野見山さんの生理解剖学

b0101106_00647.jpg先日、「日本一わかる!セラピストのための解剖生理学講座」の野見山さんが、ここBODY UNIVERSALにてワークショップを行ってくださいました。(野見山さんの講座はとても人気ですぐにキャンセル待ちとなってしまい、キャンセル待ちをしていただいて来れなかった皆様、すみませんでした。)

ワークショップにお越しいただいた皆様の話を聞いていると、多くは野見山さんのご本(下記参照)をお読みになり、実際に学んでみたいと思われた方や、何かをピピンと感じてこられた方や、何か深いところにずんと来てお越しになられた方などが多かったように思います。
野見山さんのクラスでは、いつもカラダを動かしたりしながら、感じるということを大切にされているのですが、その後必ずシェアリングがあり、クラスやグループで、今学んだことについてどう感じたかということを皆に話し、シェアします。今回私はオーガナイザーだったので、クラスの外から見せていただいていたのですが、このシェアリングがとても面白いのです。皆さん思い思いに感じられたことを話されるのですが、はっと気づかされることがたくさんありました。ひとりひとりの感受性の高さといったらいいのでしょうか。参加者の皆さんの真理を掴む鋭さといったらいいのでしょうか。私自身、何度も何度も気づかされました。

今回私にとっては2回目の講義でしたが、やはりいい授業というのは何度受けても飽きるということはありません。そして1回目に受けた時と自分自身が変わってきているため、同じ内容でも浸透度(本当の意味での理解度という意味です、笑)が全然違ってきます。(野見山さんの授業は毎回変化しているのですが・・・)
私自身以前の授業を振り返りながら、あの時はこのあたりはまだ腑に落ちてなかったなあ。今回はこのあたりがすっと入ってくるなあ。などと色々感じながら聞かせていただきました。いつも思うことですが、こちらの関心や状態によって同じ授業でも聞ける範囲、聞こえる範囲というのが本当に変わってきます。いかに私達は主観で生きているかということなのだと思うのですが、でもだからこそ、同じように見えることでも、学び続けることは新しい発見の連続であり、楽しいのかもしれません。

この2日間はたくさんの笑いの中、あっという間に過ぎてしまいました。遠くから来てくださった野見山さん、そして参加者の皆さん、どうもありがとうございました~☆
たくさんの教えをいただきました。感謝いたします。

*野見山さんの本
感じてわかる! セラピストのための解剖生理 カラダの見かた、読みかた、触りかた

*野見山さんのブログはこちら
今見たら、夙川でのWSのことが書かれてありました。ありがとうございます!
by bodyuniversal | 2010-09-30 23:58 | ボディワーク | Comments(0)
<< 再びフィンドホーンへ Wedding Party! >>