Sunrise in Miami

b0101106_1556282.jpgマイアミに来ています。市内からは少し離れた場所。何となくキューバの香りがする、少し時間が巻き戻されたようなそんな感覚に陥るのんびりとした街。毎日忙しく、海に行くこともできなかったので、せめて最後は・・・ということで日の出を見に行きました。
目の前は大西洋。波はとても穏やか。人は何人かいるのだけれど、辺りは静まり返り、神聖な空気に包まれていた。目の前に見えている海や空、雲は確実に動いているはずなのだけれど、私の前に広がる風景は絵のように動かず、ただそこにあるように感じた。より近くに自然を感じたくて、波打ち際に座り、日の出を見守った。
ただそこに座って自然と対峙していると涙があふれてくる。何かとてつもなく大きなものと出会ってしまったとき、または美しいものを見たとき、思考は止まり、言葉で表現することもできず、ただそこに立ち尽くす。そんな感じに似ているのかもしれない。
b0101106_1630851.jpg今日は雲が出ていたので、太陽を見るまでに時間がかかったけれど、雲の合間からもれるオレンジ色の光がとても綺麗だった。くもの形もゆっくりと移り変わっていて、何か自然が私達に語りかけているようだった。
海に足をそっと浸してみると、あたたかい・・・思わずそのまま海に入っていきたくなってしまった(笑)。海の中から日の出を見ている人もいた。
いつになるか分からないけれど、今度はそれもいいかもしれない☆
by bodyuniversal | 2009-09-04 16:43 | Comments(0)
<< いのちのつながり Esalen friends >>