野見山さんの生理解剖学 in 西宮

b0101106_1232482.jpg「日本一わかる!セラピストのための解剖生理学講座」の野見山さんが、9月にここBODY UNIVERSALにてワークショップを行ってくださることになりました。
私が彼のワークショップを受けたのは、昨年の夏。お名前はよく耳にしていたものの、何せ開催場所が東京ということで、難しいなあと半ばあきらめていました。(昨年は今ほど頻繁に東京に行っていなかったのです)
しかし、昨年のアメリカ旅行の前にちょうど運よくワークショップをされていることを知り、参加させていただきました。
解剖学と聞くと、身体の筋肉や骨の名前、臓器の機能を学ぶのではと思われるかもしれませんが、野見山さんのクラスでは、身体というものをとても面白い切り口で見ていきます。身体をズームアウト(遠くから見たり)、ズームイン(近くから見たり)したりしながら、身体とはそもそも何なのかというところまで遡って行くお話しには興味をそそられ、ワクワクしながら聞いていたのを覚えています。
身体の精密さ、身体に刻まれている私達の生物としての歴史、身体って本当にすごい!の連続です。そしてそれを語る野見山さんの言葉の中に含まれた真理に私の中の何かが動かされる瞬間がありました。

このワークショップでは講義だけでなく、身体に触れたり、感じたりすることで、より理解を深めていくことができるようになっています。興味を持ち、体感しながら、楽しんで学んでいく感じです。東京ではいつもキャンセル待ちが出るほど人気ですので、ぜひご興味をもたれた方は早めにお申し込みください。身体に興味のある方なら、どんな方でも参加していただけます。

昨日ふと野見山さんのページを作りながら、身体を知ることは自分自身を知ることであり、身体のことを学んでいくというのは自分自身を学んでいくということなんだと気づきました。そして身体を通して生きるということを私は今学んでいるのだなあと思います。

*野見山さんのワークショップ、詳しくはこちらをご覧ください

*写真はこの間出かけたデンマークの海
by bodyuniversal | 2010-07-16 14:40 | Comments(0)
<< エサレンボディワークの5セッション 復活です >>