Goddess Night☆ in Big Island

b0101106_18154820.jpgハワイ島でのワークショップ『Reconnecting with your Inner Goddess~ 内なる女神と繋がる旅』、このタイトルが決まったとき、そしてハワイ島へ出発する前もこのワークショップで『Goddess Night☆』をするかどうかを決めていなかった。

ワークショップの計画を立てる際に、旅のタイトルも女神であることから、『Goddess Night☆』をスケジュールの中に入れても面白いかなと思いつつも、その当時はM(男性)が私とともに参加予定であったし、4泊5日のタイトなスケジュールの中にどうやって瞑想やムーブメント、マッサージの他にこのワークを一緒に入れたものかと思ったり、またクラスの中の雰囲気や流れを見たいと思っていて保留にしていた。

初日のクラスが終わり、次の日からのクラスの予定をもう一度詳しく見直したり、調整したりしているときに、ちょうど2日目の夜に時間を作れることに気づいた。時はマヤ暦の終わり、と言われた10月28日、ぴったりの夜だ。うん、やろう!と思った瞬間、いろいろとアイデアが湧いてきて、頭の中はかなりハイパーな状態。私自身もワクワクしてきて目が覚めてしまい、その日はほとんど眠れなかった。

『Goddess Night☆』は私の中では特別なワーク。ブラジル人のヒーラー、かつベリーダンサーであるアパレシーダから学んだもの。彼女が日本に来てからずっとアシスタントをさせてもらい、踊りというものを超えたところの体験を数々とさせてもらった。彼女からの教えを引き継ぎ、少し私のスパイスを足したものに最近はなってきているように思う。そんなワークをたくさんの女神たちとともに、ここハワイ島のKALANIでできるとは本当に幸せだ。

その夜、いつものラフなマッサージの格好から一転、少し女性らしい装いで集まる。瞑想から始め、ワークに入っていく。今夜のテーマは「マヤ暦の終わりにあたり、必要のないものを手放す」。私も皆と同じようにワークする。ペアを組んだコーディネーターのMさんがしっかりとそこに存在してくれていたので、私も自分の深い部分へと入っていくことができた。私の手放したいものは、「自分自身への偽り、自分に対する不信感、そして必要のない恐れ」だった。
そして新しい時代にあなたbをサポートしてくれる女神を目の前に並べてあるカードから探していく・・・。この女神との出会いはいつもパワフルで、ドキドキする瞬間だ。
女神からのメッセージを聞いて涙する人や、喜ぶ人、まだぴんと来ない人、反応はそれぞれだ。でもメッセージを聞き、それについてのシェアをし、自分の女神を呼び込むとそれぞれの顔が変化をするからおもしろい。儀式をしたメンバーとまだ行っていないメンバーの雰囲気が明らかに異なっている。ただ名前を呼び、宣言するだけなのだが、その顔には神聖さが宿り、美しく輝いている。

私の女神は『Ixchel イクシェル』でメッセージは「メディスンウーマン」。私達は大自然やスピリットの恩恵や智恵の一部であり、すべてであるということ。その源と繋がり、避雷針として受け、それを伝えていくこと。『Ixchel』は私がハワイ島から教えてもらったこと、それを他の人にも伝えたいという思いをそのまま後押ししてくれているようだった。

このときは気づかなかったのだが、イクシェルはマヤの月の女神という解説を後日読んでびっくり!まさにこの時期にこのワークを行ったのは、私個人の計画などどいうレベルを超えた、大きな流れの中のはかりごとだったのかもしれない・・・。

そしてそれぞれの女神と繋がりながら、私達は新たな宴を始めた・・・。
by bodyuniversal | 2011-11-23 11:11 | Hawaii | Comments(0)
<< 朝日を浴びながら 開かれる時 >>