7号食再び!

b0101106_22432430.jpg現在、今年に入って2回目の7号食を実践中です。今日で8日目になり、残すところ丸2日となりました。
5月に初めての7号食を行い、8月にタイでのジュースファースティングと今年は不思議とディトックスを頻繁に行う年になってしまいました。そしてディトックスを重ねるうちに、身体が変化し、食べ物の嗜好も変わってきました。どんなものを食べると身体がどんな反応をするのかということがとても敏感に感じられるようになってきています。その中で、今までおいしいと感じていたものが、あまりおいしくなくなってしまったり・・・という体験もありました。特に小麦粉や砂糖から作られたものが以前よりおいしさを感じられず、胃が重たくなったりしてしまうのにはちょっとショックでした。反対にとてもおいしく感じられるようになったのが、あまり調理していない、そのままの野菜、果物などでした。
そういった変化は感じていても、やはり昔のおいしかったものの記憶というのはどこかに残っていて、それを何か理由をつけて求めてしまう私もいます。食べ物というのは、それ自身がおいしいから食べるということのみならず、それに纏わる記憶や物語みたいなもの(その時食事をした楽しかった思い出など・・・)を再び得るために食べようとするということがあるのではないかということを思うようになりました。食べ物と私達の関係は深いです。(私が食べることが好きだからかもしれませんが・・・笑)
そして最近は必要以上に何かを食べたり、胃に負担がかかるものを食べたりすると、身体がすっきりしたいと要求してくるようになりました。でもファースティングモードになるのはなかなか勇気が要ります。身体は喜ぶのですが、思考の方が苦しむのです。いかに思考で物を食べるという行為をしているかということを知らされます・・・。
今回も危うく1日目でくじけそうになりましたが、その後は無事に進んでいます。5月に行った1回目の目を見張るような身体の軽さと、感覚の鋭敏さに比べると、今回はもう少し穏やかな変化のように思います。しかし、2日目から既に体型に変化が現れ、肌もしっとりつやつやになってきました。いい状態に戻るのが早くなってきたのかもしれません。7号食をやっていていつも感じるのが、肌の調子の良さです。朝起きた時の肌のすべすべ感は幸せな気持ちになります。(もちろん、その後も続きます。)
そして、玄米のみで身体が穏やかになるからか、心が穏やかになるからかわかりませんが、感覚が開き、鋭くなってきます。おそらく、普段も感覚器を通して感じているのだとは思いますが、他の事にこころや思考がとらわれていて、そのほとんどを感じることができていないのではないかと思います。こころや思考が静かになって始めて気づけるものがあるのですね。

あと2日。今後の変化も楽しみです。
by bodyuniversal | 2010-11-10 23:23 | 七号食 | Comments(0)
<< 女神たちの饗宴 エサレンボディワークのご感想 >>