引き止める力

b0101106_7462492.jpg『引き止める力』。最近そんなことをふと思った。いかに自分が自分のことを引き止めているか。自分がいいと思っているものから遠ざけようとしているか。自分のゴールへ向かおうとしていることを止めているか。「気づいている」という状態にならないように感覚を鈍らせているか。そしてそのことにどれだけのエネルギーを使っているか・・・。
私達人間というのは本当におもしろい生き物だなあと思う。やはり自分が目覚めるというところから遠ざけているのは環境でもなく、人間関係でもなく、自分自身なのだと気づかされる。
そんなことを思ったのは、先日7号食を終え、普通の食事に戻ってから。7号食が終わった後は、口に入れるものにとても敏感になる。これを食べるかどうか、と一息思ってから口に運んでいたりする。けれど、またその感覚も鈍くなって、気づくといろいろなものをまた必要以上に口に運んでいる自分に気づいていたりする。あの7号食後の身体の軽くいい状態から、どんどん引き離そうとしている自分に気づいた。それもすごい力で。
そしてその時、「ああ、そういうことなんだ」と気づいた。いい状態や気づいている状態、軽やかな自分から、感じない、分からない、重い自分へと引き戻そうと力が動いているということを。そしてその「引き止める力」というのはすべてにおいて働いていることにも気づいた。
できたらもうそんな「引き止める力」にエネルギーをたくさん使いたくないと思う。そしてそのエネルギーをもっと別のことに使って生きたいなと思う。
最近は、少し注意深く自分がどのように行動しているのかを見つめている私がいる。
by bodyuniversal | 2010-06-23 08:07 | Comments(2)
Commented by ゆみこ at 2010-06-29 23:44 x
ほぉんとに。
私も、同感です。
もっと、別の事に、そのエネルギーを使っていきます。使っていきましょう。
Commented by bodyuniversal at 2010-07-16 12:19
ゆみこさん
こちらにもコメントいただいていたのですね!ありがとうございます。
そうそう、そのエネルギーをもっと今を生きることに使っていきましょうね~☆
<< ドイツです 朝のお散歩 >>