ヴィパッサナー瞑想

b0101106_1405884.jpg長い長い沈黙の世界から帰ってから1週間が経ちました。自分と向き合った深く、深く、そして濃い時間。すごく深い部分からの気づきの連続に自分自身でも驚いています。
帰ってきてから体験したことを消化するためか、身体レベルに落とし込むためか、ただ単に緊張が解けたためか(笑)、風邪を引きました。年始からクレンジングモードが続いています。
さて今回行ったのはヴィパッサナー瞑想の10日間のコース。場所は京都府北部、園部からバスに揺られること30分、そこから車で10分ほどのところにあります。日本ではここと千葉(建設中)の2箇所にセンターがあるようです。私の友人も日本やアメリカでこのコースをとった人が多くいて、体験の中身はあまり聞いたことがないのだけれど皆一様に「いいよ!」というので、私も体験してみたいと思いつつ、10日間の沈黙、そして瞑想という『静』の世界に少し二の足を踏んでいました。
しかし、昨年の末辺りから自分の内側ともっともっと繋がる必要があるという思いや、マリアのワークショップでクマ(内省)が出てきたこともあって、今回は決心がついたのでした。
10日間のスケジュールは以下のようなものでした。
 4:00         起床
 4:30- 6:30   ホール、または自分の部屋で瞑想
 6:30- 8:00   朝食
 8:00- 9:00   グループ瞑想
 9:00-11:00   ホール、または自分の部屋で瞑想
11:00-12:00   昼食
12:00-13:00   休憩
13:00-14:30   ホール、または自分の部屋で瞑想
14:30-15:30   グループ瞑想
15:30-17:00   ホール、または自分の部屋で瞑想
17:00-18:00   ティータイム
18:00-19:00   グループ瞑想
19:00-20:30   講和
20:30-21:00   グループ瞑想
21:00-21:30   質疑応答
21:30         就寝

見ていただいたら分かるように、休憩時間以外はほとんど瞑想の時間でした。あまりの時間の長さに大丈夫かなと思いましたが、もうすでに現地に来てしまっている私。もうやるしかありません。初日(0日目)は軽く夕食を済ませてから、ホールに集まりました。ホールに入ったとき、何だかぞくぞくとして何かが起こりそうなそんな予感がありました。そして『聖なる沈黙』が始まりました。『聖なる沈黙』とは身体、言語、精神の沈黙を指し、ジェスチャーや書くこと、合図などのいかなるコミュニケーションもこれから10日間は禁止されます。
生まれて初めての『沈黙』の世界のスタートです。これからどのようなことが起こるのでしょうか?普段睡眠で困ることのほとんどない私が、興奮のためか、不安のためか、その日はあまり眠れなかったのを覚えています。そうして私のヴィパッサナー瞑想のコースは始まったのでした。
by bodyuniversal | 2010-01-25 23:53 | ヴィパッサナー | Comments(2)
Commented by かずみ at 2010-01-26 10:56 x
サイレントのコースに行ってらしたのですね。
静けさの中のすばらしい11日間ですよね。
私も3年前に行き、静かな時間を過ごすことができました。
瞑想は頭に留まっているいらないものを手放す、本当によい機会になりますね。


Commented by bodyuniversal at 2010-01-26 17:41
かずみちゃん☆
ありがとうございます。
本当に静かで、穏やかな時間が流れていました。
瞑想の大切さをとても実感しました。ぜひ時間ができたらまた行こうと思っています。
<< ヴィパッサナー瞑想 ② 今年もよろしくお願いいたします☆ >>