私の前に座った方はマヨネーズがよっぽど好きなようで、山のように盛っていた(笑)。
そして装った後は、黙々と食べる。一口一口を味わって食べる。ヴィパッサナーの瞑想のときもそうだったなと思い出しながらマイペースに食べていると、もう大半の人が終わっているのに気づく。
男性が多いからだろうか、皆さん食べるペースが早い!そのうち皆さんが待ってくださっている感じがあって、日本人ならではの皆に合わせないとという気持ちが働いて、最後は急いで食べてしまった(汗)。

最後は器にお茶を注いで、沢庵できれいにして終わる。
隣に座った親切なロシアから来た僧の方が私に英語で説明してくださったので、何とか無事に終えることができた。感謝。

日本にいながら、日本の文化を外国の方に英語で教えていただくとは…
ちょっと茶道を学んでいてよかったと思いながらも、日本のよさを以外に知らないことに気づかされる。そう、美しいものがたくさん日本にはある。

さて、友人はと言うとすっかりと頭を丸めて毎日の修行に取りくんでいて、ちょっと息抜きが必要になってきたところだったようなので、いいタイミングだった。
私もどんな厳しい毎日を送っているのだろうと、ちょと心配していたけれど、元気そうなその友人の顔をみてほっとした。
人生の一部をお寺で修行僧として過ごすと言うのはどんな感じなのだろう。皆1年が2年になり3−4年の滞在は普通だそうだ。その後自分の国に帰ってそこで教えを伝える人たちもたくさんいるらしい。

友人はこの経験をどのように活かしていくのだろう。これからがますます楽しみだ。
私はまだ仏門に入る予定はないけれど、次回は皆さんと一緒に数回でも座らせて(座禅)いただきたいな。
それまでは、家で一人静かに座る練習をしておこう…


by bodyuniversal | 2014-07-27 23:27 | Comments(0)
<< 身体の変化!! 走ること。すべての始まり。つづき >>