親愛なる皆様

b0101106_13245595.jpgこの度の震災で多くの尊い命が失われたこと、先の見えない不安な毎日を送っていらっしゃる被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

目の前に映し出される惨事に一時感覚が麻痺してしまうほどでした。感覚が戻ってきた今、皆様の苦しみ、悲しみ、不安、痛みを思うたびに胸が痛み、涙が流れます。

私達の想像を遥かに超えた極限状態の中、今この瞬間も救助活動を行っている方々、それぞれの役割に徹し尽力をつくされている方々には頭の下がる思いです。

そしてまた、日本中、世界中の人々が被災地の方々の無事を祈り、助け合い、時間がかかろうともこの困難をともに歩み、乗り越えていこうとされていることに胸が熱くなります。そして同時に私達が今ここに生きている意味、そして私達がこれからどのように生きていくのかということを問いただされているように感じます。

私達は今大きな岐路に立たされているのだと思います。私達のひとつひとつの選択がこれからの未来を大きく変えていくのだと思います。

たくさんの方々が同じ意識を持って日本を復興させていこうと働きかけをされていることに一筋の希望を見出します。私自身も微力ながら、私自身のできることは何かを考え、目の前にあることひとつひとつを大切に、一歩一歩進んでいきます。まずはセッションの一部を義援金として送らせていただこうと思っています。


*今週予定していました東京でのセッションですが、皆様の安全性を考慮に入れ、お客様ともご相談した後、すべてキャンセルとさせていただきました。関西におりますのでセッションが必要な方、一部を義援金として寄付することにご協力いただける方どうぞお越しくださいませ。
by bodyuniversal | 2011-03-17 13:13 | Comments(0)
<< Touch for Peace... ドイツ滞在の密かな楽しみ >>