「ほっ」と。キャンペーン

新たなパワーアニマルとの出会い

b0101106_214395.jpg今回のマリアのワークショップ中に何度かシャーマニックジャーニーを行った。マリアが叩くドラムの音を聞きながら自分の内側への探求の旅をする。時には自分のパワーアニマルに出会う旅だったり、ハイアーセルフに出会う旅だったり、パートナーとして組んだ人のためにジャーニー(旅)をすることもある。
私自身、実はこのシャマニックジャーニーに対してちょっと苦手意識がある。というのも、私は自分では視覚優先型の人間ではないと思っている(決め付けている)からだ。そして何か見たいという期待もあるから、ますます複雑になる(笑)。
でも見るときは見るのだ・・・。

1dayワークショップ中に行われたシャーマニックジャーニーは、『自分のパワーアニマルと出会う』というテーマだった。
まずは、身体をリラックスして横たわる。そして目を閉じ、自分が入っていく穴(木の根っことか、洞窟とか、洞穴とか想像上のもの)を設定し、太鼓の音を聞きながら、ぐるぐると下に向かって降りていく。降りていきながら一方で、私が勝手に想像しているだけじゃないかと頭の中の私が言っているのが聞こえる。でも、マリアの「すべては想像から始まる」という言葉を思い出し、また穴の中へと意識を戻していく。
そこへここ数年前からいつもこの穴の中を案内してくれるクマがやってくる。そしてどんどんと暗闇を前へ、前へと進んでいく。
今回は念願の海に出た!(詳しくは以前の日記をご覧ください。)今度こそイルカがやってくるのではないかと期待しながら(笑)、待っていると、出てきたのは去年のパワーアニマルとして出てきた龍だった。
今回は白い龍として現れ、海や空、そして太陽に向かって飛び回った。このうねるような大きな動き、そしてスピード感にいつもワクワクする。映像で見ているはずなのに、身体の感覚もとてもある。色々な場所を飛び回り、たくさんのメッセージをもらった。
そうか、今回も龍だったか・・・と思っていたら、突然クマの顔が目の前に現れた。もうジャーニーから変える時間なのかと思っていたら、もう一度形を変えて現れる。そして「あなたのクマとしての役割を果たす時が来た」と言われ、その言葉の何に心が動かされたのか認識できないまま、閉じた目から涙が出ていた。なぜか分からないけれど、大きな声で泣きたい気分だった。思考では理解できないところで、私の中の何かが動かされた瞬間だった。予想、そして想像を遥かに超えた展開だった。

いつも道案内をしてくれていたクマが、パワーアニマルだったとは・・・。
マリアが解説してくれたクマの意味とは、すべての動物のパワー、すべての秘密、ヒーリングパワーを持っている。ネイティブアメリカンではシャーマンであり、部族の皆を守り、ケアをする人。部族の誰をも無条件の愛を持って愛する。冬眠するのは内側に深く入り見つめ、人の役に立つ人になるため。まずは自分の内側と深く繋がり、自分の持っているもの、美しいものを見つめ、愛すること。

そしてメディスンカードのクマの意味は『内省』。メッセージは「目指すゴールを実現するために沈黙の道へ入り、ドリームロッジ(物理的現実は幻想、永遠という可能性)を訪れよ」。

冬眠の時期とともに、少しずつ私とクマとのワークが始まっている・・・。
by bodyuniversal | 2009-12-14 23:16 | Comments(0)
<< 月に願いを☆ ジョイントリリース&エサレンセ... >>